« ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑰ | トップページ | ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑲ »

2007年4月17日 (火)

ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑱

Vfsh0136_1
ケツ、はみ出してるよ~!


ツバメの巣が近所の郵便局にありました。






旅行記続き++++++++++++++++++++++

4月13日(火)

ついに、自宅へ帰る日がやって参りました。
と、その前に、どうも近くに「丸亀城」ってのがあるらしいんで、寄ってみることにしました。
なんだか石垣の高さが日本一なんだとかで?

「とはいえ、どうせ、ちゃっちいんだろ」

昨夜からふて腐れモードの私は期待してなかったけど、駄目もとで足を伸ばしてみることに。


と・・・あれ?
あれだよね!うそ!


170_1


本当に、お城が高い所にぽつねん、と!
おもしれ~!
「これは、行ってみなくては!」
慌てて、門をくぐり抜ける。




敷地は庭園風。
そして、城までは石垣に囲まれた坂を、ぐるぐる、うねうね、あがっていかなくてはいけないの。
ちょっとしたハイキングコースですよ。

164息切らし気味によじ登っていく。



169 見事な石垣!

とされる位置。あたしはこういうのの良し悪しは全然わかんない。美しい曲線が素晴らしいと書いてありました。ここだけで20mあるんだって。


167

最後は、こんなに急。
遠足に来ている(?)園児がハーハー言いながら
「もうすぐやけんね!」とお友達を励ましていました。
子供の話す讃岐弁はめちゃプリティ。



そして・・・


161

ついに、城とご対面!
城自体は小ぶり。


それより・・・




152
あがってくるときから薄々気づいてたけどさ。
見晴らし、超いいんですけど!
瀬戸内海まで、しっかり丸見え!


丸亀ったら最後になんだよ~泣かせるな~





しばし見とれて、城の内部も見学することに。

ほとんどの天守閣はだいたい再築されてるけど、ここのはできた当時から手入れ無し。
500年くらい前にできたんだったかな。ごめん、忘れた。とにかくすごい古いわけ。


入ると、初老のおじいさんがぽつねんと座ってらっしゃて、マグカップ片手にまったりと守をしてらっしゃいました。


他に誰も見学者がいなかったので、城内ひとり占め。
おじいさんがコーヒーすする音と、あたしが鳴らす床の音だけがBGM.。


150

あこあこまんで、ござる!


窓から地上を覗いてみる。



153
敵がいるでござる!

つうか、高!!
後ろから誰かに「わ!」って背中おされたら、絶対パンツ濡らします。



最後に人吉のみやげ物屋を彷彿させる、朗らかな守のおじいさんと世間話して

「それでは」

と、やや気取った笑顔で城を後にしたのですが、改めて城の外観を眺めていると、おじいさんが城から飛び出してきて

「靴!!」

と。そこには城内用のスリッパを履いたままの私がおりました。


敷地内には丸亀うちわのお店もありました。
うちわの産地って言ったら、全国でも3本の指にはいるそうな。
私も城の入り口に少し置いてあったうちわグッズを購入したのですが、詳細はみやげもの特集で。




そんなこんなで意外な名所との出会いに気をよくした私は、城を出ると前日の雪辱を果たすため、うどん屋に再チャレンジ。
夜が明けてみれば、丸亀もうどん屋がたくさん。
適当に歩いて、適当に入店。


まだまだ午前中のせいか店内は閑散。とはいえ、
若い店主がリズムよくうどんを打つ音から、気合が伝わってくる。
ランチ時になると、混雑するんだろうか。
近くには役場もあります。


パラッと広げたスポーツ新聞の
「横綱2連敗!」
の見出しに暗い気持ちになるも、出てきた天ざるを目の前に機嫌戻して

「いただきます」

と、これはかなりのコシ。ちょい硬いかなーとも思ったけど、うまかったっす!
最後にちゃんとしたうどん食べられて、よかった^^


さて、ホテルで預けてあったキャリーを貰って、丸亀駅へ。
電車の時間まで、駅の喫茶店で隣客の讃岐弁を楽しみながらコーヒーを頂き、
愛する旦那の待つ家へ、出発!
との運びとなりました。

続く。

|

« ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑰ | トップページ | ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑲ »

コメント

やるね~っ!丸亀城!!
この感動のための序章だったんだわ~昨夜の悪夢w
こしのあるうどん食べたくなってきた!

投稿: IT | 2007年4月17日 (火) 21時57分

オレだったらこの坂道を登る途中で引き返してるかもw
しかし丸亀も最初はがっかりさせといて、後で喜ばすなんてツンデレな街ですなー(爆

いや、ホテルがぼろいだけか・・・

投稿: どこかのタカ | 2007年4月17日 (火) 22時21分

終わりよければすべてよし、ではないけれど、丸亀もすてたモンじゃなくて(?)よかったですね。前夜の悪夢があったからこそ感激もひとしおです。
おみやげ特集たのしみにしてまーす。

投稿: ジュン | 2007年4月17日 (火) 22時29分

ITさん>

>この感動のための序章だったんだわ~昨夜の悪夢w

うまいこといいますね!ほんとその通り。
なんだか結構昼間は人も歩いていてね、明るい感じなんです。
丸亀は朝型の街だったんだなあ。
もともと、コシの強いうどんが好きだったのですが、前日のかな泉のもちもち感が気に入りましたね。
最も味噌煮込みをやるときは、若干芯を残す感じにしますけど。
外部の方は「ちゃんと茹でてない!」ってお店で苦情いった
りもするw

タカさん>

そうなんですよ、結局ホテルが悪すぎた!
7千円の宿代で、期待しすぎたのかも知れませんけど。
いやいや、坂、登り切って下さいw
瀬戸内海が、ほんとに美しくて和みましたから。
嵐の日の瀬戸内海とかもどんな感じなのか見てみたいです。
だけど、嵐の日にあの坂を昇るのはつらいかも・・・苦笑

ジュンさん>

安価の食い物ばっかでつまんないかも知れないですけど、期待薄でおいで下さい(笑)
丸亀は他に美術館と、なんだかすごそうな庭園があるらしいです。新しいホテルでもできたら話は別ですが、宿泊は他所でして、半日観光でもされたら、結構いいかも!
夜はかなり陰気なイメージでしたけど、その分わりと瀬戸内海の暖かさも手伝ってか、明るいイメージで人も結構歩いていました。
うどん屋も朝7時から17時までの営業。完全朝型の町なのかも。

投稿: あこあこまん | 2007年4月18日 (水) 01時45分

弘前城も再構築されてるので
天守閣はかなり小さいんですよね。
心無い観光客に馬鹿にされるみたいです。
それにしても、お城のある所から
海やら山やら街がいっぺんに
見られるとは良いところじゃないっすか。

そうか~2連敗の次の日でしたか。
やはり応援を初日からしなかったからかも^^;

投稿: じゅん | 2007年4月18日 (水) 16時10分

汚名挽回できたようでヨカッタです^^
うちはこのへんから車で20分くらいなので全然近所じゃないんですが、
丸亀城は小さい頃から父親と一緒によく行ってました。
で、父親は石垣をロッククライミングのように登ってました^^;

ほんとホテルのことさえなければ......ですね。
あのホテルの横の道、けっこうよく車で通るんですが、
三越は「......?」と思って知ってたけど、
その横がホテルだったとは意識したことなかったです。

投稿: もっく | 2007年4月18日 (水) 18時46分

汚名挽回できたようでヨカッタです^^
うちはこのへんから車で20分くらいなので全然近所じゃないんですが、
丸亀城は小さい頃から父親と一緒によく行ってました。
で、父親は石垣をロッククライミングのように登ってました^^;

ほんとホテルのことさえなければ......ですね。
あのホテルの横の道、けっこうよく車で通るんですが、
三越は「......?」と思って知ってたけど、
その横がホテルだったとは意識したことなかったです。

投稿: もっく | 2007年4月18日 (水) 18時47分

じゅんさん>

>だったら、けえれ!!よそ者め!

って言ってやれえ!笑
丸亀城は、もっと観光名所として大々的に売ってもよいかと思います。あんなことになってるとは知らなかった!
旅の間中、食いすぎだったからいい運動にもなったし。
岐阜城の眺めもなかなかで有名なんですが、丸亀には負けてましたねえ。瀬戸内海があれだけ展望できるとは、憎いですw

>やはり応援を初日からしなかったからかも^^;

やっぱり・・・愛人の力が足らなかったからですよね。
あの魔の千秋楽もリアル観戦できてなかったし・・・

もっくさん>

車で20分くらいのとこですか!
どこなんだろ^^讃岐どころには間違いなさそうですね。
るみおばあちゃんのとことか、がもうとか、普通に食ってるんでしょうねえ、いいな。
って香川の人でも「うどん嫌い」とかいるんだろうか?

それにしてもロッククライミングとは!笑
登れるんですか!驚

嘘三越に隣接してますよ~。あれ、三越なのかなあ?マークも三越と全く一緒だったけども。
ホテルの1階にこれまた古典的なラウンジみたいのあって・・・
あ、でも夏はビアガーデンあるらしいですよ!^^
それにしても是非展望風呂を体験していただきたいものですw

投稿: あこあこまん | 2007年4月18日 (水) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑰ | トップページ | ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑲ »