« ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑱ | トップページ | ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑳最終回 »

2007年4月18日 (水)

ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑲

うちの前で市議員候補者の演説が朝早くから始まり、騒音起床。
耐え切れず旦那さまは撤退依頼のため選挙カーに物申しに出かけました。
が、謝罪どころか

「選挙中なんやで我慢して」

と言い放ってきたんだとか!

朝から住宅街で具体性のないスローガンをわめき散らすことで票が集まると思い込んでるその小脳っぷりに、今後の活動に期待は全くもてません。

「あとどんだけおるつもりなんや!怒」

と聞いたら「2分」とのことだったので、旦那は

「2分経ってもまだおったらまた出てくるでな!」

と言い残して帰宅したとか。私はこれから、この話を至るところで話すつもりですから、この議員の票がどんどん失われていくことは、言うまでもありません。
さようなら。


旅行記続き***************************

本当にこっから家まで1日で帰れるのかしら?
時刻表みる限り、OKなんだけど。
てことで

11:41「丸亀」発

再び、本州に戻ります~。

175_1 172

四国側から見る、橋を渡る前の瀬戸内海。

「また来るでね~^^/」






12:35「岡山」着。

車内で聞く岡山弁、かなり個性的でした。
アクセントは関西風、でもって語尾に「~が」「~けん」「~きゃん」って色々つくのね。
聞いてておもしろかった^^


岡山では、きび団子調達のため、一瞬改札の外へ。

13:10「岡山」発。

岡山駅では四国に向かわない列車が来るときは

「もーもたろさん、ももたろさん♪」

の音楽が流れるんですね。楽しい気持ちになって、気づいたら、顔を右・左・に揺らしてリズムに乗っちゃってました!(恥)


さあーてこっから長期戦。
とにかく、耐えられるだけ進んでしまおう作戦です。
こっから先は、初めて訪れる都府県も皆無で、目新しさもないですし。

どこまで粘ったかって言うと。

12615:38
兵庫県の「尼崎」着
まあ、トイレに寄っただけなんですけど、あたしの出生地でもあります。母方の実家が東大阪市に移転するまで、よく来ていました。



15:47「尼崎」発。
この辺りになると、気軽に下車してもすぐに電車が来るから安心。
はるか彼方になってしまった「しんぺい号」の辺りでこんなこと絶対できません!

まだまだ踏ん張ります。
というのも、大阪・京都の帰宅ラッシュを避けたかったから。
西日本最大の都市ですから、事態は簡単に想像できるわけで。
この時点でも、結構な混雑でキャリーが邪魔でしょうがない。
春場所がやってたので、後ろ髪ひかれる思いもありましたが、我慢。


京都を出ると、常にパンパンだった車内も落ち着き・・・

もう無理!飽きた!
と下車を決めたのが

13816:59「草津」駅着 京都寄りです。
5時間ほど乗りっぱなしでした^^;

東海道53次の宿場町でもある、滋賀県の草津市です。






ひっそりとした韓国料理屋さんで早めの夕食。
出るまで暇なんで女性週刊誌を手にとったら「紀子様妊娠7ヶ月」との見出し!古!
もう赤ん坊とっくに生まれとるわい!

味はそこそこでした。駅近くの平和堂にありました。

18:05「草津」発

時々見える琵琶湖を拝みつつ

18:47「米原」着 こちらもまだ滋賀県。岐阜県寄りです。

構内に出て「寒!」って思ったら雪積もってました。
春に向かってるはずなのに、この頃、日を追うごとに寒くなっていて、最後にとうとう雪。軽装の私、次発の列車を待つまで、かなりブルってました。

19:08「米原」発

そしてとうとう

20:10「名古屋」着

あたしの故郷、名古屋に帰って参りました!
昼まで四国にいたのに、嘘みたい。
なんだか、信じられないまま、高島屋の下でお茶休憩。


名古屋には通算20年ほどいて、今までなんとも思わなかったけど、こんな時間でもものすごい人が構内を歩いてんのね。
東京はもっともっとすごいだろうし、丸亀や人吉のように、静かな夜を迎えてる駅もあって、駅すらない田舎にいけばそれはもっと顕著でしょう。
同じ時間の同じ国でも、本当にいろいろな顔がある。

旅を振り返って、深く実感致しました。


しみじみしながら、最後は近鉄に乗って、結婚以来世話になっている三重県某駅へ着いたのが22時前。

最終日、列車走行距離は・・・454.6キロ!
枕崎から、1394.2キロ!!頑張りました。いや、頑張ってくれたのは運転手さんか。





帰宅すると、玄関にこんな手紙が置いてありました。

Vfsh0137_1

旦那から。
受験シーズンで忙しい時期に、なにも手伝ってあげられずに家をあけてたのに。



あまりの温かさに、胸が熱くなりました。旅が終わったのはさみしかったけど、大好きな旦那と再会できたことはそれ以上の喜びでした^^



それでは次回、本当にくだらない「みやげもの」特集で、この連載を終えることにします。

|

« ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑱ | トップページ | ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑳最終回 »

コメント

冗談でもなんでもなく
最後の手紙読んで
泣けてきたではないか。゚(゚´Д`゚)゚。

さすが先生、字がキレイだね。
お疲れ様でした。最後はお尻痛かったでしょ。。。^^;
それにしても濃厚な旅、こちらも楽しませてもらったよ!
次回も楽しみにしてる~♪

投稿: ルコ | 2007年4月18日 (水) 22時09分

結局ノロケかよ!ちっ!!^^

あこさんはダウンタウンと同郷ってことですよね?
出生地にトイレだけの為に下りたのは
あこさんらしいかなと^^
勿論、大きい方ですよね?

旦那様のようにきちんとその対象に抗議をするというのは
素晴らしいと思います。
ただ腹を立てるだけというのは
その連中と同レベルですからね。
字って性格が出ると思ってるので
きちんとされてる人なんだろうなと
手紙を見て想像しました^^

投稿: じゅん | 2007年4月18日 (水) 22時10分

うわ、その選挙カー最悪ですね。
マイクではえらく謙虚なこと言ってるけど、正体はそれですよね。
いつか「おまえのその仮面の下は笑ってないぜ!」とヤジってみたい。ま、実際は言えないですけどねw

ついに旅は全日程終了ですね。全19回、楽しく読ませてもらいましたよ。
あこさんの旅はおもしろいんで、今度旅に出るときは後ろからこそっとビデオに撮って、「ぶらり途中下車の旅」風なナレーション付けさせてもらいます。「この人、ストーカーです!」って通報しないように!

投稿: どこかのタカ | 2007年4月18日 (水) 22時10分

締めはのろけかよ~とツッコミw
でもこの置き手紙ちょっとウルウルきたっ!
帰ってきたっ!って感じするよね~ありがたいわね
名古屋駅って天むす駅弁求めてアチャコッチャの
ホーム探し歩いたの思い出すわ~そこが玄関口なのね

それにしても交通便利な所に住んでると5分10分の待ちにいらついて
しんぺい号とかに「そんなに急いでどこに行く?」って諫められてる様なきがするね

投稿: IT | 2007年4月19日 (木) 06時19分

ルコ>

確かに顔に似合わず字がきれいなんだよね・・・
帰ったら家もきれーーに片付いててさ、
「こいつ、いいやつだなあ」
なんて思っちまったわよ!w

ケツ痛に、背中とか腰もだいぶきてたねえ。
キャリーをひっぱってたから、最初は腕が痛かったんだけど、そっちは旅の途中で慣れてしまったけど。
楽しい旅のエキストラ出演、どうもありがとうございました^^/

じゅんさん>

いやいや、これは意外に「小」だったんですよねえ。
「大」はパンタロンホテルで、たくさん落としてきましたから。
そうそう、ダウンタウンも「尼」出身なんですよね。
でも尼は母の里帰りで生まれただけで、育ったのは枚方市なんですよ。結婚前までずっと本籍も枚方でした。

