« 3年目の試練 | トップページ | まだ見ぬ我が子へ、詫び状。 »

2007年6月 1日 (金)

試練開始

今月は様々な雑務が一旦落ち着き、わりと時間に余裕がある見込みなので、バイト先が人手不足なこともあり、多目に顔を出すことになりました。

さっそく今日は12時から21時のシフトでアルバイト。

やや疲れ気味に帰宅し、ふと電話に目をやると、留守録が4件との表示。
再生してみると・・・


1件目「ガチャ・・・プープー」

まあ、よくあることだ。
はい、次。

2件目「あの・・・〇田△夫ですけど・・・今・・・あの、えっと・・・教室に来たんでちゅけど・・・、もにょもにょ(聞き取り不可)・・・会館の人は今日はやっていないって・・・あの・・・・・・*+%$#&(聞き取れず)」


シーン・・・。


はい。
勘のよい方はお察し頂けたかと思います。
〇田△夫さん。

昨日記事にしたばかり。
例のおぼっちゃまからのラブコールです・・・


23歳の男性・・・聞き間違いではなかったことは
変声期を無事に卒業した証である低音の声が証明しておりました。
だけど、おはなし口調は、ようちえんねんのねんちょうさんみたいになっちゃうのよね♪(汗)


これは予想以上かも・・・

つうか、今日レッスンやるなんて一言も言ってないんだけど!
疲労が一気に倍増。
どうして来ちゃったの?!
日時に関しては、何度も念押ししたはずなのに。



頭を抱えながら3件目再生

「先日お電話させて頂きました〇田でございます!お聞きしたいことがございましてお電話いれさせて頂きました!またご連絡致しますう~♪」

今度はお母様でした・・・


「ママあ!せっかく行ったのに、やってなかったよう!どしてどしてえ!電話してよう!」

泣きついたかも知れません。

嫌な予感と共に4件目再生

「何度も恐れ入ります、〇田でございます!一度ご連絡頂けませんでしょうか!よろしくお願い致します~!」


くどい!!(苦笑)

恐らく一件目の「ガチャ」も、おぼっちゃまからで、発声する勇気がなくて切ってしまったのだと推測できます。


ともかく、なんだか親子で今日が初レッスンと思い込んで大騒ぎになってる様子ですし、また架けてくることは容易に予想できますので、すぐ折り返すことに。


「夜分に恐れ入ります、×教室の△△と申しますが〇田さんのお宅でよろしいでしょうか?」

との問いに

「はい、そうですう~」

たどたどしく出てきたのは、留守録で聞いたばかりのおぼっちゃまの声。
さあて、先生のお話、わかるかなあ?


と思いきや


「あの、えっとえっと、代わりますう・・・」

代わるんかい!!!習うのはおめーだろ!おい、こら待て!!!(滝汗)

と先生の心の叫びむなしく、母上登場。


「夜分にすみませんです先生~今日レッスンじゃございませんでしたっけ?1日と15日って伺ってたものですから、行かせたんですのよ~」


そんなこと一言も言ってねえよ!幼稚園のお弁当の日かなんかと間違ってんじゃねーの?!


なんて思いつつ、困惑を隠しつつ、丁重に再度レッスン日を説明して差し上げると


「おほほほ、勘違いしてしまったようで、すみませーん!♪では、よろしくお願い致しますう!☆」

とご納得頂き電話を切ったのですが・・・
やっぱり来るのね・・・いや、いけない。そんなこといったら罰が当たります。
大事なお客様ですよ。


と思いつつ、試練の予感が確信に変わり、苦悩するあこあこまんでございます。


本日、若干22歳で、異国文化の最高位にたち、ごく一握りの者にしか許されない儀式を大衆に迎えられて華々しく披露した若者も入れば、こうしてママの背中に隠れて電話すらまともに対応できないでいる23歳もいる・・・


この差はなんなんでしょうか。


ああ、でもよい体験だ。
こうなったら、あたしが男にしてやるよ。
多分無理だと思うけど・・・笑


頑張ります。
初対面は6日。
ご期待あれ!





|

« 3年目の試練 | トップページ | まだ見ぬ我が子へ、詫び状。 »

コメント

す、すごいですね......
でも○夫、昼間はバイトしてるんですよね...?
何のバイトしてるんだろう......
試練を乗り越えて大横綱になってください。

投稿: もっく | 2007年6月 1日 (金) 23時32分

ダメダメ~横綱と比較しちゃぁ~www
それにしても日本人の横綱やっぱりまだ先だわね~
多かれ少なかれ○田○夫くんは今時を体現してるわフゥー

親子で楽しみにしちゃってるんだわね
日記読む方は面白いで済むけど~
ガンバッテね~ドルジの試練を分かち合ってると思いながら

投稿: IT | 2007年6月 2日 (土) 00時17分

早速試練到来ですか!初っ端からそんな感じじゃ頭を抱えてしまいますね。
そういうタイプの人間って、ちょっと注意すると激しくいじけだすか逆ギレしそうなんで怖いんですよね。

実物はまだ見たことがないんですよね?

投稿: どこかのタカ | 2007年6月 2日 (土) 00時25分

あこさんは厄年にはまだ早いんですけど
試練でありますなぁ。
このお母様は息子が例えは悪いですけど
殺人事件を起こしても
「死んだ相手が悪い!」と言い張って
無罪を勝ち取りそうな気が・・・^^;

レッスン中、ちょっと間違いを指摘しただけで
泣いちゃうかも。

投稿: じゅん | 2007年6月 2日 (土) 08時36分

うひゃあ~(汗)!
このおぼっちゃん、ガッコやバイトの面接とかどうやって乗り越えたんでしょうね。お母ちゃま同伴!?
一番お知り合いになりたくないタイプだな。
あこさん、GOOD LUCK!

投稿: みちょこ | 2007年6月 2日 (土) 09時24分

ありえないですね。でもよく音楽教室へ通おうと思ったなあ。その点はほめてあげよう。あこあこまんさんにとっては災難かもしれませんが…
いきなりレッスンでご対面より、心の準備ができてよかったのかもしれませんね、この電話で^^;続報たのしみにしています。

投稿: ジュン | 2007年6月 2日 (土) 13時34分

早速、その息子登場ですね(笑)
しかし、23歳にもなって・・・といわざるを得ません。
ほんとにこんな男性がいるなんて、大丈夫?と思ってしまいます。
大変な1日でしたね~
でも、これからこの息子と接していかないといけないので、もっと大変かも??負けずにがんばってください。

いますよ~台湾にも!
幸い(笑)私はあったことはありませんが、話にはいろいろ聞いてます。
きっとこういうのは世界共通なんでしょう~(苦笑)

投稿: ろんろん | 2007年6月 3日 (日) 11時32分

もっくさん>

あーほんと、なんのバイトしてるんでしょう?!
多分バイトの応募もママが・・・汗
私も大変興味がありますので、お越し頂きましたら、彼の職種を問うてみたいと思います。

ITさん>

>ドルジの試練を分かち合ってると思いながら

あーそれならファイトでそうだわ~^^
そうよね、偉大なる相撲界のトップとなにも比べなくても・・・苦笑
あたしも酷な比較をしてしまいました。

タカさん>

ええ、実物はまだです。
意外にハンサム朝青龍似だったらどうしよう。
先生もちょっと甘くなっちゃうかも。
初レッスン前からこんな大変なのは初めてです。
中学生の生徒でも自分で電話してくるというのに・・・

じゅんさん>

>殺人事件を起こしても
「死んだ相手が悪い!」と言い張って
無罪を勝ち取りそうな気が・・・^^;

まさにそんな感じ!!
23歳にもなって母親が電話することに違和感やテレも全く感じてない完全自身肯定型の方と思われます。
分身である息子のことは、どんなことがあっても完全肯定しそうな勢い・・・


投稿: あこあこまん | 2007年6月 4日 (月) 20時34分

みちょこさん>

>ガッコやバイトの面接とかどうやって乗り越えたんでしょうね

ほんとほんと、相当疑問です!
母親が模範解答作ってるかもw
頑張ります・・・汗

ジュンさん>

>でもよく音楽教室へ通おうと思ったなあ。

いや実はね、どうも母ちゃんが習わせたい雰囲気。
そしてその希望に、なんの感想もなく従う息子の図式が浮かんできます。そして、こないだの電話でそれは確信に変わりました・・・

>いきなりレッスンでご対面より、心の準備ができてよかったのかもしれませんね

確かに!それが唯一よかった点とも言えますw

ろんろんさん>

台湾にもいるんや~爆
世界共通なのかも知れませんねえ・・・

彼が25歳になっても30歳になっても、40になってもきっとこのままなんでしょうねえ。
順番どおりであれば、いつかお母様を見送る日が来るかと思われますが、こういった方たちはその後どうされるのか、人事ながら心配になります・・・

投稿: あこあこまん | 2007年6月 4日 (月) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3年目の試練 | トップページ | まだ見ぬ我が子へ、詫び状。 »