« 優勝パレード | トップページ | 名古屋場所14日目’07(後) »

2007年7月25日 (水)

名古屋場所14日目’07(前)

横綱と握手させて頂きましたあこあこまんです、こんばんは。
千秋楽の日から突然真夏パワーが押し寄せ、若干バテ気味ではございますが
今日は改めて名古屋場所観戦記録を書かせて頂きます。



002_4 当日携帯から更新させて頂きましたとおり、勇み足で取り組み前に到着した我々夫妻。閑散とした館内です。


チケットのもぎりでお迎えして下さったのは、元旭里の中川親方でした。


さて、誰もいない土俵に熱い眼差しを送ってても仕方ないので、気を落ち着かせ、みやげ物や展示物の閲覧などを行っておりました。


気づいたら序ノ口(一番下の力士の位)の取り組みが始まった様子。
場内に戻り観戦することになりました。

この辺りは行司も呼び出しも序ノ口格なので、何十年もやっている貫禄のベテランと違い、初々しい呼び上げの声が裏返ったりかすれたりなんかしちゃって、そんなのを聞きながら観戦するのも、また楽しみのひとつです。

しかし今回、これまでに聞いたことのない最強の呼び出しに遭遇してしまいました。

再現するのが難しいのですが

「ひがあ~・・・あしょお~りゅう~・・・」(東、朝青龍)


もんのすごい音痴なんです。節回しがおかしいとか、声が通ってないとか、そういうことを指摘するレベルにも達していないのです。緩んだテープとでもいいたくなる力量。


それはもう、あまりのすごさに、一昔前のコントみたく、夫婦揃って

「ズコーーーー!!」

とこけてみるぐらいなのです。
力士もよく土俵からずり落ちないなと。


しかも、彼は10番近く呼び上げたのですが、やればやるほど、大変なことになっていく。
先天的に、絶望的に、音痴なのです。
スマップの中〇君の音感のが、まだ秀逸。
呼び出しとしては致命傷かもしれません。


彼が呼び出せば呼び出すほど、申し訳ないと思いつつも笑いが堪えられません。
かといって、静かな館内で、笑い声をあげれば響き渡るのは間違いなし。
いくらなんでも、真面目に仕事をしている人に対してそれは失礼だ。
肩を震わせ、腹に力を込め、耐えました。


お陰で、場所入りして1時間もたたずして腹筋傷め若干疲労。
まだまだこれからだと言うのに。


名誉のためお名前は差し控えさして頂きますが、
あの域の子は、専門的に音痴を直す人にみてもらったほうがいいと思う・・・



そんなこんなで思わぬ場面でエネルギーを消費した私たち。


Vfsh0141_2


昼を待たずしていきなり弁当タイムw

確か「尾張の華」とか言う名前の弁当¥1500
名古屋は愛知の中でも「尾張」エリアですが、琴光喜出身の岡崎は
「三河」エリアで、方言も名古屋とは若干異なります。



Photo_6
さて旦那はおなかが膨れて、いい気分。


もともと高校野球オタクの旦那ですが、2年前に妻に連れられて初めて相撲を生観戦し、感動。今日は楽しみで朝6時前には起きてしまったようですw

前日仕事でかなり帰宅が遅かったこともあり、まだまだ周囲ガラガラの時間帯。

「なんだか眠たくなっちゃった」

だんだんうまくなっていく行司や呼び出しの声をBGMに、うちの2人用桝の倍ある周囲の4人用をひとり占領して、しばし、うとうと・・・。



さてその後、私たちは恒例の食堂探索。
この館内の食堂、例年思わぬ大物との出会いがあり、外せないスポットです。


まずは荒汐親方と片男波親方に遭遇。
片男波親方は昨年も同じところに座っていました。
定位置なんでしょうか。
来年は早く食堂に行って、先にそこに私が座っていたら、どうなるのか。

それはそうと

「ううむ、もっと目新しい大物が見たいな」

なんて失礼ながら物足りなさを感じつつ、コーヒーを頼んでふと目をあげると


おおおおおおおおお!

思わず大きな声を出してしまいました。

「栃東!!!」


こないだ引退したばかりの大関・栃東です!
特に晩年はあんまり応援してなかったくせに、生で観ればやっぱり嬉しい。

と、あたしの声がでかかったので、栃東親方がついついあたしたち夫婦に目を向けてしまいました。当然こちらも、いえ、こちらこそ、注目。


そのままあこあこまん夫妻と栃東親方は、1秒ほど見つめあい静止。
大きな声で叫んだくせに、さすがに元大関の突然の出現とあって、こちらも緊張し固まってしまいました。

そして、その先とった私達夫婦の行動は


遠慮がちな会釈・・・笑

話したことはないが顔はよく知っているお向かいの旦那さんと出先でバッタリ出会ってしまった、とでもいった微妙な笑顔で。


すると、栃東親方も

「え?タニマチ関係?だ、誰?」

とでも言わんばかりの困惑色を見せながらも、つられてこんな一般庶民にうっかり会釈・・・苦笑


不本意ながら、元大関に会釈させてしまう結果となりました。


さて親方はそのまま、席に腰掛けてトーストとアイスコーヒーで軽食。
トースト食うの、超早かった。
ぱくぱくぱく、って一口がでかい。


それからしばらくして、今度は昨年夫が「闘牙!」と声をかけてしまった隆の鶴改め西岩親方が参上。迷わず栃東親方の前に腰掛け。
同じ年だし、仲良しなのかな。

おしゃべりの旦那が

「あの二人ようしゃべるなあ。ずっとしゃべってるよ」

と笑うほど楽しそうにおしゃべりしていました。
隆の鶴がトマトジュースを頼むと、栃東親方も真似して同じものを頼んで、
二人仲良くトマトジュースタイム♪



017_5


もちろん隠し撮りもさせて頂きました。
食事中だし、邪魔しちゃ悪いねと私たち夫婦は自粛したのですが
声がかかれば気さくに周りの人の握手や写真に応じてましたよ。


それにしても、こんな風に既に引退して胸のつかえもとれ、陽気に談笑している51年生まれもいれば
「大関にならないと」と、悲壮感させ漂わせながら寿命すり減らす勢いで力士生活の正念場を迎えている51年生まれもいる。

そして、そのような力士を鼻息荒く観察している51年生まれの平凡な主婦もここにいて。


人生様々だな、としみじみ。


結局、悲壮感漂わせた51年生まれは今日晴れて伝達式!すごいな、おめでとう!あたしも負けてらんないなあ!
まだまだ、たくさんの花、咲かせないと。



長くなりました。
後編はまた次回にします!

|

« 優勝パレード | トップページ | 名古屋場所14日目’07(後) »

コメント

す、すご~い!!
あこあこまんさん、横綱と握手されたんですね~それは眠れなかったことでしょう。
いや~なんだか自分のことのよういうれしいです^^

朝早くから場所に向かって、音痴の呼び出しさんに遭遇したんですね。
私も昔、大阪場所でバイトをした時に音痴の呼び出しさんに遭遇した記憶があります。
確かにかなり笑えますよね(笑)

お昼ごはん、とってもおいしそう!!
バイト中にこのお弁当を見たことはありましたが、一度も食べたことはありませんでした。
やっぱり高くても食べてみるべきでした・・・

そして、出ました!例の食堂ですね!!
そこでまたまたいろんな力士と出会われたんですね~
う~ん、とっても楽しそう!!
相撲のことよくわかってない私でも、さすがに力士と会うと興奮するはず!
後半の日記も楽しみです^^

投稿: ろんろん | 2007年7月25日 (水) 21時05分

栃東遭遇ですか~うらやましい!

小田原の巡業の時にはもちろんまだ現役だったわけですが、これだけ相撲見てる私が見覚えないのに、母は土俵入りで「見た」って言い張るんですよ。

私は土俵入りでももちろん取組でも見覚えないのに…私も力士生活晩年にはキビシイことばかり言ってましたが、やっぱりそこにいるとなればお会いしたいもの。

佐渡ケ岳親方に会いたい…。
若・貴時代とかに、あの二人以外に真っ先に好きになったのが琴ノ若でしたから!

投稿: みちょこ | 2007年7月25日 (水) 22時02分

どこの部屋の呼び出しさんなんでしょう。
ヒント下さいw

その食堂入ってみようかと思ったんですけど、
メニューがいまいちでやめたんですよね。
そんな大物に会えるんなら、今度行った時は入ってみようかな。

遅くなりましたが、吉田の近況教えてくださり、ありがとうございます。
相変わらずのようですが、騒音で迷惑はかけてないようで良かったです。

投稿: はは | 2007年7月25日 (水) 22時06分

横綱が腰を疲労骨折という
ニュースにヒヤッとしてる男・山本です
こんばんは。

17箇所もある巡業に出たくなくて
出てしまえばモンゴルに帰られないから
さぼったのか!と
思いつつもケガの個所が個所なので
心配であります。

こうやってあこさんのレポートを
見てればやっぱり本場所を生で見たいですなぁ。
今からお金を貯めて来年辺り行こうかなぁ。

投稿: じゅん | 2007年7月25日 (水) 22時37分

そうですよねー。考えてみれば音痴じゃ呼び出しは難しいかも…進む道を誤ってしまったのでしょうか(涙)ちなみに私は男性に生まれたら床山さんになりたいです。

五月場所観戦のとき館内で病人が出たらしく、栃東含む親方衆が救助にかけつけていました。同行したトッチーファンの子と「仮病つかおうか~」なんて話していました。

それよりあこあこまんさん!横綱が腰を疲労骨折って…(涙)大丈夫かなあ(大泣)

投稿: ジュン | 2007年7月25日 (水) 22時49分

書き出しの
>横綱と握手させて頂きましたあこあこまんです、こんばんは。

笑)しばらくは~このあこあこまんさんでいくのね!

音痴な呼び出し他の人笑ってないの!?
絶対音感のあこあこまんさんだけのツボなのかな
栃東なんだかYシャツ姿に髷で首とかも窮屈そうですよねw

投稿: IT | 2007年7月26日 (木) 00時43分

5月場所で私が見た呼び出しと同じ子かも。
驚くやら笑いがこみ上げてくるやら、でもまだ友人が到着してなく1人だから涼しい顔してなくちゃいけないし。もーつらかったですw

投稿: SUSAN | 2007年7月26日 (木) 11時41分

ろんろんさん>

眠れないくらいの感動だったのですが、
2日間があまりに激動だったので、ぐったり疲れ果てて眠ってしまいました(笑)

ろんろんさんがバイトしていたときにも、音痴君いたんですねw
今回の子とは別の子と思われますが(最近入ったこなので)
もしその呼び出しが今もいるのなら、成長できてるってことなのかなw

弁当、おいしかったけど、アナゴが余分でした。嫌いだから・・・w

みちょこさん>

琴ノ若、結構見かけますよ。
記事にしなかったけど、昨年も今年も見ました。携帯片手に無防備にちょろちょろ歩いています。ふれあい感謝祭のときもちゃんこ振舞ってたり。
横も縦もめたくそでかいですわ。

さて小田原巡業にいたのは栃東だったのか、母上の見間違いで別の力士だったのか。
それとも、どうしても巡業に参加したかったが叶わなかった栃東の生霊だったかも・・・w

ははさん>

そうそう、メニューはねw
私もいつもコーヒーだけです。弁当はこっちのが半額くらいに安いですけど。味はわかりません。あそこでバイトしたいなとも思うのですが、いちいち力士が来るたび興奮して仕事にならないかも。
去年書いたから今回端折ったけど、理事長もいました。
ものすごい赤面しながら栃東に接客してる子はもしかしたら相撲ファンだったのかも。

呼び出しの子は最近入った丸刈り君てことでwあとは相撲名鑑で見当つけて推測をお楽しみ下さい。
そして来年の春場所で確認して下さい。
多分そんなうまくなってないと思うのでw


投稿: あこあこまん | 2007年7月27日 (金) 20時41分

じゅんさん>

じゅんさんの読みが当たってしまったと言われても仕方ない状況になってしまいました。
私は骨折は軽いヒビ程度にはしてると思うんですよ。
でも以前から言う怪我の度に「モンゴル治療帰国」はたぶん帰りたいための言い訳ですねw
医療のレベルは日本のが遥かに上なのは本人も当然承知でしょうから
帰るとみんなブー垂れてくれし、そう言うしかないのかな。お里帰りはみんなしてるのにね。今回の問題とはそれた話ですが。巡業はやっぱり出んといかん。

名古屋場所だったら一緒に観戦できるのにね~青森からだったら国技館になっちゃうかな。どうせみるなら国技館がいいですしね。

ジュンさん>

私は呼び出しがいいですね!
動き回るの好きだし、歌もまあまあ好きだし!
行司は物覚えが悪いから無理!w
右左も瞬時に言えない方向音痴だから、西と東も間違えそうだし(笑)

私はなぜか昨夜琴光喜に抱きかかえられる夢をみました。なぜ琴光喜!
お相撲さんに抱きかかえられたことないくせに、今でも感触を覚えております。
最高でしたw
仮病しちゃおっか!

それはそうと横綱ある意味大変なことに・・・^^;

Itさん>

特別音楽の知識がない旦那でも瞬時に
ずっこけの典型的な、出来すぎな音痴です!
絶対音感うんぬんではなく相対的な音感に問題がある致命傷です・・・w


SUSANさん>

あはは!!同じ子だきっと!!笑
あのレベルはそう何人もいない。
特別歌がうまいわけでもなく、相撲をいつも見ているわけでもない旦那がうろ覚えで呼び上げるほうが遥かにマシでしたもん。
お一人で涼しい顔を作る・・・極めて困難であったことは想像に難くないですw

投稿: あこあこまん | 2007年7月27日 (金) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 優勝パレード | トップページ | 名古屋場所14日目’07(後) »