うちはクレーマー夫妻なんで、正当な抗議っていうよりただのわがままって言ったほうが相応しいかも。
「もうやだ!なんで?!」
って思ったらすぐ直談判してしまう・・・マジうざいと思いますけどお陰で家賃のUPも撤回させました^^;

タカさん>

きょう早速生徒に、傲慢選挙カーの話を触れ回ったので、どんどん票を失っていくこと間違いない!はず?
ただ爆笑されて終わった気もしたけど・・・^^;

タカさんの旅こそ、おもしろそうですけどね。
名古屋にも一度いりゃーせ。
味噌煮込み味噌カツ、味噌パスタで味噌漬けにしてあげますから!待ってます!w

ITさん>

名古屋駅は、ここ3~4年で相当変わりましたので、また機会があったら是非おいで下さい。
数年前までは、おもしろいのは名古屋駅より栄だったんですけど、今は結構いい勝負かも。
結婚前まで、ずっと地下鉄利用で、5分も待てばじゃんじゃん電車が来てたのに、三重に来たら、15分に1回くらいしか電車がこないようになって
「くそ田舎め!」
ってよく文句言ってたんですけど、今回反省しましたw
いっぱい電車がこればいいってもんでもないですしね。

のんびり揺られた枕崎線が私のベスト車窓でした。

って、こんな大事なこと、記事に書くの忘れてた!w


投稿: あこあこまん | 2007年4月19日 (木) 21時01分

お疲れさまでございました〜!!
いい旦那さんじゃないですか!!
我が家の両親とあまりにも違うんで、ちょっと感動であります!(^O^)

投稿: みちょこ | 2007年4月19日 (木) 22時24分

長いようでみじかい、ふり返るとはるか昔のような…思い出深いご旅行になりましたね。
だんなさまからのメッセージ、胸があつくなりました。優しいお人柄があらわれているようですねー。縦書きっていうのがしぶいです。

投稿: ジュン | 2007年4月20日 (金) 00時48分

手紙、じーーーーん、きた!
最後の一文が特にきた!!
素敵な旦那様ですね♪
本当にお似合い夫婦だなあ~!!!

・・・ってこれ褒めまくると紫いもキャラメルでてきますか?(笑)
なんちゃって。
本当に感動したよ^^

一緒に旅行したような感覚で、とてもとても楽しく読ませていただきました。どうもありがとう!!

投稿: なかおりん | 2007年4月20日 (金) 07時44分

みちょこさん>

妻がいうのもなんだけど、ほんとうにうちの旦那さんはあったかい人なんですよ。旦那のおかあさんがあったかい人なんで、似たんだろうなあ。

お父様、お酒絶ちはうまくいってますでしょうか?
お酒が原因の喧嘩もおありだったでしょうから、これから円満になっていくとよいですね^^

ジュンさん>

>長いようでみじかい、ふり返るとはるか昔のような…

まさにそんな感じなんです。
1日1日はとても長く感じました。
「え?あの出来事は今朝の話?」みたいな感じによく旅の間思ってましたよ。
縦書き・・・そういや、渋いですねw
お手紙には、時々気の毒なくらいへたくそな絵がついているときもあります(爆)
生徒にも「先生、絵で説明はせんでええよ」
って言われてるそうなw

なかおりんさん>

お似合いかどうかは・・・?奥さんが性格悪いから!爆
男なのに手紙かくくらいだから、マメなのかも知れないですねえ。
なかおりんさんとこの親方も、手紙はなくとも心で同じようにきっとなかおりんさんのことを思い待ってるはず!

・・・って紫いもキャラメルかい!爆
いやーでも住所わかってる人にみんな送ってあげたらよかったなあ。人吉で雨降ったでしょ?
あのとき、キャリーの底にあったキャラメルが結構濡れて、どろどろになっちゃんたんですよねえ。結構捨てました。
あれさえなかったら、もっとたくさん持ち帰れたのに。

こちらこそ読んでくれてありがとう!

投稿: あこあこまん | 2007年4月21日 (土) 13時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑱ | トップページ | ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑳最終回 »