« 母方は色白多数 | トップページ | こんなものがまわってきました21 »

2007年2月 1日 (木)

じじい達のこと

今日は教室開講の合間に、本部から来た担当との打ち合わせや、会館借用申請の手続きが入って、バタバタした1日でした。

教室会場としてお世話になってる公営の会館は家の近所で便利なんですけど、ここの職員、役所からの天下りと思われる人が多くて、こういう老いぼれじじいが主に手続きの担当するんだけど、どいつもこいつも手際が悪くて超悲惨。


印鑑に失敗し、領収書の宛名書きに失敗し、鉛筆がないだの帳簿がないだの・・・
手がかさかさだから、複写シートを剥がすのにも難儀。


レジあけるだけにも手こずって何分も待たされたりするからね。
強引に同じキーを連打したところで、違うもんは違いますから!!
やっと開いたと思ったら、なぜか電卓持って再計算・・・泣




時間がもったいないったりゃありゃしない。





またどんどんどんどん新しいじじいが入ってくんだわ。
その度に強烈なもたもたを繰り返す。
ここは職業訓練校かい?


カツラのじじい(2名)にバーコードのじじい、白髪交じりのじじいに口臭のきついじじい。
窓口なんて1人いりゃ十分なのに、何人待機してんだか。後ろでまったり茶でも飲んで、ええ商売やなあ。いいように税金使ってくれてるわよ。



新人じじいが手続きでまごついてると


「なんやどないや?」


ってな具合で別のじじいが冷やかしに何人も集まってくるんです。で、先輩吹かせて横からあーだこーだとアドバイス。

「それ違うやろ」

なんて偉そうに横槍入れてくるじじいこそ、私をこれまでで一番待たせた超本人なんだけどね。


・・・そんで結局、5分もあればできそうな手続きを数人がかりで30分程かかったあげくに




「会計ミスがありましたので恐れ入りますが起こし頂けますでしょうか」


と翌日電話が入ったりするから、頭抱え込みます。
仕方なく出直すと、これまた違うじじいが窓口からこんにちは。


「さすがに今度こそ大丈夫だろうな」


って甘い!
またまた間違えたって電話があるんだから、ちゃぶ台返しですわ!
「さすがに悪いので家まで伺う」って言われたけど、どうせ来るのに迷って、よけいややこしいことになるに決まっとるで、こっちから出向いて不足金とやらを払いました。




この会計ミスや書類ミスは、過去何度もあり。
そしてまたあるでしょう。



1人手際のいいおばちゃんがいて、この人が窓口の時は私の中で「当たり」なんですが、このおばちゃんの唯一でありながら大きな欠点が、口が動き出すと止まらない。



顔なじみなんかが手続きに来ると、世間話に花が咲いて・・・「当たり」だったはずの今日も、会話の終結を願って後ろで順番を待つ私の眉間の皺が、じわり、じわりと深く・・・ああ、昼飯の時間がなくなってゆく・・・



かといって、手続き延期すると、いい教室がとれなかったりするからねえ。

まあでも、なんでも経験ですね。
これをひとつのきっかけに「じゃあいつかは自分だけが自由に使える場所を構えよう」と新しい目標が生まれたわけですから。



むしろじじい達に感謝、とでもするしかないかな・・・苦笑

|

« 母方は色白多数 | トップページ | こんなものがまわってきました21 »

コメント

お爺ちゃん子だった事もあって
老人には比較的甘い僕ですが
正直言って、8割近くは
今日の記事みたいな人が多いんですよねぇ^^;
「んんん!」と思ってしまう事はあります。

今はシルバー人材業も盛んなんで
こういう状況も多いんでしょうね。

横審も思いっきりシルバー人材から
派遣されたような人ばかりですけども^^;

投稿: じゅん | 2007年2月 1日 (木) 21時35分

普通のおじいちゃんやおばあちゃんなら我慢するけど、天下りジジィは許さん!!
タバコ吸いながら「チッ、使えんキャラや」と言いたい。実際は言えんけどw

投稿: どこかのタカ | 2007年2月 1日 (木) 23時00分

これからますます高齢化が進んで
老人社会が到来・・イライラし過ぎると血圧上がりますよw
・・・といいつつも老人って自分はのんびりしてるのに
気が短くてなんで待てないんだろうって思うこと度々ありますね(^^;)

投稿: IT | 2007年2月 2日 (金) 00時58分

じゅんさん>
シルバーって言ってもできる人はできますからね。
むしろ若者より優れてるといってもいいぐらいに。
奴らの場合は役所で長年だらだら働いて、脳も衰退してしまったのでしょう。
>横審も思いっきりシルバー人材から
派遣されたような人ばかりですけども

そうですね(笑)確かになんで、高齢者ばかりなんだろう!

タカさん>

じじいって言っても、60過ぎくらいですからね。
まだまだ現役も多い世代であれはないっすわ。
しかも本物の(?)老人が会館内の案内頼んでるのに、掲示板見てって窓口から出てこようともしないぐーたらさ(笑)
といいつつ、私もどこで生徒が見てるかわからんで、舌打ちひとつできやしない・・・w

ITさん>

低血圧なんでちょうどいいかもw

>老人って自分はのんびりしてるのに
気が短くてなんで待てないんだろうって思うこと度々ありますね(^^;)

そういやそうですねw先が短いから?

投稿: あこあこまん | 2007年2月 2日 (金) 01時46分

私もコンビニで働くようになってから、たいていのお年寄りの動作のもたつきとかにはけっこう寛容になりましたが、そーゆーのは
「わからんならわからんで、わかる人間(若いのとか)最初から置いとけ!」ですね。

うちも、かご使わないで最初日本酒の一升紙パック抱えて歩いてたお婆ちゃんが、レジに来た時そのお酒を持ってない。
けげんに思いながら他の商品をスキャンし終わったら、「あと、お酒もね」。
「お婆ちゃん、さっき持ってたお酒は?」「重たくなって、途中に置いてきた。持ってきてよ」
…( ̄〜 ̄#)。
お酒はレジカウンターの真横にあるのに、わざわざ一番奥まで持っていって置いてくるんだから…。それを数回(数日)繰り返したんで、昨日はさすがの私もお婆ちゃんがお酒に手をかけた時点で「お婆ちゃん、レジに置いとくから他の買い物どうぞ!」と先手うちましたよ(^^;。

投稿: みちょこ | 2007年2月 2日 (金) 08時53分

大変でしたね。ちょっとした手続きも、その対応した人によってかわってきますからね~
手際の悪い人に当たると、急いでるわけでもないのにいらいらしちゃいますからね、こっちも。
かといって、手際がいい人でもこれまた厄介な人もいたりして、すんなり帰れなかったり。
なんで仕事ができる人がこういう場所にはいないんでしょうね??
台湾にはわざともたもたして、しかも偉ぶってる人とかいますから、さらにたちが悪いです!
とんだ一日でしたね~ほんとに。

投稿: ろんろん | 2007年2月 2日 (金) 18時46分

みちょこさん>

みちょこさんの職場は本当にいろんな人が来るでしょうね~ほんとそのネタ専用のブログ持てばいいのにって思います!
うちもね、老人は多いんですよ。和食屋だから。だから扱いはお手の物!笑 
生徒にも70代がいます。その生徒すら突っ込みいれる、会館のじじい達はその生徒より10歳は若いと思います。
だから、じじいじゃない頃から、出来損ないだったんだと思われますw

ろんろんさん>

やっぱりどこの国もそうですけど、公営は競合がいないから駄目ですね。この会館も民営化されて、競合がそばにあったら、こんな状態ではとっくにつぶれてることでしょう。
それでも、社会主義国よりはマシなんでしょうね。サービスの概念くらいは持ってるから。


投稿: あこあこまん | 2007年2月 2日 (金) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母方は色白多数 | トップページ | こんなものがまわってきました21 »