« 予想外・続編 | トップページ | ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑦ »

2007年3月26日 (月)

ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑥

そっかー白鵬は「でき婚」だったのか~。
かわいい顔して、しっかりやることはやってんのな、ふふふ。

ってどこの親父や私。



今日は、来月からの新規クラス開講の準備してました。先週新聞に折り込みチラシいれたところで、相撲観戦しながら、問い合わせ電話も受けてました。


「体験レッスンできますので、是非いらしてください、おほほ~!!」


なんて愛想良く話している電話の主が、まさか横目で相撲をにらんでるとは思わないだろうな。
およそ1年ぶりの募集。随分さぼっちゃったなあ。


今年は積極的に、営業しますよ!・・・きっとw



旅行記の続きです★★★★★★★

前回、鹿児島県姶良郡の「吉松」駅で下車したあこあこまん。

ここで新たに次の電車を待つことになりました。
で、こないだも少し触れましたが、こっからのがちょっと特別でしてね。


名の通り、肥後と薩摩を結ぶ「肥薩線」と名の付いたその路線、鉄道ファンには知らない人などいない、とても有名なローカル線なんです。

それは、なぜか。


実は、日本3大車窓が楽しめる路線なんです!


「さすがあこあこまんさん、そういうポイントも押さえながらの計画をたてられたのですね!」


って実はおいら、全然知らなかったんだよね~^^;
進路だけ決めたあと、ちょっと下調べしてたら、どうも単なるローカル路線でなさそうだと気づいて。


それにしても、シーズンオフもあってか、3大絶景との触れこみのわりに、閑散としたもの。
ちらほら、夫婦にカップルや友達同士もみかけるも、大半が鉄道好きの電車小僧と思われる、大きなリュックのひとり旅風男子。各自静かに、時を過ごしておられます。





_041 「吉松」駅。

ひっそりとした田舎町だったので、なおさら寡黙な時間がそこに流れておりました。

落ち着きなく、むやみにうろついてるのは、私くらいなもの。





そんな感じで待つこと1時間近く。やっと

「間もなく列車が参ります」


のアナウンスが流れたのですが、と、同時に、突然火でもついたかのように、それまでおとなしくしていた大きなリュックたちが軽快に腰をあげ、ホームにたどりつく列車に突進していくではないですか!
始発駅だから前乗り客はいないはずだし、
この頭数で、どうやっても満席になどなりやしないはずなのに?!!




突然の展開に慌てふためく私でしたが、わけわからないまま、自慢の俊足(?)を生かしてキャリーを抱えて爆走し、電車小僧たちの後に続いてみた!


「待って~!!!!!!!涙」



待ってっつうか、おっさんくらいなら、軽く抜き去ったし!



いやね、知らなかったんだけど、勝手に観光列車仕立てになってて、ローカル線のくせに半数以上が指定席になってたんです。
私も所持していた電車小僧必須アイテム「青春18切符」だと、指定席は座れない。それで席取りに急いでたみたいです。


「なるほどね~」


なんて、初めて知りながらもちゃっかり先頭車両、運転席のすぐ後ろの優良席とっちゃった私。
走り出したら、絶景側だし、運転席からの眺めを映したモニター画面も目の前でいいことづくめ。


そんな席を、必死の顔でケツぶちこんでたわけで


「結構な、鉄道ファンか事情通」


なんて視線で眺めた乗客もみえたかも知れません。
本当はちんぷんかんぷんだったんだけど(笑)




しかし、小僧らのさっきまでの静寂はこのときのためにパワーを温存していただけだったのでしょうか?


席を確保した各電車小僧たち、珍しい観光列車ってこともあってか、発車までもさっきの静寂はどこへやら。そわそわ、そわそわ、浮き足立っているのがよくわかる。


特に私と同等の優良席を確保した、隣の80年代風でっかい眼鏡の男。
大きな荷物抱えて、私と同様遠方からのひとり旅と推測されるのですが、



外に飛び出していったかと思えば、慌てて戻ってきて、何やら資料らしきものを確認し、大きく何度もうなずく。
と、突然本気なカメラをとり出して、どこかに猛ダッシュし、満足顔で戻ってくる。
「ああ、写真撮りたかったんだ」
とこちらが納得するも、今度はカメラを置いて慌てて外へ駆け出していき、帰ってきたと思ったら即消えで、出て入って出て入って、もうてんやわんや!


「こんな落ち着きない生き物、これまでに見たこと無い!」


そう思って、ただただ私はデカ眼鏡を、怪しげに、不審な目で遠巻きに眺めるばかりでした。


「なんだか、異様な雰囲気の路線だなあ」

なんて、苦笑いしつつ。





が、後に逆に私がそのデカ眼鏡に・・・。

14:48「吉松」発

閑散ながら異様な熱気を連れて、ついに、その列車が動き始めました。


続く。



_047


列車車内。ちょっぴりレトロ仕立て。
せっかくの指定席、時期のせいかガラガラでした。
外観はまた今度。

|

« 予想外・続編 | トップページ | ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑦ »

コメント

白鵬の奥さんのパパさんって・・・^^;
明らかに先行き不安なんですけど。
垣添の奥さんみたいに
女相撲の横綱とかの方が
良いのでは・・・。

運転室のすぐ後ろに乗れたのは
ラッキーじゃないですか?
駅の外観を見る限り
あきらかにのんびりした空気を
感じるのですが
そんな中でも必死な鉄道好きの男性に感服の至りです^^;
オタクの中でも鉄道オタクって
筋金入りですよね。

投稿: じゅん | 2007年3月26日 (月) 21時07分

周りから見れば、あこあこまんさんも立派なオタク?他に女性はいなかったのですか?電車小娘。熊本行って、あの県行って、次は???楽しみです!

白鵬の義父になった人物って、あこあこまんさんが二度と世に出てくるなって言った人ですよね…。もう相撲界に関わって来るなよっと。
春場所の事は全て週刊現代のせいで、記憶から消し去ります。もう忘れてます。ええ、すっかり忘れて、わす………

投稿: はは | 2007年3月26日 (月) 21時49分

じゅんさん>

まだ後援会にいたんですねえ。犯罪とは関係ない子供同士の話だからそっとしておいてあげましょうか^^;

垣添の奥さん、同じ新相撲の横綱っていっても築比地さんだったら、もっと最高だったんですけど!
知らないかな、めっちゃ、でかいっすよ。そこらへんの関取よりすごい。
つうか、最初私、築比地さんと勘違いしてすごくびびったw

そうそう、運転席のすぐ後ろで最高でした。
鉄道オタクも、自分の席を離れて立ち見で集ってましたよ。
「そこまで、鉄道好きでもないのに、ゴメン」
なんて思いつつ、まんまと着席したまま運転席見学。

ははさん>

女子ひとりは見かけなかったんですー。
いたら声かけたかったんですけど野郎ばっかで。
野郎に声かけて「狙われてる」とかかん違いされても悔しいし!
女マニアに見られてたかも^^;
確かに熱してましたけど、詳しくはないんで「オタク」の称号はまだ認められないだろうな、特に隣のデカ眼鏡からはw

まだ後援会にいたってことですね!そうだそうだ、二度と顔さらすなって書いたわ私。
クビかと思ってたのに・・・財力?


投稿: あこあこまん | 2007年3月27日 (火) 00時02分

あこあこまんさん、ちゃんと旅ポイントおさえていますね!勘が冴えてるというか。ローカル路線でもモニターがあるんだ。すごい。鉄道小僧って独特ですよね。たまにホームで三脚構えている人いますよね。

白鵬…まったく。今場所はお父さんの姿みかけませんでしたね。英雄の一人息子(でしたっけ?)が日本で結婚なんて…ショックで倒れてるのかも。

投稿: ジュン | 2007年3月27日 (火) 00時05分

>が、後に逆に私がそのデカ眼鏡に・・・。
この後が気になる、気になる・・・

18きっぷ+指定席券で指定席に乗れないんですか?
せっかく乗るんだから、ゆったり乗りたいですよねぇ。

投稿: どこかのタカ | 2007年3月27日 (火) 00時45分

リュック背負ってる鉄オタ君の片腕が写っててなんとなく
ざわざわ感がレトロな車内に流れてるのが分かる
座席なんだか木の背もたれ?に照明も雰囲気あるわね
それにしてもイイ席確保できて良かったわ!
今度のんびり九州に行くときはのってみたいな~
そして車窓に広がる景色とは・・・

白鵬奥手そうに見えて意外や意外な展開で(^^;)

投稿: IT | 2007年3月27日 (火) 05時53分

わ~!すごいいい感じの車内だね。
いっぱい写真撮りたくなっちゃうなぁ。
めがね君は車内の写真は撮ってなかった?^^
そっかあ、こんな列車にも乗ってたんだね~。

投稿: ルコ | 2007年3月27日 (火) 08時23分

こんにちは。
長いメンテナンスで昨日から書き込めませんでした。

白鵬、おめでたいですが微妙ですね(笑)
英雄の息子が日本で結婚してしまっては、ムンフバトも・・・

良い位置をゲットしましたね!
写真が素敵です!レトロで良い感じです。

メガネ男が気になります。なんだか読んでいて高見盛みたい
だな~とか思ってみたり(笑)

投稿: doru | 2007年3月28日 (水) 15時04分

ジュンさん>

いるいる!最寄の近鉄にも時々ど派手なカメラもって、駅に滑り込む電車をぱしゃぱしゃ!
うちなんてなんのおもしろみもない駅で、列車も近鉄ならどこでもあるタイプに見えるんだけど、マニアには違うのかなw

このあたりまではカンもまだ冴えてたんだけど、実は最終日に大ハズレのとこ行ってしまうんですよねえええ・・・^^;

白は、姉さん(ごっつい)しかいないはずだからひとり息子で間違いないと思います。
寝込んでんのかな(笑)

タカさん>

どうですかね?
指定券はあとから調べたら500円と格安だったので、それでもマニアたちが手に入れないとは、18切符じゃいかんのかも?
でもね、結果論ですが指定席より走ってでも先頭の自由席とったほうが、色々楽しめました。
指定席は確かに席もゆったりしてるし、走らんでもいいけどw


ITさん>

好奇心旺盛のITさんなら絶対楽しい路線と思います!
機会があれば是非♪観光シーズンだったら指定席で。
とはいえ、立ち見でも1時間ぐらいで見所も多いからあっという間かもしれません。
白は、ちょっと貴乃花みたいかも知れないですね。
純粋過ぎて、一直線。
今は彼女しか見えてない状態でしょうか。


投稿: あこあこまん | 2007年3月28日 (水) 19時40分

ルコ>

どうだろう?
撮ってたかも知れないけど、動きが早すぎて目に追えなかった(笑)
ちなみに⑦の写真にちらっと写ってる。さっき気づいたよ!
眼鏡かけてるかも見えないくらいの遠目に。
そうよ、こんな列車にも乗ってたのよ~w
それにこんなとこから来たから、博多が日本一の大都会に感じた!w

doruさん>

私も記事UPしようとしたら、いきなりメンテナンスでびっくり!
最近ココログ駄目なんですよね~
メンテナンスも多いし、重たくなるし。
やる気萎えるときあります。

>英雄の息子が日本で結婚してしまっては、ムンフバトも・・・

しかも嫁の父が違う意味で自分と同じくらいの注目浴びてたりして、家族が重要なモンゴルでは大問題!?
ジュンさん指摘どおり、マジ寝込んでたりしてw

そうそう、前の高見盛級レンズでしたよ!そう例えればよかった!
相撲ファンにしか通じないけど・・・^^;

投稿: あこあこまん | 2007年3月28日 (水) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 予想外・続編 | トップページ | ローカル鉄道ひとり旅 旅行記⑦ »