« ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑭ | トップページ | ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑯ »

2007年4月12日 (木)

ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑮

旅行記続き☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

132下膨れの顔の私は、小学校の頃「やーいふぐ~」と男子にからかわれていました。
そんなわけで、

「ふく天うどん」



駅の食堂でこちらを頂きました。下関っていったら豊真将の次に「ふく」を思い浮かべます。
安価で申し訳程度のふぐが入ってるだけの質素なうどんでしたけども、気分だけでも。


さて、そろそろ旅立ちましょうか。

キリないんで、この日のこの先、ささっと通過します。

16:54「下関」発

まずは、山口県をまるまる横断。

3時間後・・・

19:54「岩国」着 ぎりぎり、ここまで山口県。


うげえ・・・マジ疲れた。これで「山線」や「川線」みたいな豪華な景色だったら楽勝だっただろうに。

あこあこまん、お疲れ様~


なんて伸びする間もなく、

19:59「岩国」発 
ややあって、今度は広島県上陸。

中国地方で一番の都会、広島。さすがに市内に入るとネオンでだんだん明るくなってきて・・・

20:45「広島」駅 到着~!腰、痛!ケツ痛!ぐああああああ!
本日の列車走行距離 280.7キロ 

今日はここまで!ホテルについたのは21時過ぎ。
時間も遅かったし、ちょっと繁華街を見学したくらい。
観光は明日にします。
博多ほどでもないけど、結構都会な広島で、おやすみなさい。


てことで翌朝。
3月12日(月)5日目


行くのはちょっと怖かったですね。
ドキドキしながらも、まず見ておきたかったので、朝一番で向かいました。


127

あった!

「えええ?思ってたより、小さいや!」

てのが第一印象。TVでよく終戦記念日に見るけど、もっともっと馬鹿でかい建物だと思ってました。

原爆ドーム、まだ見たことなかったので来てみました。資料館はパス。勇気ないっす。

 
070412_1834_1 
123


瓦礫もちゃんと残してあるんですねえ。
もっと遠巻きに見るものだと思ってたけど、わりと近い距離で確認できるのも意外でした。



116

この川の中にも多数の亡骸があったと聞いてます。
そういう人たちの犠牲の上に、今があるんだもんな。

いやしかし、地球誕生からの歴史の長さを考えたら、戦争中も今も同時期だよねえ。たまたま私は生きているわけだ。

なんてことを考えながら、川を心静かに眺めていたら、隣でおっさんが

「カーッ!!!ぺっ!」

と豪快な音をたて、川にツバを吐きやがりました!ていっ!(`Д´)ノ

それにしても、美しく整備された公園に、穏やかに佇むドーム。
とんでもない悲劇の中にあったものとは信じるには、あまりにまわりがのどかで平和で。不謹慎ながら、ちょっとした遺跡でもみてるような気分に陥りました。

もっと怖い雰囲気のものだと思ってたんです。これまた意外でした。



さて、そのまま市内の中心部をぶらつき、向かった先は広島焼きのお店。


と、ぶらり入ったお店が、なにやら気難しそうな親父の店で・・・しかも親父の顔、長っ!

親父の前に座るのは気が引けたので、カウンターを避け、ひとりでテーブル席占領しようとしたら、

「はあ?てめえ、何様じゃ」

てな顔でカウンター席に座るよう指示されました。


それでカウンターに座り直して目の前で焼いてもらったんだけど、これがでかい!!
もう、半分でおなかいっぱいですよ。

「ごめん残すわ・・・」

なんてとんでもない!
チラッと顔を盗みみたけど、相変わらず長くおっかない顔で、黙々お好み焼きを焼く親父。

「食えねんなら、頼むんじゃねえけん!」←広島弁のつもり

なんて展開を想像しては震え上がり、一生懸命食べました。完食しましたよ。
そんなお店の名は「ヘンクツヤ」


やっぱりね!笑


味は素朴でよかったですよ。それから親父の弟子らしき店員は柔和そうだった。カープの選手も常連らしい。
大変に大柄な男数人がテーブル席にいたんですが、もしかしてそうだったのかな?



とういうことで、ついに、最終宿泊地に向け出発です。

|

« ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑭ | トップページ | ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑯ »

コメント

原爆ドームも思ったより
小さいんですね。
札幌の時計台を見た時に
軽くショックを覚えたので
そんな感じになるのかなぁ。

「ええええ!?」
という感じですってどんな感じじゃ!

犠牲者がたくさん眠る川に
たんを吐くなんて・・・。
しかもその現場に出くわすなんて・・・。
ぶらり入った店で威圧されるなんて・・・・^^;

投稿: じゅん | 2007年4月12日 (木) 20時20分

山口県横断は新幹線でもしんどいんで在来線はもっと大変だったでしょうね。

「ふぐ」いいっすね!本当はふぐ刺しと行きたいところなんでしょうけどね^^;

あと原爆ドーム。オレが行ったときは夜でライトアップされてました。
でも何か怖かった(汗

ちなみに、お好み焼き店の店主は頑固ジジィではありませんでした。
でも何か怖かった(汗

投稿: どこかのタカ | 2007年4月12日 (木) 22時04分

広島にも寄ったのね~すごい行動範囲
市電が便利そうだけど何系統もあって分かりにくいでしょ
確かに広島焼きって焼きそばみたいなものまで入ってすごい
ボリュームですよね
お店の人なんだか殺気だって焼いてますね~早く喰えオーラが出てるw
自分で焼いてのんびり食べる関東風がいいな~(^^;)

投稿: IT | 2007年4月12日 (木) 23時30分

じゅんさん>

札幌の時計台は「がっかり観光名所」として有名なんだそうですね!ついこないだもうちの生徒さんがあまりの小ささに驚いたと言ってました。
まあね、川にツバはくのはいいんですけどね、わざわざ私の隣でしないでくれないか?って戸惑いがあったことは否めません。
なんで、おっさんてすぐツバ吐くんでしょうねえw

タカさん>

山口は車窓も単調で・・・地味な県なんですねえ・・・^^;
ふぐ寿司弁当みたいのもあって迷ったんですけど、豚骨暴食してきたんで、やめたんですよねえ~・・・

ドームは夜ライトアップですか!
ううん、静寂な公園なだけに、ちょい怖いのかな?
そういえば柵の中にタバコの吸殻が投げてありましたわ!
柵の中はブザー鳴るらしいから、手も伸ばせず片付けられなかったけど。

>お好み焼き店の店主は頑固ジジィではありませんでした。
でも何か怖かった(汗

ああやっぱり・・・w
鉄板からの煙でついついしかめっ面になっちゃうのかなあ?

ITさん>

そうそう、焼きそば入ってないのもあったのに
「せっかく本場だから」
て入れてもらったのが間違いだったんですよー
もう、小麦粉だらけで腹ぽんぽんw
広島の市電はそういえば乗らなかったなあ!
市電があると、なんとなく町全体が古めかしく見えます。


投稿: あこあこまん | 2007年4月13日 (金) 20時38分

おはようございます。

うちには私が小さな時から、母が買いそろえたいろんなハードカバー本の本棚の中に当時の広島の様子が大量に写った写真集っぽいのがあって…子供の頃から見てました。

見てたけど、当時も現在もあの頃の風景とは全然違うから、「日本」という実感がなくて、「どこか遠くの国の戦争の写真」という感じだった子供の頃。背中を大やけどをした子供の写真とか、全身大やけどの人々が道を逃げている様子とか。
それがほんの数十年前の国内の写真だと認識したのは何歳くらいだったかな…。
その本も無茶苦茶傷んでしまったので、引っ越しの時処分したのですが、あの中に写っていた写真は今後も忘れてはいけないと思いますね。
そっか、原爆ドームって、そんなに大きくないんだ…。
ああいうところにペンキやスプレーで落書きするニンゲンって、どういうんでしょうね。

投稿: みちょこ | 2007年4月14日 (土) 07時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑭ | トップページ | ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑯ »