« ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑦ | トップページ | ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑨ »

2007年3月29日 (木)

ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑧

今日はバイト先デパートでイベントがあった影響で大混雑。
めたくそ動きまわって汗だくになったので、客のことなど構わずクーラーいれてやりました。

おかげで客席は、真冬模様。ごめんなさい、おほほほほほ~!


ちなみに自分が客の場合にお店が寒かったりすると

「寒いんでエアコン止めて下さい(怒)」

とか真っ先に店員に文句言うタイプです。
自分でも、わがままだなーと思います。


旅行記続き+++++++++++++++++++++++++++

さて、しんぺい号が走る肥薩線でもうひとつの見物が


「ループ線上に存在するスイッチバック」


なんです。
なんのこっちゃって?


私もなんのこっちゃ側のひとりでした。
詳細はこちらをご覧下さい。
乱暴かつ簡潔に説明するなら、進行方向をかえて運転することをスイッチバックというんだそうです。そしてスイッチバック自体珍しいけども、ループ線(ぶたのしっぽ状路線)に存在するのは日本でもここだけなんですって。


鉄道ファンなら、是非乗って体験しなくては!ってところですかね?


さて実際に、運転手さんがある位置まで到達すると、運転席から出てきて反対側の運転席に移動し、進行方向を逆に、また逆にと切り返しながら山道を登って下っていかれた
のですが、そんな様子を眺めていると、あら大変!


電車小僧たちが私の席の周辺に集まってるじゃありませんか。
やだわ、こんなときに。私がいることに気づいてしまったのね。



「そこの美しいお嬢さん、この先は私が一緒にお供しましょう。」
「いけません、夫がいる身です」


なんて。
断りの準備むなしく、ぎらぎら輝く彼らの目の先は、ぼさくれた人妻ではなく、人妻のそばにある運転席。
運転席の様子が確認したくて、各自由席に陣取っていた小僧達が先頭車両に集まってきてたってわけ。


隣のデカ眼鏡なんかそりゃもう

「なるほど!なるほど!」


と何度も合点顔でうなずいて、誰よりも目をときめかせてスイッチバックを堪能。
確かに興味深く、おもしろい体験ではあったけども
本当に電車好きなんだね。なんだか、ここにきて、こいつのことが愛くるしくなってきました(笑)




最後「大畑」駅と
思い思いに、短い時間を過ごす小僧達。

064_3

066_3 065_2








この辺りになると私もすっかり「デカ眼鏡子」化して、小僧蹴散らす勢いで、張り切って飛び出し。

こんな雰囲気に慣れ、適合してきた頃・・・



067_1


名残惜しくも
16:03 終点「人吉」駅着。
本日の列車走行距離103.5キロ。






熊本県人吉市。ナンチャンの相方ウッチャンの故郷なんだそうです。熊本の端っこ、宮崎にも鹿児島にも近い位置にある人口4万程度の、静かな市。



当初、ここからさらに熊本県で一番栄えている「熊本市」まで出る予定だったのですが、こういったローカル市で過ごすのも悪くないかな、と予定変更。温泉もあるみたいだし、こちらで宿をとることになりました。



ちなみにデカ眼鏡はというと、降りるや否や真剣な顔であちこち見渡し、別の列車にいそいそと乗り込んでいきました。


「ここで、お別れか」


ちょっと残念(笑)
出会ったときは、不審なおっさん以外の何者でもなかったけど、今や「憧れの兄貴」
きっと、これからも通な旅を続けていくのでしょう。

またいつかどこかで、色々教えてくれ!


各小僧たちも、それぞれのルートに散っていきました。


私も駅を出て、宿に向かって歩き始めたのですが、ふと気になって後ろを振り返るも「しんぺい号」仲間は誰も追ってきません。


「なんだ、あたしひとりか。」



ちょっぴりさみしく、夕暮れ色に染まりだした見知らぬ街を歩き始めたあこあこまんでした。

続く。

|

« ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑦ | トップページ | ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑨ »

コメント

スイッチバックって箱根登山鉄道で乗ったことある
運転手さんと車掌さんが入れ替わるんでしょ!?
それにしても~しばし同じ景色やスイッチバックに感激分かち合った
仲間と離れたあこあこまんさんの哀愁ある後ろ姿思い浮かぶわ
人吉ってなんだか旅情誘う地名だわね~
熊本市内で桂花ラーメン本店探し歩いたことある
今頃熊本城の桜見事よね~桜の頃に行って見たいところの一つだわ

投稿: IT | 2007年3月29日 (木) 21時35分

昔、人吉に仕事でちょっとの期間滞在してましたよ。
初めて行ったときバスセンターの場所がぜんぜんわからなくて街中を彷徨ったり、理不尽な仕事を押し付けられたりした、すばらしい思い出がたくさん残ってます(怒

デカ眼鏡とはここでお別れだったんですね。
いったいどこから来た人なんでしょうかね?
意外と近所に住んでたりしてw

投稿: どこかのタカ | 2007年3月30日 (金) 00時40分

デカ眼鏡残念ですね~
読んでて私もがっかりでした。
最初は危ない人かな?って思いましたが、
そばにいて害もなく逆に楽しい感じですよね。

>真剣な顔であちこち見渡し、別の列車にいそいそと乗り込んでいきました。

そっち方面もいい旅になりそうですよね!?
どこへ行ったか不明ですが、通みたいだし。

>わりと雰囲気あるとこなんですってね。

↓みちょこさんへのコメントにありましたが、湯河原も良いとこですよ!
熱海や伊東も遠くないし観光列車?いい味出してます。
行くのは車が多いすが、神奈川~静岡をずーっと海沿いに走る
135号線は最高です。

投稿: doru | 2007年3月30日 (金) 11時42分

鉄道マニア同士の会話って
いろんなマニアの中での
有数の凄さと想像するんですけど
実際はどうなんでしょうね?
お互いそれぞれ他の人の
様子を窺ってる感じなんでしょうか。

「あいつのキャメラは俺のより安っぽい」とか^^;

なんかさりげなくあこさんの
顔を撮ったやつもいそうですけどねぇ^^;
ネットに流されてたりして。

投稿: じゅん | 2007年3月30日 (金) 19時55分

ITさん>

あーそうかなるほど!普通の路線だと「運転手」と「車掌」が入れ替わるって感じになるんですね。
私が乗ったのはワンマンだったから、空席になるんですよ~!

>人吉ってなんだか旅情誘う地名だわね~

そうですよね。
平仮名にしても、かわいいし、いい地名です。
熊本城は私も外からチラ見してきたんですが、桜の名所なんだ。
全然知識ないままに行ってしまいましたよ。


タカさん>

あの話し方はわりと都心に近い感じもしたのですが、そのわりには垢抜けてなかったなあ。
なんせ、デカ眼鏡だもん!笑
あんなの久々見ました。

ってタカさん、人吉に仕事ってどんな仕事だったんでしょう。気になる。
あの辺に仕事に来るって、何をするのかイメージ沸かないですねえ。特別な産業とかあるのかしら?


doruさん>

>読んでて私もがっかりでした

あはは!がっかりしてもらえてよかった^^
デカ眼鏡も書かれた甲斐がありましたよ~。
どこ行ったのかなあ~
時刻表で推測するに、また同じ路線で元に戻って鹿児島方面に向かってったとも思うのですが・・・
もしかして、実はあの日3往復目、とかだったりして(爆)

doruさんはあの辺りを車で行かれるってことは関東エリアのかたなのかしら?私も一時期(といってもかなり昔)横浜に3年いましたよ。

じゅんさん>

ああ、伺ってたかもしれないですね。
それに、私がカメラで構えると
「おれも!」
みたいな感じで、同じアングルでどんどん撮りだす。
人にあって、自分のカメラにないアングルが存在するのが嫌なのか?!笑

>なんかさりげなくあこさんの
顔を撮ったやつもいそうですけどねぇ^^

でも嬉しいかも。
だって、自分があの電車に乗ってる写真が1枚もないんですもの!誰か、撮ってたらちょーだい!

投稿: あこあこまん | 2007年3月30日 (金) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑦ | トップページ | ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑨ »