« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月27日 (水)

新ドルジグッズお披露目

名古屋駅のツインタワーの12階で名古屋場所50周年記念の展示会がやってます。今日ちょうど名古屋に用があったので帰りに早速寄って参りました。



ちょうど地下街からツインタワーに向かうべく地上への階段をあがりかけたときでした。




ぽん!!!どかん!!!!

ものすごい破裂音と共に


ガシャガシャガシャーン!!!

と複数のガラスが割れて飛び散ったような音が地下街に響き渡りました。そして実際、私の足元に緑のガラスの破片が滑り込んできました!


何!!?
私は動揺しやすい人間です。
足を止め、目を見開き、心臓バクバクであたりをキョロキョロ。


人で溢れかえる地下街も何事かと一瞬静寂。
びっくりすると、最初、人は黙るんですね。



と、ちょっと先にご婦人が破れた紙袋を手に、大量の泡状の液体とガラスの破片に囲まれて呆然と立ち尽くしていました。



そして、辺りにほんのりアルコールの香り。


どうやらお持ちのシャンパンと思われる炭酸入りアルコール飲料が、落としたか振り回したか事情はわかりませんが何かの拍子に破裂してしまった末の惨事のようです。


しかしシャンパン1本で、すごい威力。


ご婦人は大注目を浴びて、苦笑い。そして慌ててどこかに走っていかれました。
恐らく係員まで清掃願いにでも行ったのでしょう。

・・・てあのときは思ったけど
まさか、逃亡じゃねーよな?(笑)


まあいいや、幸い怪我人もなく、平常の地下街に戻りました。


「テロかと思った」


周囲からそんな声も聞こえてきました。
私も、そう思いました。


真っ先に自然にそんなこと思ってしまう最近の日本社会なんですね。
嫌だな。



ということで、びびって高まった心拍数を戻しながら12階の展示場へ。



残念ながら、展示物は私がこないだ買った中日新聞社の写真集の内容が拡大されてパネルになったものばかり、放映されてる映像も既に所持のDVDでした。


ややがっかりながらも、こんなものが販売されているのを見つけついつい・・・


Vfsh0107


「朝青龍」財布

財布ってただの巾着だがや!

しかもこんなちっこいので(タバコ入れサイズ)700円。
Vfsh0108_1


「朝青龍」ストラップ

1辺4センチ足らずのミニサイズながらこちらも700円。






若干ぼったくり感否めずも(四股名使用権料があるんでしょうが)気づいたら財布の紐を緩めて購入している私がおりました。
これぐらいなら、今ここで慌てて買わんでも本場所で売ってるんですがね。


Vfsh0107_2

名古屋駅ツインタワー12階からの眺めです。
駅周辺はこんな感じです。
右端にあるのが最近できたミッドランドスクエア


51階建てのツインタワーに負けず劣らずの高さで
12階からでは上の方は拝見できません。

できたばかりで今は混雑してるみたいなんで、ほとぼりが冷めたら入場してみたいと思っています。




さて、回復傾向の体調がこのまま維持できれば、週末にでも峰崎部屋の稽古見学に出かけることになりました^^/
旦那と行くんですが


「僕も稽古つけてもらう、一回だけでいいから当たってみたい」


っておっさんがいきなり邪魔やっちゅうねん。
誰にでも構わず気軽に話しかけてしまう旦那ですので、いい子にしてくれるかちょっと心配です。


愛人の待つ高砂部屋は残念ながらうちからちょっと距離があり、土曜は時間的な問題で諦め。



とはいえ、週明けには行く予定デス♪♪♪



会えますように・・・☆

| | コメント (5)

2007年6月25日 (月)

番付発表!

Vfsh0110


バラが見事に開花しました!

Vfsh0113


たくさん収穫できたので、
窓辺に飾って楽しんでいます!


素敵でしょ^^





「あこあこまんさん、すごーい!」

って?


ごめん・・・


見栄をはってみましたが、これは旦那が家庭教師をしているお宅の立派お庭でとれたもの・・・。うちの小庭で、園芸ビギナーがこんなん到底無理。


これが精一杯です。

Vfsh0108


黄色のミニバラ。
しかもこれ、一度蕾を食べちゃう虫にやられて春先に開花間近で全滅したんです。が、なんとか息を吹き返しました。

寄せ植えにしたレースラベンダーも一緒に開花したので、
緑ばかりだったコンテナがちょっとした賑わい。


ちなみにこのラベンダーは枯れかけのを50円で購入してきました。
駄目元で植えてみたんだけど、わたくしの熟練された園芸テクニックで見事復活!!




てことで、お相撲さんが名古屋にやってきました!(全然話繋がってないし)
そしてそして、心配された横綱の東西も・・・


うひゃひゃひゃひゃひゃ!!!

貴乃花が新横綱で東だったことが真っ先に頭に浮かんで、不安の場所前を過ごしたものですが、お騒がせしました。おかげさまで・・・☆


「おめでとう♪」

メールも何通か頂いて、なんだか昇進を待っていた力士の気分になってしまいました。

ごっちゃんです!優勝目指して頑張ります!!!



稽古見学の計画も具体化させないといけませんよね。
ああ、どうしよう、緊張してきた。


稽古見学用の服は準備しました。
もちろん朝青龍の「青」です!青ファンが違う色の着ていったらまずいだろ?
つうか、今年もいなかったらどうしよう!(昨年は出稽古で不在でした)
ああ、緊張するなあ~。
横綱も前日に「明日は〇〇部屋行きます」
って言ってくれたらいいのに。
別に公表なんてしなくていいのよ、あたしだけにこっそり教えてくれたらいいんだから。


そういや、霜鳥(しもとり)が霜鳳(しもおおとり)に改名したんですってね。
なんだか一挙ゴージャス(笑)地味なのに(・・・ごめん)


以前からの相撲ファンの私としては「霧島(きりしま)」と見間違わかなくなるまでに結構時間がかかって、やっと慣れた頃だったのでちょっと残念ですが。


6月になってちょっと頑張りすぎた(?)んか、後半にて失速。若干体調を崩してしまいました。またやらなくてはいけない仕事もちょこちょこ残ってしまっているのですが、早く状態を立て直して、名古屋場所に専念できるよう、頑張らねば!だな。


てことで今日はこれにて失礼!

| | コメント (8)

2007年6月21日 (木)

ワイド牧子

昨日・今日と教室を開講しておりました。

向かいでは、ダンス教室(?)みたいなものが開催されており、そのざわめきを聞きながら開講20分前にスタンバイしておったのですが、突然見たこともない、60才くらいの小太りの女性が

「ちょっとごめんください!!!」


叫びながら、うちの教室に乱入して来ました。


うちの生徒でもないし・・・どなた?・・・と



「ちょっと着替えさせてくれやん?!」
「おばばやけどさ、男の前では着替えられやんやろ?」

そう訴え、こちらが了承する前にあっという間に肌色ブラ一丁に!


おいおい!昔あったユニクロのCM(おばちゃんが試着室に入らず突然その場で脱ぎ出すCM)を思い出してしまいました。


恐らく、向かいのダンス教室に遅刻して着替えのタイミングを逃してしまったのでしょう。
まあ、別に拒否する理由もないですし、したところで既に下着姿を惜しげもなく披露している状態です。


「か、構いませんよ」


ややひきつり気味に対応。
マダムは着替えてる最中も、何度も何度も

「おばばやけどさ」「おばばやけどさ」

と呪文のように唱えておりました。
が、殿方側からしたら

「おばばだからこそ」

お着替えは外でやって欲しいに違いありません。


さてそのマダムはスポーティなスタイルに変身して

「ありがと!」

の言葉と共に我が教室を飛び出していったのですが、ややあって


「ちょっと着替えさせてくれやん?」


これまた60くらいの別の女性が乱入!恐らくさっきのマダムが


「あそこで着替えてきた」

とでも情報を与えたに違いありません。

いやいや、私は構わねーんだけど、うちの生徒がそろそろ来る時間。
男性も含まれます!

バッティングしたらどうしよう!


そう思うのですがそのマダム、開けっ放しのドアの前で着替えにかかってるから、本当に隠す気があるのかどうか今ひとつ確信が持てません。
それに、やっぱりもう脱いじゃってるし・・・^^;


結局

「はは・・・どうぞ・・・^^;」

苦笑いで了承。
幸い、速やかに更衣を終えたそのマダムもダンス教室の方に消えていかれたので、うちの男性生徒がマダムの半裸状態を目撃してしまう事故(?)に発展することもなく・・・

いやいや女を捨てたらお仕舞いです。
70になっても80になっても、やっぱりお着替えは殿方のいないところでね☆

なんて、書いたら旦那に

「よく言うよ!」

って言われるに違いない人妻あこ(30)。このブログは旦那非公開です。



さて、このクラスには私の初めての男性の生徒が2名含んでおるのですが、このうちひとりはウワサの〇田△男様。マザコンおぼっちゃま。


旦那の仕事柄、起床が遅い我が家ですので、電話連絡は昼12時以降でとあらゆるところで念押ししているのですが、

「朝7時頃、〇田△男君から電話があって、バイトの面接があるからレッスン遅れるってさ。
てかさ、普通の家にでもそんな朝っぱらから電話するかあ?!」


旦那がプンプン声で起床間際の私に連絡してきました。
私は眠りが深いので電話の音では起きないのですが、旦那は浅い人なんで起きてしまったみたいですね。申し訳ない・・・


「しかも、超噛み噛みで、最初なんて言ってるかわかんなかったよ!(怒)」


ああ、想像つきます・・・。
それにしても何でそんな時間に・・・。



てことで、〇田君は遅れてやってきたのですが、


「今日はどうやってきたの~?車~?」

声をかけたら

「おかあさんに送ってもらいました。今も外で待っています」

!!!

来た~!!来たよ来たよマミィ!
つうか、おかあさんじゃなくて二十歳超えたら「母」と言え!


そして、レッスン終了後恐る恐る外へ出るとそこにいたのはかなり太った内館牧子。ドルジを陥れる我が天敵内館牧子似なだけで、既にかなりのマイナスです。
しかも、超ワイド。


うへ~ママ、どぎつ~!!!


そう思いつつ、営業用スマイルで挨拶をかわさせて頂きました。
ワイド牧子の方も

「至らぬ子ではありますが、今後ともよろしくお願いします~!!」


と頭を下げて挨拶してくださったのですが
何度もいいますが、その至らぬ子は今年24歳ですからね!
ひとりで、来い!ての。


その至らぬ子は、隣でもじもじママと先生の様子を見守っておりました・・・。


バイト(前のバイトは辞めた(させられた?)とのこと。)の面接もママ同伴だったかも知れないですね・・・不合格でないことを祈ります・・・。

| | コメント (7)

2007年6月19日 (火)

こんなものがまわってきましたNo23(後)

ちょっと!室外機!!
またラ~シ♭~シ~ド~なんですけど!!!(怒)

しかも、ソ♯ぐらいから始まって、ド♯あたりまで進んでいくときがある!!!
ひたすら同音でうなってるときもある!!!
だれがバリエーション増やせ言うた!!


修理屋出直してこい、ボケ!!


まあいいや、とりあえず昨日の続きだ。




〇バレンタインデーあげた事は?

あるよあるよあるよ~小6のとき。
自転車の前カゴにお返しが入ってて、かといってそれ以上の発展はなく、ただそれだけだったんだけど、今思えばいい思い出。

〇バレンタインデーもらったことは?

くれー!チョコ大好き!ビターチョコとブラックコーヒーの組み合わせが最高!
そんなことは聞かれてない。

〇恋人に手作りマフラー送る?

家政科出身のくせに、そういうこと苦手だから・・・
つうかどうして質問が未来形なの?
これまでの経験は答えたらいかんの?笑

〇手作りマフラーもらったことは?

妹が作ってくれたなあ。
あいつは器用だから。

〇ペアルック

冬のユニクロ・フリースパジャマが旦那とお揃い。

〇恋人色に自分を染める?

相撲好きにはさせたいな。旦那はもともと「やや興味あり」だったので引き込むのに楽でした。

〇恋人と同じ携帯にする?

別にいいや。つうかこれも今後の予定を聞かれてるだけだよね?
過去には同じ携帯にしたことありましたけど?

〇好きな人がいる?

いーっぱい♪

〇惚れやすい?

そうでもないかな。

〇腕枕好き?

あんまり。
旦那の腕は高くてごっつくて硬くて、寝心地悪いし。
首にあてれば顔がのけぞり、頭にあてると首がしまって息苦しい。

〇過去の人との品

今でも普通に食卓に出てくるホットプレート。
実は元彼氏からのプレゼント。
旦那も知ってるけど、普通に和やかに愛用。

〇果たせてない元恋人との約束

果たせてもらってない約束ならある。
「来月の給料で返すから」
といわれた金の返済。

〇今まで恋人10人以上?

以下です。

〇恋人の親と食事したことは?

おやつを一緒につまんだことはある。
スナックのママで貫禄があり、緊張して会話等記憶無し。

〇歯ブラシ2本並べたことは?

ひとり暮らししてたからねーああ、今もか。

〇3年以上付き合ったことは?

あーそういえば、ないなあ。
1年くらいで決着つけたいタイプ(結婚対象か否か)

〇貢ぎは?

貸すけど貢ぎはしない。

〇忘れられない人?

未練的な意味を含むのなら、ないです。

〇抱きしめ好き?

抱きしめられるほどの華奢な体格の男は私には不適合。

〇ドラマのような体験?

ひとり暮らしの私の家に当時の彼がひとりでいるときに、合鍵を持っていた別れたはずの彼氏が突然来て・・・
今思い出しても冷や汗が出る。
「二股疑惑」
までかけられて・・・今思えば、やっすーいドラマの設定みたいだけど、当時は真剣に追い込まれて、思わず町の占いに駆け込んだ(爆)

〇恋は活力?

スキンケアには気合が入るよね?

〇アブノーマル?

わりと、ノーマル。

〇好きの意味がわからない?

なぞなぞか?

〇ビビビっときた事は?

鈍いから、ないねえ。

〇ナンパ?

70才くらいのおじいさんに「3万円で!」
って言われたことあるなあ。
金髪にしてた頃は多かった。顔なんて見てない。
単純に遊び人に見えるんでしょうねえ。

〇遠距離恋愛?

遠すぎてすぐ駄目になった。

〇文通?

小学校の頃、見知らぬ女の子としてた記憶が。
2往復くらいで終わった気がする。アメリカンなイメージの子。
帰国子女だったっけな?
雑誌かなんかで知り合って・・・記憶曖昧。
メールない頃は、よく雑誌に文通欄とかありましたよね。

〇ビックリプレゼント?

クリスマスのときに記事にした「声変換機」が意味不明で一番の衝撃。

〇キスイヤに出た?

出たならとっくに記事にしとるわい

〇恋人のために禁煙?

できなかった。

〇親に別れさせられたら?

うちの親子関係はそういう感じじゃないので想像できない。
あまり指示してこないし、私も言うことを聞かない。

〇赤い糸を信じてる?

結婚相手に限らず意味あって出会ってる人は多いと思う。

〇最近、白馬の足音が聞こえる?

アリオンバヤル ウヌルジャラガラのことでよかった?
彼のことはあまり注目してないなあ。ごめん。

〇フェチ?

これ何度か書いたけど「無精ひげ」

〇恋がしたい?

今もしてますから☆


なんて気持ち悪い回答を最後に当バトンを終了させて頂きます。
これはmixi上だと強制バトンになりますが、足跡機能のないココログですのでご自由に希望の方はお持ち帰り下さい☆

| | コメント (5)

2007年6月18日 (月)

こんなものがまわってきましたNO.23(前)

mixiよ〇ぎさんとこの強制バトン踏んで来ました。
てことで久々バトンだい^^/

長いので前・後わけます^^



〇現在のメルアドの意味は?

PCのは、旧姓のときの苗字にちなんだニックネームと、旦那の姓のニックネームをまぜたものです。
携帯のは、誕生日と生まれたときの身長・体重。

〇現在の着信音は?

いつでもマナーです。バイブも鳴りません。
マナーにしなきゃいけないときにいちいち切り替えるのが面倒なので。
携帯反応度は大変悪いです。

だから折り返し電話専門です。

〇待ち受け画像は?

旦那・・・


〇告白する?

過去に一度だけ。
それもギャグ扱いされた苦い思い出でしかありません・・・。


〇同性から告白されたことは?

ないねー。
女ウケ悪いみたいだね~w
友達は女性からマジで告白されてたけど。手紙で。見せてもらったら

「オレは男としておまえが好きだから」

って書いてありました・・・でも昔流行の丸文字なの(笑)
友達はノーマルでしたので、大変困惑していました。

〇片思いで振られたら?

ですから、ギャグ扱いされましたので、ギャグで返すしかなかったのです。

・・・なんて余裕もなく、ただ撃沈・・・


〇ラブレターをもらったら?

原稿用紙に書いてもらったことがあったので、こちらも原稿用紙で返答しました。
別れた恋人の復縁願いは、黒い無地のレターセットでお断りの返事を出しました。
古風に職場の下駄箱に置いて、頂いたこともありました。・・・父親世代の方でした。
こちらはお返事を差し上げたか記憶にないのです。


〇ラブレターをあげたことは?

男に手紙を書くときは、だいたい「苦情」ですね。

〇キスした事は?

これ中学生向けバトンか?
そんなん聞きたい?笑

〇駅のホームでキスしたことは?

なし

〇公園でキスしたことは?

なし

〇人前でキスする事は平気?

無理

〇同性とキスした事は?

想像するだけで鳥肌・・・ホモシーンはなんとも思わないんだけど。

〇恋人と手を繋いで歩く?

だって、そっちのが色々安全だろ?

〇話した事もない人を好きになる?

あー高校生の頃、よく地下鉄で一緒になった貴闘力似の彼のこと、しばらく好きだったなあ・・・名前も声も知らなかったけど。

〇きよしが好き?

うちの母がとっても好きです。

〇ひろしが好き?

大御所「い〇きひろし」は、超いやなやつらしいでっせ。
仕事一緒にした友達が言ってました!
だから、嫌い!

〇年上が好き?

まあ、旦那も年上ですしねえ

〇年下好き?

でも旦那以外は、つきあった人みんな年下なんですよねえ
横綱も4歳下だしねえ。

〇外見重視?

特に結婚相手となると、ほとんどどうでもいい項目かも知れません。

〇最近結婚を意識中?

そりゃもう毎日意識しとりますわ

〇結婚した事は?

人妻ですから。

〇子供を産んだ?

まだ!未来の横綱の誕生はもう少し待っててね!

〇ダメな人を好きになりやすい?ダメンズですか?

母性本能が薄いので、わりとしっかり者を選んでるつもりだったのですが、ふたを開けてみれば・・・
てのが旦那と知り合うまでのパターン。

〇温泉行く?

近場の日帰り温泉は月2回くらい。
ちょっと離れた温泉街の日帰りを3ヶ月に1回くらい。
お泊り本気の温泉は年に1~2回くらいかな?

〇指輪をもらう?

貰わなかったこともあるし、貰ったこともある。

〇恋人に結婚しようねと約束されたら?

当然。
結婚する気もない人とはつきあわなかった。
だって、いつか結婚するつもりの私が、結婚願望ない人とつきあっても時間の無駄。

〇恋人とのメールは多い?

旦那とはほぼ毎日。
「今から電車乗ります」
「あいよ~」
で夕食の準備です。それから20分後に旦那着です。

〇嫉妬深い?

タミル(横綱夫人)にメラメラ!


〇二股以上した?

いつも一人で手一杯腹一杯。

〇二股以上された?

これがわかんねーんだなあ。
つうか不倫されてたかも?
だってさ、一時期某カード会社に勤めてたんですけど、偶然破局間もない元彼氏のカード情報が出てきて。そしたら
「既婚」
ってなってんの!!えええええええええ!!!
家にも行ったしお母さんも普通に家にいて嫁の気配もなかったんだけど。×1だったんかなあ?
未だ謎。

〇家に恋人を連れていく?

ひとり暮らしのときは。
計3人に通って頂きました。
3人目がもちろん旦那で。
一応礼儀として、恋人がかわる度に布団を改めてはいたけど、バスタオルとかは密かにみなさん兼用で・・・すみませんw

〇好きでもない人と付き合っていた?

いいえ

〇ファンクラブがあった?

3つくらい。
・・・なんてあほな!

てことで続きはまた今度。
長々とおつきあいありがとうございました。

今週もよろしく☆

| | コメント (4)

2007年6月15日 (金)

ラ~シ♭~シ~ド~

うちの向かいの空き店舗。

過去2回、極めて怪しい自然食品の店と名乗る集団が数ヶ月居座り、早朝から大音量の音楽と共に老婆を集めて大声を張り上げては、布団やらバッグやらを売りさばいておりました。

「うるさい!」

なんどもクレームを入れて戦ってきたいきさつはこれまで記事にしたとおり。

が晴れてこの春、やっとまともな会社の入居が決まり、自然食品屋の新たな入居におびえる日々に終止符が打たれることになりました。

私には絶対音感と呼ばれるものがあります。
いろんな学説がありますが、簡単に言うと、音源なしに、音を聞くと音の高さが判別できる感覚のことを言います。



私の絶対音感は際立って優れたものではないけども、救急車のサイレンとか、水滴の音も、勝手に音名で聞こえてくる。


別にこれがなくても一流の音楽家にもなれるし、あるからといって一流の音楽家というわけでもない。音感を養う訓練をしたこともないし、足が速いとか、肌が白いとかと同じ、体質との実感です。



絶対音感を持って、便利なこともあります。
だけど、不具合もある。


話は戻りますが、向かいに新しく入居した優良(?)企業。
いるかいないかわかんないほどの静寂の中で、熱心にお仕事をされている様子。
昨年地獄をみた私たちには、ほんとにありがたく感じております。


ところが、ここの室外機に問題が生じてしまいました。


なにやら不可解な機械音みたいなのが、鳴るんです。


しかも、音列が決まっていて、

「ラ~シ♭~シ~ド~ラ~シ♭~シ~ド~」

の半音階の繰り返し。
日中

「ラ~シ♭~シ~ド~」


これ、非常に参りました。
この室外機の調べ(?)はもちろんのこと、日常生活の中で、これまで気にならなかった室外機と同じ

「ラ~シ♭~シ~ド~」

と配置の似た音を、全部私の耳が拾ってしまうようになったのです。

(ちなみにうちの換気扇の音に救急車と同じ音列が含まれているので、換気扇をまわすと救急車が来たと勘違いすることも多い)


ラシ♭シドのクロマティックスケール(半音階)が朝から晩までアタシの脳裏をこだまする。
しまいには、不愉快なのに、室外機のテーマを口ずさんでしまうようになりました。


かといって、気を荒げて文句言いにいくほどの騒音でもないし、会社の中に絶対音感がある人でもいない限り、たぶん

「超神経質な人」

と思われておしまいだ。吉田みたいな非常識はともかく、なるべくご近所さんとは仲良くやっていきたい。


我慢しよう。慣れよう。
吉田にはカンカンだった旦那も、確かに音はするが、そんなに気にならないって言うし。


そう決意して一ヶ月ほどたった今朝です。
出勤前に、ベランダで水やりをしていると、作業員が室外機の前で何かやってるのを見つけました。


「もしかして、あたしと同類が苦情出した?!」


駆け寄って鼻息荒く話しかけました。

「なっ何してるんですか?!」

作業員は突然現れた隣の住人にちょっぴり驚いた顔で

「エアコンの修理ですが・・・」

やっぱり!!

「うるさいから?うるさいから?」

畳み掛けるように問いかけました。すると

「いえ、会社の方に全然涼しくならないって言われたもので」


なんだ・・・。涼しかろうが暑かろうが、そんなのはこっちはどうでもいいんだわ。
いやでも、今がチャンスだぞ。


「あのね、この室外機うるさいんですよ。音の修理もお願いしますよ」

「音ですか?どんな感じ?低い音ですか?」

幸い、部外者の苦情も丁寧に聞いてくれました。
が、室外機のテーマを歌うのも恥ずかしい。
ちょっともじもじしながら

「半音階で歌うんです・・・」


そう答えると

「???????????」


てな顔されてしまいました。こいつ、バカ?みたいな。
が、奇妙な発言をするおかしな女を早く退散させたくてか


「わかりました。音も見ます。故障の原因のひとつかも知れないし」


私の要望も聞き入れてくれることになりました。



さて帰宅後。


いつもの「ラ~シ♭~シ~ド~」が聞こえてこない?
耳を澄ましても・・・


やっぱり室外機のテーマが聞こえてこない!!!

「いや待て、単に室外機が止まってるだけでは?」

そう思ったのですが、まわってました^^(いちいち見に行ったw)
わーい♪


あの音列の繰り返しから、ついに開放される日がやってきました。
しばらくは、生活音の中からいちいち同音列を拾ってしまうと思うけど、それもやがて気にならなくなるでしょう。




作業員のお兄ちゃんどうもありがとう☆


いやそれにしても、本件のせいで春風諦めて窓を閉め切ってたけど、やっと開放できるようになったらそろそろエアコン必要な雰囲気で・・・

じめじめした季節がやってまいりました。

よい週末を。

| | コメント (10)

2007年6月14日 (木)

いつもの

いつも利用している駅。

バイトの時は、同じ時間に同じ改札を通ります。

私が利用している改札は、発券機や自動改札のない小さな予備改札です。
昔ながらに、小さな窓口にいる駅員さんに行き先を告げて切符を貰い、切符を提示して通過します。

本改札を利用すれば、自動改札専用のお値打ちな回数カードが利用できるし、毎度毎度切符を買う手間も省けます。

ではなぜその本改札を使わないのか?



実は、小さな窓口にいるドルジ似の駅員さんに、恋してしまったのです。



なーんてことはなく、単に本改札へは私の家からだと踏み切りを渡らないといけなくて、それが面倒だからです。
結婚するまで長年地下鉄の発達している名古屋に住んでいた私は、踏み切りのある生活自体に慣れておらず、渡るのがあまり好きではない、というのもあります。


ここに来た当初は、渡ってる間に

「カンカンカンカン!!」

なんて鳴りだそうもんなら、心臓はキュッと縮み上がり、余裕顔でいる地元の人の間を、不必要に慌てて猛ダッシュし踏み切りを突破していたものです。


今のバイトを始めて2年半になります。


多い月は20日ほど出勤しています。
ですから、数え切れないほどに


「〇〇駅(バイト先)までお願いします」
「200円です」

と言われ、200円を払い切符を貰うというやり取りを繰り返してきました。


基本的に駅員さんは同じ顔ぶれです。

そのうち、私が窓口の前を通って自転車置き場に自転車を止めにいく間に、一番よくいる年配の駅員さんは200円の切符を握り締めてスタンバイしていることに気づきました。


覚えられてる!



私はインパクトにかける薄い顔立ちですが、さすがに週に何回も同じ時間に同じ行き先を告げれば、覚えられて当然です。



かといって

「いつもの」

なんてバーでもあるまいし、目上の駅員さんに偉そうに言い出すのも気が引けるので、頑なに

「〇〇駅までお願いします」

とお決まりの台詞を繰り返しておりました。

が、やがて駅員さんはさらに進出して、私が行き先申告すると同時に、そして、それより前に窓口に200円切符が提示される状態になりました。


そうなると、私のほうも負けてはおれません。


自転車を降りるや否や200円を準備し窓口にむかうように。
こんな状態になってからどれぐらいの月日が経過したでしょうか。


今日、気づいたら


「〇〇駅までお願いします」
「はい、200円です」
「どうも~」


と、いつものやりとりが終わる前に、既に200円と切符の交換が済んで改札に身体を傾ける私がおりました。


海外衛星生中継風に、会話と映像に時差が生じてしまっているのです。
ついに、会話のやり取りは全く無意味なものになってしまいました。



さて、駅の階段を上がってホームに向かいながら、

「もう、いちいち言わんでいいんかな?」


と考えたのですが、もう2年半も続けてきたんです。
今更、引き下がれません。
駅員さんだって、動揺するかも知れません。


駄目だ。
やっぱり、言おう。言わなくては。


てことで、どんだけ時差が出ようが、明日からも

「〇〇駅までお願いします」


そう言い続けることにしました!
言い続けるべきですよね?


でもいつか、不意打ちで

「××駅まで」

なんていつもと違う行き先を告げてみたい。
どんな顔するかな?
楽しみw

Vfsh0102_4


ピーマン。








にしては小さいか。コレ、ししとう!!!

こないだ「出来かけてまーす♪」なんて写真入りで紹介したばかりですけど、改めて葉をかきわけたら


「あわわわわわわわ!!」


既にお相撲さんサイズになってしまっている「ししとう関」を発見!
葉の色と同じだから、見落としてたんですね~

早速もいで頂きました。
愛情込めて育てたししとうの味は言うまでもなく・・・☆☆☆

花を飾っても苦笑いの旦那さんも、今回はご機嫌でした^^


それでは。

| | コメント (9)

2007年6月11日 (月)

近況

吉田が帰ってきました!!!

みなさんご心配おかけしました、すみません。
昨夜


「ゲホっ!!げほげほ!!!!ぐえっほ!!!おえ!」


聞き覚えのある尋常じゃない咳が通路から聞こえてきまして、まさか!と思いながら隣室をのぞくと電気がついていて、たまっていた新聞も片付けられておりました。


「吉田!!!おかえり!!!(感涙)」


つうか、咳ぶり返してるし・・・。
やっぱり、まぐろ漁船とかに乗り込まされて苦労してたんじゃないだろうか。


「おいおいおいおいおい、大丈夫か吉田」


旦那も吉田の咳に、眉をしかめて心配しているのですが、相変わらず家の出入り激しくバタバタと忙しない吉田・・・いったい何しとるんやろ。


行方不明になる前からなんですが、吉田の不可解な動きのひとつに、
車のエンジンがかかったので出かけるのかと思いきや、1分ほどでエンジンをとめて家に戻るというのがありました。これは週に何回も見かけらるほどの頻度だったのですが、生還早々、早速また、フライングエンジン(?)やってました。


ほんとあいつ、いつもなにしてんだ?


まあいいや、妙な臭いが漂ってきたらどうしようかと不安だった隣人は、とりあえず安堵しております。


Vfsh0099_1

とうもろこしから、もじゃもじゃしたものが出てきました。
これって、とうもろこしのヒゲだよね^^

Vfsh0100_1

白くて可憐な花が落ちた後に、ししとうも登場

肥料不足だと激辛になるらしいので、
わさわさ肥料まいてます。

うちの夫婦は辛いの苦手なので。



Vfsh0095_1 Vfsh0093_3


お気に入りの寄せ植え。

初心者にしては、まあまあの出来でしょ!

と書いたところで母から入電。
記事の作成を中断し対応に出たわけですが、開口一番

「お願いがあるんやけど」

なにやら珍しく改まった感じ。

これまで母からのお願いごとといえば

「洗濯ものちゃんとしまいなさい!!!」
「早く風呂に入りなさい!」


そんな類のものばかりでした。
がそれも、既に6年前には自立して実家を出た私には無縁のもの。
深夜に風呂に入ろうが、畳んだ洗濯物が出しっぱなしだろうが、とがめる人などもういない。

実家で何かあっただろうか?


だいたい母から電話なんて、月1回もないです。


「何?」

不安と共にやや緊迫気味に問いかけました。
と、ためらい感漂うため息と共に、やや間があって・・・




「きよしのコンサートついてきて」




きよしかよ・・・。心配して損したわい!


数年前から氷川きよし大ファンの母。

ファンなりたての頃は
「氷川くん」
と呼んでおり、彼を見てときめいている様子は、我が母ながら少しかわいいなとは思っていたのですが、しばらく経つと

「きよしくん」

と彼に対する呼び方に馴れ馴れしさが伴い始めました。
それに比例して、応援の仕方が過熱していくのも気づいておったはいたのですが、もはや呼び捨てとは!


これまで「きよし」のコンサートには数々の友人を巻き添えにして数え切れないほどに足を運んでおるようですが、友達は全員母のおつきあい参加。
それで、さすがに心苦しくなってきたのか?
今回は気兼ねない娘を同伴者に選んだ模様。



ま、書くまでもなく、きよしより断然ドルジの私ですけど、確かにいい声はしてると思うし、何よりマダムらの白熱ぶりを見るのもおもしろそうなんで、了承。
で、一度承諾したら、当初の遠慮感はどこへやら


「カレンダーにちゃんと書き込んでおいてよ!予定入れないでよ!!」


がみがみ、がみがみ、洗濯物しまいなさい!と同じ口調で言ってくるからたまんない。
名古屋場所、行くんだ~なんて私のささやかな近況も軽く無視で、きよし関連の情報を聞いてもいないのに次から次へと・・・よくもまあそんなにかき集めてきたもんだ。


まあいいでしょ、元気でなにより^^;
てことで、言われたとおり、所持する相撲カレンダーの9月、我が愛人朝青龍の誕生日の前日に「きよし」と書き込んだあこあこまんでありました。


きよし体験の際にはまた記事にさせて頂きます。



そんなこんなで吉田と共にもうひとりの行方不明者「店長」のことを書こうと思ったのですが、
長くなりましたのでまた今度。

それでは^^

| | コメント (8)

2007年6月 7日 (木)

試練回避ざます?

Vfsh0081_1



左)別冊「趣味の園芸」花の庭12ヶ月

右)大相撲名古屋場所50年 報道写真集








なんだかこうして並べてみると、ちょっと早い敬老の日のプレゼントみたいですね。
おじいちゃん、おばあちゃん、ありがとう!長生きしてね!

ってちゃうちゃう。
両方とも、30才の人妻が自らのために一昨夜レジに運んだ2冊です。


早速帰宅後、相撲→庭→相撲→庭と慌しく交互にページをめくっては興奮。
思わず、力士志願のために両国まで行ってしまいました!


なんてこたぁさすがにないけども、
今日教室を終えたその足で、ふらふら~と花屋へ。
気づいたら、ベランダで新たな苗をいそいそと埋め込む私がおりました。



昨夜帰宅した旦那に「趣味の園芸」にあった、バラやハーブなどが咲き乱れる大変おしゃれなお宅の写真を見せつけながら


「将来、うちが家建てたら、こんな感じにするからね!」


と声高らかに予告したのですが


「えー・・・なんか、もさもさじゃん」


なんて眉をしかめつつ、この写真撮影に協力してくれた、岐阜県の山田さんに極めて失礼な感想を述べておりました。


そんな言葉にめげずに、今日新たに仲間入りしたのは、

イングリッシュラベンダー
セージ
カスミソウ白とピンク
アキなんとかって言う観葉植物系のもの


こうなったら、どんどんもさもさにしてやる!
むははははははは!!


それにしても随分日が長くなりました。
19時くらいまで庭仕事可能ですからありがたいですね。



てことで、昨日・今日は教室を開講しておりました。


そんで、来ましたよ来ましたよ、例のおぼっちゃま。


とりあえず、レッスン開講日すらうまく伝わってなかったことが不安だったので
いつもなら、口頭案内で済ます些細なことも、いちいち事前に書面化して臨みました。
また留守番電話を母上の声で埋め尽くされても困るし。


私ね、勝手に細くて小柄な子を想像しておったんですよ。
留守録も蚊の鳴くような声だったし。

ところが現れた風貌は「柔道初段」
けっこうでかい。


「これは、暴れられたら、力自慢の私も取り押さえられないかも」


と若干不安に。
が、終始にこにこ、にこにこ、大変穏やかな子なんですよね。
残念ながら、柔道風スタイルは見掛け倒しで、たどたどしい話し方は電話だけではなかったのですが、

「あー悪い子ではないんだろうなあ」

との印象。
話を聞くと、ボランティアで授業後の地元小学生の面倒を見ている様子。
子供らにとっては、優しいお兄ちゃん的存在なのかも知れない。


素直だし、こちらが言ったことはきちんとメモをとっているし、生徒としては大変好ましいタイプだったんです。


ただ、シフトの調整もなにも、23歳ながらアルバイトも週1程度しかしていないみたいだし(何か事情があるかも知れないので、その辺は私がどうこう言う立場ではないけども)
悪いお姉さんにころっと騙されて指輪のローンでも組まされそうなタイプ。

そして、なにより、あのオカン。

将来は厳しそう・・・。頑張れ・・・。



つうかね、あたし、彼のこと知ってました!
よく行く店のレジ員なんだもん!笑

びっくりした~


時々、対応はいいが、もじもじした感じの男の子がレジにいるなとは思ってたんだけど


「おまえだったのかよ!!!」

見た瞬間、うっかり口に出そうになりましたがな。


ほんとにどこに生徒及び生徒候補が潜んでるかわかんないので、地元で下手なことできないんですよねえ。


そんなこんなで試練は思ったほどの試練にはならずに済むかも。
ご心配おかけしました。

とは言え、しばらくしたら母上から


「うちの子どうざます?」

なんて電話がはいるかも知れませんが

「大丈夫ざます」

と適当にあしらうことにします。それでは^^

| | コメント (7)

2007年6月 4日 (月)

まだ見ぬ我が子へ、詫び状。

私、絵が苦手。
中学時代、美術の成績も「2」でした。
不良でもなく、しっかり授業に出席し、本気で作品を仕上げてもです。

旦那も、全教科で一番苦痛だったのは「美術」の時間だったそうで、その辺似たもの夫婦かもしれません。


でも、ふたりともドラえもんだけは、自信がある。


そんな話になりまして、実際描いてみることに。
まずは、私の。

Vfsh0071_2

どう?
なかなかなもんでしょ?へへ。









Vfsh0072_2

こちらは旦那の作品。

私のよりは似てないけど、まあまあじゃない。
中国の偽ドラよりは優れていそう。




さすがドラえもん本場の人間が描いただけありますね。



二人してご満悦になったところで、ミッキーマウスにも挑戦。
多分描ける!あっちこっちでよく見かけるキャラクターだもの!

考えてみれば絵を描くなんて久しぶり!
童心にかえって、いそいそペンを握ったわけですが・・・







Vfsh0073_2
あこあこまん作。

うーん・・・ちょっと・・・違う?^^;

でも、よいこのみんな、ミッキーさんてわかるよね?!
ね?ね?








ちなみに旦那のミッキーさんを覗いてみると・・・

Vfsh0074


なにこれ?

霊?

ふざけてるのかと思いましたが、旦那の顔は真剣そのもので、かける言葉もありませんでした。




気まずい沈黙の後、気を改めて挑戦したのは、
モンゴルの草原でも間近でたくさん見てきた馬!

脳裏にも、人をも乗せて爽快に走る雄大な馬の姿が鮮明に浮かんできます。


馬、馬と・・・。


できた!ヒヒーン!!!


Vfsh0075_1


あこ作!

たてがみまでしっかり描きこみ!
どう?これはまあまあだよね?!




と自分としては、結構うまく仕上がったと思ったのに、旦那が肩を震わせ笑いをこらえています。


「失礼な!どうみたって馬だが!!んならあんたも描いてみやあ!」


とペンを突きつけ、待つこと数分。
自信ありげな顔で渡された紙上には・・・

Vfsh0076_1


馬ではなく、ムツゴロウさんですらもわからない新種の生物がおりました。

ブタにでも容易に追いかけられてすぐに捕まってしまいそうな風貌。
トラやライオンなんかは、よそ見しながら何かのついでに捕獲してしまうそうです。







結局、私たち夫婦は互いの作品を見合わせ、小さなため息をついた後は、新たなお題を口に出すこともなく、紙とペンを放った脇で静かにニュースを眺めておりました。

このような遺伝子をひきついだまだ見ぬ我が子が、美術の時間に苦労することは想像に難くありません。
ごめんよ・・・。




さて、昨年から何かとごたごた続きの我がバイト先。
このいきさつを書くだけで、10連載ぐらいできそうな勢い。



最近では、夜バイトに来ていたもともと奇怪なおっさん(この奇怪っぷりだけで1記事完成可能)が、シフトが気に食わないとキレてドロン。
携帯依存で、バイト中も常にメールの女子大生も、注意されたらドロン。
レジ金くすねていた学歴・年齢詐称と疑われるパートもドロン(過去、私のレジミスにしようと仕掛けられたこともあり)



そして今日、パートさんに落ち度を指摘された、本来このごたごた続きをとりまとめるべき店長(元々超問題あり)が爆発し、営業中に
「辞めてやる!!」
の言葉を残して、消えていきました・・・。マジありえねえ・・・。


こうなったら、あたしもひと暴れしてやろうかな。


なんてね。
個人的にはここにあまり不満はないのですが・・・。


修羅場を乗り切る術だけは、確実に身につけているような気がする今日この頃です。
今週もよろしく。





| | コメント (11)

2007年6月 1日 (金)

試練開始

今月は様々な雑務が一旦落ち着き、わりと時間に余裕がある見込みなので、バイト先が人手不足なこともあり、多目に顔を出すことになりました。

さっそく今日は12時から21時のシフトでアルバイト。

やや疲れ気味に帰宅し、ふと電話に目をやると、留守録が4件との表示。
再生してみると・・・


1件目「ガチャ・・・プープー」

まあ、よくあることだ。
はい、次。

2件目「あの・・・〇田△夫ですけど・・・今・・・あの、えっと・・・教室に来たんでちゅけど・・・、もにょもにょ(聞き取り不可)・・・会館の人は今日はやっていないって・・・あの・・・・・・*+%$#&(聞き取れず)」


シーン・・・。


はい。
勘のよい方はお察し頂けたかと思います。
〇田△夫さん。

昨日記事にしたばかり。
例のおぼっちゃまからのラブコールです・・・


23歳の男性・・・聞き間違いではなかったことは
変声期を無事に卒業した証である低音の声が証明しておりました。
だけど、おはなし口調は、ようちえんねんのねんちょうさんみたいになっちゃうのよね♪(汗)


これは予想以上かも・・・

つうか、今日レッスンやるなんて一言も言ってないんだけど!
疲労が一気に倍増。
どうして来ちゃったの?!
日時に関しては、何度も念押ししたはずなのに。



頭を抱えながら3件目再生

「先日お電話させて頂きました〇田でございます!お聞きしたいことがございましてお電話いれさせて頂きました!またご連絡致しますう~♪」

今度はお母様でした・・・


「ママあ!せっかく行ったのに、やってなかったよう!どしてどしてえ!電話してよう!」

泣きついたかも知れません。

嫌な予感と共に4件目再生

「何度も恐れ入ります、〇田でございます!一度ご連絡頂けませんでしょうか!よろしくお願い致します~!」


くどい!!(苦笑)

恐らく一件目の「ガチャ」も、おぼっちゃまからで、発声する勇気がなくて切ってしまったのだと推測できます。


ともかく、なんだか親子で今日が初レッスンと思い込んで大騒ぎになってる様子ですし、また架けてくることは容易に予想できますので、すぐ折り返すことに。


「夜分に恐れ入ります、×教室の△△と申しますが〇田さんのお宅でよろしいでしょうか?」

との問いに

「はい、そうですう~」

たどたどしく出てきたのは、留守録で聞いたばかりのおぼっちゃまの声。
さあて、先生のお話、わかるかなあ?


と思いきや


「あの、えっとえっと、代わりますう・・・」

代わるんかい!!!習うのはおめーだろ!おい、こら待て!!!(滝汗)

と先生の心の叫びむなしく、母上登場。


「夜分にすみませんです先生~今日レッスンじゃございませんでしたっけ?1日と15日って伺ってたものですから、行かせたんですのよ~」


そんなこと一言も言ってねえよ!幼稚園のお弁当の日かなんかと間違ってんじゃねーの?!


なんて思いつつ、困惑を隠しつつ、丁重に再度レッスン日を説明して差し上げると


「おほほほ、勘違いしてしまったようで、すみませーん!♪では、よろしくお願い致しますう!☆」

とご納得頂き電話を切ったのですが・・・
やっぱり来るのね・・・いや、いけない。そんなこといったら罰が当たります。
大事なお客様ですよ。


と思いつつ、試練の予感が確信に変わり、苦悩するあこあこまんでございます。


本日、若干22歳で、異国文化の最高位にたち、ごく一握りの者にしか許されない儀式を大衆に迎えられて華々しく披露した若者も入れば、こうしてママの背中に隠れて電話すらまともに対応できないでいる23歳もいる・・・


この差はなんなんでしょうか。


ああ、でもよい体験だ。
こうなったら、あたしが男にしてやるよ。
多分無理だと思うけど・・・笑


頑張ります。
初対面は6日。
ご期待あれ!





| | コメント (9)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »