« ローカル鉄道ひとり旅 旅行記① | トップページ | ローカル鉄道ひとり旅 旅行記③ »

2007年3月16日 (金)

ローカル鉄道ひとり旅 旅行記②

チュルチュル~!!ズルーズルーズルー!!


おや?どこからか、元気よくそばをすする音が聞こえてきましたよ?
あ、あこあこまんが、鹿児島空港で、鹿児島名物、黒豚入りのそば食べてます。
ふむふむ、黒豚は濃厚じゃのう。確かに、うまい。ブヒ。



「ブヒじゃねえよ!おまえ体調悪かったんじゃねえのかよ!旦那恋しくて、泣いてたんじゃねえのかよ!心配して損したぜ!」



なんて言わないで。
この変わり身の早さはあこあこまんの特長。

一時は「(鹿児島市内にとった)宿に直行して、もう寝よか・・・」なんて思ったけど、それなら、なんのために今日こんな思いをして時間節約したのかって話!!


気合入れなおして、出発駅まで、出陣!
バスへ、乗り込み!

_009

意外にあまり南国トロピカル感の感じられない鹿児島空港は22年ぶり2回目の訪問。
無料で足湯が楽しめる施設もありましたが、体調不良でそんな余裕はありませんでした。




さて、ラフにバスに乗り込んだものの悪夢は続く。予期せぬ激しい峠越えがあり、今度はバス酔いでそばを吐き出しそうになること2時間・・・


ついに、目的地に到着。
感動の瞬間を迎える予定でしたが、青ざめた顔でげっそり着地。どいつもこいつも揺れやがって(怒)




それにしても、もったいぶって内緒にしていた私が選んだ出発地とはいったい?


それは、ここ!


_010_2 _016

日本最南端の始発駅「枕崎」!






全国を走るJR、うちのそばも走ってるけど、最果てってどうなってるんだろう?

見てみたい。
じゃあ、行ってみよう。そして、この旅の始発駅にもしてしまおう。

それで日本最北端の始発駅(稚内)か最南端の始発駅かで迷うわけですが、最南端の鹿児島は母が子供の頃まで先祖代々が暮らしていた縁深い県でもあることから、最南端で決定。博多豚骨県にも近いしね。




今日はこの枕崎から、鹿児島市内まで出ようと思います。
1日に6本しかない超ローカル線。


_015

年季入った電車が既に待ってますけど、出発まで2時間近くある・・・汗





無人駅なんで、とりあえずふらっとホームに入ってみる。
このときはたまたま幼稚園児がホームにおりましたけど、すぐに閑散。
つうか、右でよじ登ってる人。なにしてるの?逃亡?(笑)


_014_3

おう!線路が続いてない!!!






とりあえず感動。じゃ、ちょっくら枕崎駅周辺を観光でも、すっか!

九州でもかなりの南に位置する枕崎。すぐそこは東シナ海。
トロピカルムードでも満喫しようじゃないの!!アロハー♪



_011_1
・・・。



シーン。



なんもない!人いない!輝かしき始発駅なのに、やる気、無し!
しかも、アロハどころか、普通に冬で寒い!!



しばらくポツネン・・・と立ち尽くすも、鼻水垂れてきたので、スーパーみたいなところに逃げ込み。
たこ焼きとかソフトクリームとか腰掛けて食べられるスペースがあったので、コーラ買ってひっそり休憩。しばらくボーっとして、体調回復。



「な・・・なんか全然、南国に来てるって感じ、しんなあ・・・」



それでも一応食品売り場のワゴンに観光客向けのみやげ物が極めてこじんまりと置いてあったので、ちょっくらお買い上げ。各地のみやげものは最後にまとめて記事にします。





さてその後、することないので、まだ出発まで30分以上あるけども、駅に戻ることに。

駅に戻ると、人はおらず、大きなリュックが2つほど無造作に転がっていました。



結局これは、私のようなひとり旅の人が、荷物をここに置いて駅周辺で時間をつぶしていたのですけども、そんな無用心さも、ここでは有りなのかな。この駅って電車好き御用達の駅でね、逆に言えば暮らしの足で使ってる地元の人ってそんなにいないんじゃないでしょうか。


出発の時点で乗客は

ひとり旅風が私を入れて3~4人に、二人組の外国人、それから地元の人はおばあちゃんとおっちゃんの2人だけ。


こんなにも長い間、電車が待っていたのに。



そんな中、どっからともなく50歳くらいの長身でハンサムの運転手さんが笑顔で穏やかに登場。
旅の始まりに相応しい、素敵なおじ様。
彼は車内のトイレで用を済ませて、ゆったり運転席へ。
JR関係者は彼ただひとり。
駅員も車掌も、おりません。


それにしても運転手さん、駅舎などないのに、いったいどこにいたんだろうね?



のどかに、ゆったりと、それでもきちんと定刻どおり15:47に、電車が走り始めました。
長い帰宅路の始まりです。





********************************


今日はこの辺で、って随分長くなってしまいました。
読み疲れた方ごめんなさい。
次回からはもう少し短くします。


これから21時までバイトです!今日はお相撲は録画観戦です。いってきまーす。

|

« ローカル鉄道ひとり旅 旅行記① | トップページ | ローカル鉄道ひとり旅 旅行記③ »

コメント

なに、あこさんの事だ
所々にウ○コネタを
ちりばめてくれるに違いないと
思っていたのですが・・・
見事なまでに綺麗な旅日記では
ありませぬか!

四国九州に行った事が無いので
鹿児島なんて最果ての地に思えてしまいます。
一枚目の写真は映画「トラック野郎」のラストで
見た感じがするなぁ・・・。

投稿: じゅん | 2007年3月16日 (金) 19時27分

博多豚骨県て ( ̄ー ̄;

枕崎まで行ったんですね。指宿や日本最南端に位置する駅には行ったことあるけど、「もう汽車はお腹いっぱい」ってなって指宿で途中下車しました。

砂風呂や薩摩ラーメンはスルーしたんですか?
それとも次回登場するんだろか・・・

投稿: どこかのタカ | 2007年3月16日 (金) 20時44分

じゅんさん>

うんこ?
なにかしら、それ?おほほほほほほほ~

ってう〇こネタがよかった?無駄足くわせてすみません。
ちなみに枕崎のスーパーで暇つぶし程度に1回うんちしましたけど、普通過ぎて、書くまでのこともないかなって思ったんです。

鹿児島は私も異国扱いだったですけど、久々来てみて、日本には変わりないなと思いました。当たりまえか!

タカさん>

明太子県のが適切だったかしら?汗
そのあたりまで来て、なぜ終点まで行かなかったですか!あともう少しだったのに!!
最南端駅は私も通過しましたけど、今沖縄にモノレールの駅ができて、そっちが最南端ではないかという説もあるらしいです。
まあ、鉄道の駅としては間違いなく最南端ですね。

投稿: あこあこまん | 2007年3月16日 (金) 22時18分

最南端の始発駅からのスタート…すてきじゃないですか♡枕崎、ちょっと場末っぽい感じですが(笑)暑い季節だとまた違った雰囲気になるんでしょうね。
ホームでよじ登ってる人、気になるー!

投稿: ジュン | 2007年3月17日 (土) 01時35分

まずは最南端の駅からなんて~鉄オタみたいなこだわり!なかなかいいわ~
むろん青春18切符でしょ!?でも5日間では稚内までは無理っぽいし・・
脳内旅行はじまっちゃうぐらい~ワクワク感のある旅のはじまだわ~
地元のスーパーでファーストフードっていうのもなんだかいい味だしてるのよね

投稿: IT | 2007年3月17日 (土) 09時12分

どこからスタートなのかな?って
気になってしょうがなかったのに全然予想も
つかなかったのです。
2ヶ所は「そこも行く予定」との事でチラッと
ヒントをもらいましたが、どういうルートをたどるのでしょう。

各地のみやげもの楽しみです!

投稿: doru | 2007年3月17日 (土) 11時57分

揺られながらバス2時間はきつい!きびし~!
私なら空港からホテルへ直行します。体力がないと勤まりませんませんね。
鹿児島市内まで結構かかりそうだなぁ。途中下車とかするのでしょうか。
旅の始まりにわくわくって感じだけど、やっぱり大変そう(笑)

投稿: はは | 2007年3月17日 (土) 14時51分

ジュンさん>

そうそう、時期が悪かったせいもあります!枕崎の名誉もありますので、ここで声を大にして申し上げましょう!笑
最南端にこだわったせいで、飛行機にフェリーにとなってしまったわけですが、今となっては頑張っていった甲斐はあったかなと思っています。


ITさん>

6日の旅なんで、18切符だけじゃないですが18切符はローカル鉄道の旅をしているので無論メイン使いでしたね。今回は20周年記念で、18切符がいつもより安かったんですよ。知らずに買いにいったから、ラッキー!!って♪
稚内までは、下車もなしに頑張れば5日で大丈夫なはず。
ちゃんと時刻表みてないからアレですけど後から調べておこうっと。

doruさん>

ちょっぴりオタクじみた駅からの出発となりましたw
適当に待ってればすぐごみごみとした地下鉄で生活を送っていた身としては大変物珍しく新鮮な駅でしたw
この後、もっとすごいローカル線を使いますから、よろしければまたお越し下さい。

ははさん>

>私なら空港からホテルへ直行します

ええ、私もマジそうしようかと思いました。
ずっと重い荷物引いてたし。
しかも海路空路で悪化した体調のうえに峠越えでしたので、もうゲロゲロ・・・爆
つうか「これから峠を越えますので揺れます」なんてアナウンスありましたけど、峠なんて実際言葉にして聞いたの初めてでした。
峠て!!


投稿: あこあこまん | 2007年3月19日 (月) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ローカル鉄道ひとり旅 旅行記① | トップページ | ローカル鉄道ひとり旅 旅行記③ »