« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月29日 (金)

よいお年を!

Vfsh0109_5

んんん?(台所の小窓から)




Vfsh0107_4

えええええ?(ベランダから)



Vfsh0108_4

えええええええええええ!!!!!!(外に出てみた)










朝起きたら、前ぶれなく、突如雪がてんこ盛りになってたので大爆笑でした。
こっちは雪国とはほど遠い土地柄なのです。



「日本海側で激しく雪」


とのニュースが全国を飛び回っておりますが、太平洋からほど近い所(自転車で15分もあれば海)に位置する我が家ですらもこの有様。日本海側のみなさま、大丈夫ですか?




「全国的に寒気が流れ込む」


なんてネットニュースを間違えて「さむけ」と読んででしまい、日本国民総風邪状態をイメージしてしまった馬鹿丸出し人妻の夫の職業はくしくも塾講師。



私は昨日の21時をもちまして仕事納めとなりましたが、旦那は今日まで「冬期講習」のため、午前中に出勤。この雪の中、お疲れ様。スーツで駅まで歩きにくかっただろうな。
朝の時点で20センチくらい積もってました。夜まで断続的に降るそうな。



♪犬は喜び庭かけまわり・・・じゃないけど、やっぱり外に出てみたい。旦那を見送った後、やめときゃいいのに


「でら積もっとるが。すげえ。」


と、私もふかふかの雪にご満悦で無駄に外出。


張り切って車道まで出てみたら、車の往復でどろどろになってる雪をすれ違った車にぶっかけられて、一瞬で左半身ぐちょぐちょに。それで、プンプン帰宅。ばかやろう!!



なんて、馬鹿なのは私!笑
悪天の中、車道をちょろちょろすんなって。




こんな馬鹿な私のブログにつきあってくれて、いつもありがとう^^
今日で今年最後の更新です。明日からは家族と年末年始過ごしますので、更新は失礼致します。


年始に始めたこのブログ。


「多分、続かないだろう」

って思ったのに、間もなく1年。
来年も頑張ります。よかったら、また来てね。待ってます。



年明けは4日以降の更新です。

よいお年を!!

| | コメント (11)

2006年12月27日 (水)

ずれてます

Vfsh0100_3

わざわざ前にずれてる日の写真使わなくったっていいのに。
後ろの毛、浮いちゃってますから。





今日の朝日新聞です。
あわただしく朝食食べながら、ちらっと1面をナナメ読みして出勤しますけど、1面のトップがこの写真で、コーヒーを噴出しそうになりました。



大晦日に近づくにつれて、忙しさが半端なくなってくるバイト先。
私は明日で仕事収めです。



今日は以前ご紹介した両国妻が、日本の拠点「両国」よりクリスマスプレゼント(?)を送ってくれました☆



Vfsh0099_5

日本相撲協会カレンダーです!

これは1・2月。
我らの横綱・朝青龍の微笑みです。
3月になっても、お別れするのが寂しくてめくれないかも。



Vfsh0097_6

3・4月は関取衆の稽古風景。

    Vfsh0098_8

真剣な顔して稽古を見守るも、髭が濃い黒海太。








Vfsh0096_4

番付に、初場所のポスターまで頂きました!









そういえば、今年はブログで知り合った人に、いろいろ頂いたなあ。
物だけじゃなくて、書いてくれるコメントも、もちろん素敵なプレゼント。
ありがたやありがたや・・・☆



それでは!













| | コメント (6)

2006年12月26日 (火)

今年1年を振り返る

ふふふふふ。
横綱が横審の前でけたぐりの練習だって(爆)

やるなードルジ~!最高!!

場所前調子悪いのはいつものことだから、問題なし。






30日にうちの親が蟹料理に連れてってくれるってんで楽しみにしてたのに、母の



「レコード大賞の氷川きよしを見ないといかん」



といった理由であっさりキャンセルされた悲しい人妻あこあこまんです、こんばんは。
娘夫婦との約束より氷川きよしかよ!
ここんとこ、親の愛情たっぷりに育ったと思われかねない記事をちょこちょこ書いたけども、実際こんなもん。




氷川きよしのファンクラブ会報が昨日届き、レコード大賞が大晦日ではなく30日に変わった事を知ったのだとか。



「レコード大賞は1年の集大成や、これだけは譲られへん」



ってあんたが出んのかよ!




結局蟹は2日に延期になりました。
30日夜に母親に長電話してやろうかな。
多分切られるけど。




今日は珍しくずっと家にいました。
買い物くらいには出かけたけど、化粧もしないで大掃除。


大掃除というより、整理整頓かなあ。
音楽教室の書類やら請求書関連なども塊になってて、郵便物に至っては未開封のまま半年以上経過してるものも多数だったので(そんなんでええんかいな 汗)その辺整理。


相撲雑誌も、年数ばらばらに積み上げ状態になってたので、整頓。


家計関連も、整理。夏前後の病院関係の領収書もごろごろ出てきた。
あたし、今年の夏はそういえば、体調よくなかったなあ。



そんなことをしながら、自らの1年を振り返る。
30台に突入した節目の年でもありましたが、振り返ると、今年は変化の少ない地味な1年だったなーと考えます。
ちょこちょこ遊んではいたけど、仕事や家庭に変化があるわけでもなく、格別愉快極まる出来事があったわけでもないけど、悪いこともなかった。穏やかな1年でした。




来年は春あたりから、今年と対照的に動きの多い1年になるであろうと「予想」というより、「予定」の域に入っております。
こんなぬるま湯に浸かってたような1年の後に、大丈夫でしょうか。



とは言えですよ、対照的に私の周囲は非常にうるさかった。
今年は「騒音の年」でもありましたから。
一時は「騒音ネタ満載 人妻日記」になってましたからね。



途中から記事にするにも嫌気さして騒音ネタは書かなかったんですけど、実は秋に越して来た隣人(若い男)と戦ってました。新たなる騒音が発生してたのです。


主な症状としては、深夜や明け方にうちの寝室に隣接した部屋で大音量で音楽流すの。壁を猛打したり色々やって一時は静まるんだけど、しばらく経つと元さや。
絶対いるのに、家まで抗議しにいくと居留守使うしさ~。




でもね。今朝とうとう旦那がやつを捕まえて謝らせ、うるさくしないことを約束してもらいました。ばんざーい!!!





Vfsh0095_2

以前紹介した耳栓も、使い果たしてくたくただよ~。ここんとこ連日勤務だったからね、お疲れ様。形状記憶のスポンジなのに歪んできてるし(笑)








来年は、静かな環境で活発な毎日が過ごせますように!




| | コメント (9)

2006年12月25日 (月)

年越し近し

メリークリスマス!

なのは今日なのに、25日になると「もうクリスマスは終わった」感が漂う最近のクリスマスです。


結婚してから、うちに住むサンタがでっかい長靴のお菓子をくれるので、今年ももらえるつもりでいたのですが、今年はでっかいチョコレートでした。
昨日、猛烈に忙しかったバイト先からふらふら帰ってきたら、プレゼントのコムサのシステム手帳とペンケースとボールペン共に、玄関に置いてありました。


「あれー?チョコレートだあ?」


と私が反応すると


「な、なんか・・・サンタさんが、でっかい長靴を買いにいったけど、ものすごくレジが混んでて、だめだこりゃって思って諦めたらしいよ」


って旦那がもじもじしながら教えてくれました。そういうことか。


ホントは長靴のがよかったけど(笑)・・・でもありがとう!





今日から旦那は年で一番気合の入る「冬期講習」が始まったのですが、直前にカリキュラムに大幅な変更があって、その準備でここんとこすごく忙しそうなのです。それで恐らくサンタの長靴ごときでレジに並ぶ余裕がなかったのでしょうね。




相変わらず


「僕はサンタじゃない。こんなプレゼント知らない」


って言い張ってる旦那がこだわるので、一応昨日はチキンとケーキを用意して、ささやかなクリスマス。どうしても、サンタの顔がのっかってるケーキを食べないといけなんだそうです。これだけは譲らないと、いつも温和で柔軟性のある旦那が頑固になります。




「普段キリスト教徒でもないくせに日本人は馬鹿だ!」



って目くじらたてる人もいますけど、まあ、こうして季節を感じるのもいいんじゃないかと、暖冬であまり冬を感じない今年なんかは、特に思います。



さて、クリスマスが終わると、あっという間に年越しですね。
私は年越しを迎える感じが、一年で一番好きです。

世界共通でめでたいのが、嬉しいし楽しいのかな。そういう状況にあられないお気の毒な方がいることも忘れてはいけませんが。


さて、この年越しのシーンで、絶対なくてはならないのが私の場合「紅白歌合戦」です。



お母さんがおせち料理を作る傍らで、父や兄弟と紅白歌合戦を観ながら、コタツに入ってみかんを剥いて、蕎麦食べて・・・除夜の鐘を聞きながら、おめでたい瞬間を待ち構える。

このようなちびまるこちゃん的、普通過ぎてむしろ珍しい(?)日本の年越しを、私は長年過ごして来ました。大好きな時間のひとつでもありました。



もうね、紅白に誰が出るとかつまらないとかそんなんどうでもいいんです。(昨年のみのもんたのうざっぷりには辟易したけど)
もうね、紅白が好きとかいう次元の話しではないのです。

旦那がクリスマスにサンタのケーキにこだわるように、紅白見て、年が明けるのを待ってないと、駄目なんです。
今まで紅白を観て年越ししてきたのに、いまさら変えるわけにはいかんのですよ!怒


家族とではなく、恋人と過ごす年越しも経験しましたけど、それでも、ホテルで、相手の家で、紅白観ながらの年越しを強要したものです。




てことで、当然今年も紅白観ます。視聴率にあえぐ紅白としては、私は大変にありがたい存在のはず。
「力士総出演、大忘年会」とか「朝青龍と過ごすカウントダウン」
とか言う番組でもない限り観ます。
あ、ちなみに年末にやる数子と横綱の番組は、観ません。
いんちき数子と一緒にいる横綱は、観たくないの。



明日は休みで予定もないので、大掃除でもしようかな~。

またこういうバタバタした感じが、年越し近し!てな感じがして好き。それでは^^

| | コメント (7)

2006年12月22日 (金)

最高のクリスマス

ちょっと早いですが、音楽教室の方は昨日で仕事納めでした。
今年も1年無事に開講できて、よかった。



昨日小学生の生徒に


「これからクリスマスに正月で、いいねえ、楽しみだねえ」


なんて声をかけたら


「友達が、親がたんすの奥にWii(新しい任天堂のゲーム機)を隠してあるのを、見つけたみたいで、多分クリスマスにもらえると思うんです。だから冬休みはそれで友達と遊びのが楽しみです!」



なんて大変ちゃっかりした回答が返って来ました!
友達の親も、もっとわからないところに隠しておかないと!





さて、一番よいクリスマスの思い出をまだ書いてなかったので、書きます。
ちょっと、恥ずかしいな。



あれは、私が24歳のことでした。


当時私はフランスで音楽留学中。小雪が舞う中、3歳年下のバイオリニストの彼、エリックに肩を抱かれて、イブに賑わうシャンゼリゼ大通りを歩いていると、彼が突然「クリスマスプレゼント」と言って、エッフェル塔をバックに美しいサンサーンスの調べを私に・・・



・・・。



もう少しマシな嘘つけって?笑 話し臭すぎ!だいたい雪の中でバイオリン弾いたら傷めるし!



はい、すみません。
えっとですね。思い出は私の胸だけにしまっておきたいの。




って、言えよ!てめえから話しふってきたんだろうが!

はい、悪ふざけはやめていい加減書きます。




といってもですよ、特別オチもない、ごくありふれた家族のありふれたクリスマスの一夜が私の最高のクリスマスとして浮かんできます。



浮かれている小学校低学年の私と幼稚園児の妹、今の私の年とほとんど変わらない両親の笑顔。
新調してもらった服をそわそわと身にまとい、映画と食事に出かけて・・・書いてしまえば、ただそれだけの1日。
それだけなんだけど、このときほど純粋に


「ああ、楽しいクリスマスだ」



と思ったことはないです。食べた、観たといった物質的な喜びもありましたが、
働き盛りで不在がちだった父もクリスマスは仕事場から急いで帰宅していたことや、厳しい母もその日はずっと笑顔で、そんな特別感も、嬉しく感じていたように回想します。



今にして思えば、親も「今日はガキらを楽しませたろ」って気合はいってたんだと思います。




この後、年の離れた弟が生まれ、弟を中心とした家族形態に様変わり。
私たちも大きくなって、友達や恋人と過ごすクリスマスに忙しくなってしまい、家族でクリスマスなんてダサいと思う時期さえあったけども、




今になっても色褪せない、幼き頃の家族でのクリスマスの思い出が私の最高。




それにしてもなんのかんの言って、クリスマスネタ結構書いてますな私。多分また書くぜ。
結構クリスマス好きなのか?w

| | コメント (8)

2006年12月20日 (水)

また遊びに来てね

「貧乳でも温泉」


悪かったな!とつぶやいてしまいたくなる、検索ワードです。
久々に、当ブログへ訪問された方の検索ワード履歴を見てみました。

「貧乳 温泉」 では駄目だったのでしょうか?「でも」がつくだけで、一気に嫌な感じがします巨乳のあこあこまんです。こんにちは。




今日は夕方から教室開講です。

昨日、こないだ紹介したクナイプのラベンダーのバスソルトを使ったら、風呂に入ってる最中から目も開けてられないくらいに眠たくなってしまいました!異常なまでの効果です!!!



あ、でも。旦那は「全然眠たくなどならない」と言っていました。私は暗示にかかりやすいのでしょうか・・・。

お勧めは液状シップに浸かってる気分になった「杜松」です。ばば臭い香りが、なんだか効果高そうでよかったです。実際のどを痛めていた旦那も、のどにいいとされる「ユーカリ」より、こちらの清涼感のが心地よかったと申しておりました。


話しは戻りまして、



「相撲  まわし  線香  毛」



なんて検索ワードも発見しました。
さっぱりわけがわからないので、私も同様に検索してみたところ


>相撲取りはまわしを穿くにあたって、ムダ処理は線香で焼くのだとか。 ...


なんて一文を見つけてしまいました!マジで!!?
でも「まわしを穿く」って言い方はしないよね?
相撲ネタ満載ブログなだけに、相撲関係の検索は多いのです。ですが、破廉恥なもののがほとんどなのが現状です。


「相撲 しごき ホモ」

とか。単純に「相撲 ホモ」でよさそうなものなのに、「しごき」が含まれるとは相当なSさんまたはMさんと推測されます。



「イチローになら」


ってのもありました。イチローになら、なんですか?イチローになら金はある?



「頭痛で眠れない」


PCなんか開いてないで、早く病院に行って下さい。



「ドモホルン トラブル」


おお、同士よ!あなたもですね!
今はだいぶよくなりました。肌荒れになった方はコメント欄よりご相談下さい。



「ブログ 2006年3月23日 W不倫」


なんてのもありました。やられたほうの妻あたりが赤鬼の顔で情報収集のために検索していたのかも知れません。またなんでそんなときに「うんこ」とか書いてある、アホ丸出しのブログが検索にひっかかってしまったのでしょう。
奥様、大変なときにすみません。

前回も書きましたが、タイトルに「人妻」が使われているだけあって、人妻検索は多いです。




「60代で人妻エロ」「寝ている妻をこっそり盗撮」
などなど盛りだくさん。よくわかんねえのが「人妻便器」


人妻を便器にすんな!




それにしても最高によくわかんない検索ワードは



「へえ~  こんなかっこいい  年寄りが  ウイルス」


ぽわわわ~ん・・・??????



それでは、ごきげんよう^^































| | コメント (8)

2006年12月19日 (火)

特技は「早くすること」

本日も18時までバイトでした。
ダッシュで帰宅して駅についたのが18時20分過ぎ。それからスーパー行って買出し。急いで夕食の支度をして、旦那が干してくれていた洗濯物を取り込つつ、明日の昼飯の下ごしらえして、化粧落として、ゲルクリーム塗って
全部終えたのが19時半。



我ながらこの早業に関心します。
私の特技は「早くすること」
しゃべるのも、早いです。教える仕事もしてますから、これは直したい。

あこあこまんです、こんばんは。





Vfsh0074_4

こないだの土曜に、新しい「ケッタ」買いに行きました。*ケッタ=自転車の名古屋弁
横綱ファンの私のなので、もちろん「青」です。

あ、ちなみに盗られた自転車は黄色でした。
横綱のサブ締め込みの色です。




セカンド・カーとして狙っていたマウンテンバイク買いたかったけど、とりあえず急を要していた買い物・通勤用のママチャリを買うのが先決です。
数日間くらい我慢したけど、不便だったわー。
普段ケッタであちこち移動しまくってるからね。


私、車乗れないですから。どうやって、試験に通ったか不思議なくらい、全然駄目。



Vfsh0085_3


それに、こんな免許証では捕まっちゃうでしょ。

・・・期限切れです。








いや、更新行ったんだけど、視力検査あるなら、ちゃんと案内に書いておいて欲しいよ。
メガネ持ってかなくて、裸眼0.1しかないから、検査通らなくてさー。
一応だめもとで、勘に頼って

「右!」
「左ななめ上!」

って自信ありげに言ってみたけど


「もう一度、メガネ持ってお越し下さい」


と非情な宣告。それで

「えええええ!!めんどくさっ!!検査あるなんて書いてなかったのに!!」




なんて憤慨して帰宅したわりに、すっかり忘れてて、最近思い出したの。
期限切れ半年経つと、かなりやっかいになるらしいから、3月26日までには行こうと思ってます。


・・・え?






「何が特技は早くすることじゃボケ!!思い出した時点でさっさと行ってこいや!!」




なんて怒らないで♪
でも案内ミスと思わん?だで、三重県警は全国警察ランキングで最下位になっちゃうんだよ~。
それでは^^


| | コメント (8)

2006年12月18日 (月)

年の瀬雑記

Vfsh0081_4

豆乳鍋。


昨日やりました。最近この鍋流行ってるよね。ウインナーいれてみたら、うまかった♪豆乳は癖がありますが、味噌を少し溶かすと、食べやすいです。




週末は友達んちで夕食しました。一応忘年会。
手土産を買うために、デパ地下に乗り込んだはいいけど、高級菓子などを求める女子でごった返しており、汗だくで一気に化粧崩れしました。



友達宅では味噌キムチ鍋を用意してもらいました。
そんなわけで連日野菜をもりもり食べた結果、人間のものとは思えない大きなう〇こをしてしまいました。ようこそキング・ウンコです。
なんか、たくさん出て嬉しいような、可憐な女子なのに男前なサイズの出して恥ずかしいような、複雑な気持ちでした。




いつも日曜の深夜を狙って、温泉に行きます。
空いてて、静かでいいです。
昼出勤夫婦にとっては、早く帰って翌日に備える必要がないですから。



うっかり土曜の早い時間なんかに行くと、混んでるし、くそガキがやかましかったりで全然落ち着けないですからね。私は子供に無条件に優しい気持ちになれる人間ではありません。
こないだは横で暴れるガキ2名にキレてお湯をかけて、追い払いましたとも(鬼!)



しかし年の瀬のせいでしょうか。
昨日行ったら、日曜の深夜なのに、混雑してました。
こっちにケツ向けて、立ち前屈を披露してくれたおばちゃんの秘部を思い切り見てしまい、眉間に皺を寄せていたら、
ガキが横で泳ぎはじめました。
こんな時間なのに、ガキ連れて遊んでる程度の親なんで注意もなし。


だから、すんげえ怖い顔で威嚇してやったら


「ママ、もう帰ろう」

って子供が嫌がって帰って行きました。勝ったね。


おーっほっほっほっほ!!!!





今日はお休みだったので、旦那と友達へのクリスマスプレゼントを買いに行きました。
やっぱり混雑。
平日の昼間にみんななにしとんねん。オレもだけどな。



旦那にはこれ買いました。

Vfsh0082_2

アディダスのジャージ上下。
ジャージなんて5千円くらいで買えるのかと思ってたら、
結構するのね。
(いや5千円くらいのもあったけど、すごいださかったの。)
12800円。ただの家着なのに。
でもジャージ買うって決めてたから、もう譲れないんです。


優柔不断だから、何をあげるかまた考え直すなんて、考えただけで気が遠くなります。



ベージュ地に鮮やかな緑のラインがかっこいいと思ったんだけど、気にいってくれるかしら。
つうか今日渡そうかと悩んでるんだけど。早すぎ?w





待ちきれない、せっかちサンタの年の瀬雑記でした。
今年もあと2週間。

| | コメント (8)

2006年12月14日 (木)

貰えるだけ、マシ?

Vfsh0071_7

クナイプのバスソルト。
気難しそうながら、洒落たパッケージが効果高そうで前から気になってたんですが、今日初めて買いました。





バイトから帰宅して、夕飯食いながら朝刊読んでたら、東海地方版にこのバスソルトが紹介されていてました。

これ、ドイツの会社のものなんですってね。ハーブの精油と岩塩を精製した入浴剤とのこと。
記事を読む限り、なんだかとってもよさそう。



・・・欲しい。
今日、欲しい。今日、試したい。





そう思ったら飯の味もわからなくなってきた。



気付いたら、飯ほったらかして、買いに走ってました。一番近いドラッグストアの閉店時間が迫ってたし。
迷った末、




〇授業で声からしてる旦那のために(あー優しい妻だこと)のどと鼻によい「ユーカリ」

〇立ち仕事と机仕事で肩こりと腰痛がある旦那のために(なんて優しいの私)それらに効く「杜松」

〇昨日、楽しい企画(年明けに公開予定)を考えてたら興奮して寝付けなくなった私のために、誘眠効果のある「ラベンダー」

の3種を購入。



あーお風呂が楽しみ♪結果はまたご報告します。





さてと、季節感溢れるクリスマス限定のプレートに変えました。
25日過ぎても、このままになってたら、誰かそっと教えてあげてね。


まあ、24日も25日も普通に働きますし、年齢的にもそんな盛り上がれませんけど、恋とかに初々しい頃は、結構重要だったりしますよね。


「クリスマス、ひとりになっちゃう~!」


なんて一緒に過ごす人を探すほど必死ではなかったけど、初めて恋人とクリスマスを過ごす機会に恵まれたときはあこあこまんもウキウキでした。



「やっぱ、あたしも指輪とかネックレスとか貰っちゃうわけ?」


そう思ってもおかしくないでしょう?みんな一度は思うでしょ?



いや別に、それがアクセサリーじゃなくても構わないんです。彼が私のために一生懸命選んでくれたものなら、なんでもいいんです。


だけどさ、「声変換機」って・・・汗
なんかね、電話にその「声変換機」をつけると、私の声が違う声になるんですって。
ええ、それだけです。なんじゃそりゃ。誘拐でもしろって?


(なぜ、私が誰かに正体を偽って電話をしなければならない?)
(正々堂々と電話したいんですけども。)



その思いを飲み込んで、健気に

「声が変わって、おもしろーい(冷汗)」


って喜んだフリをした悲しい私。
興味あるフリして、その場で試してみたわさ。
馬鹿みたいに、違うとこまでわざわざ行って(爆)あたし、なにしてんだろうとか思いながら。
またたいして声など変わらない、お粗末なつくりなのがこれまた悲しい。今思えば、ゲーセンの景品だったのかも知れん。ゲーマーだったし。

グッ〇のベルトなんてあげた自分の張り切りように、自己赤面でした。




なんだかやけにチンケな紙包みを見たときから不吉な予感はしたけども。



センスないのかケチられたのかは不明。
お金はある人でした。



あまりのくだらなさに、これは仕掛けで帰りに本当のプレゼント渡される仕組みかと思ったけど、することだけはしっかりして、普通にさよならでしたから!




この人は誕生日にも対象年齢6歳の変なおもちゃくれてね・・・。

ま、この辺にしておきます。切ないクリスマスの思い出でしたw


今度はいい思い出のほう、書きます!





| | コメント (9)

2006年12月13日 (水)

突然の別れ

胃腸風邪が流行ってるみたいですね。
バイト先でも病欠者多発。
お陰で昨日も、18時にあがれるはずが21時過ぎまで働く羽目に。




そんで、そうして一生懸命働いてるときに、私の自転車がまんまとさらわれてしまいました。
近いうち、もう少し品質のよい自転車を購入する予定だったのですが、これまでの愛用車も二番手として買い物とか通勤用に活用する予定だったのです。
私の爆走がたたって、買って2年ながらすでにタイヤの傷みによるパンクが4回と、かなりお疲れの様子ではありましたが、まだまだ、使えました。




「いつも鍵つけっぱなしだからいけないんだよ」



なんて責めないで。根拠はないですが、盗られない自信があったんだもの。



返しやがれ、うんこ野郎!!涙



なんて思いながら、本日は美容院に行って来ました。
以前は大銀杏も可能なへそまであるロン毛でしたが、今は肩より少し長いくらい。
今日はヘアエステもしてもらいました。
頭皮マッサージなんかされて、うとうとしてまえ!って言われてるようなもの。


終わった頃にふと鏡をみたら、半目でだらしなく口が開いた醜い人妻がそこにおりました。





Vfsh0111_1
豚の味噌丼の下ごしらえです。


味噌を酒や砂糖などでといたものに、豆板醤を加えてややぴり辛です。




これは明日の旦那の昼飯。
私は昼はほとんど不在ですが、旦那は昼飯を食べてからの出勤になります。
それで、下ごしらえだけして、焼いたりするのは旦那にやってもらいます。


そうなんです、うちは

「仕上げはおまえでしろや」

システムを採用してるんです。飯も自分で炊いてもらいます。

Vfsh0112_2

これはアボカドとパプリカのサラダです。
こちらも、仕上げは旦那自身でしなくてはなりません。

ま、ドレッシングかけるだけなんですがw





なんとなく我が家の昼飯事情を公開してみました。
それでは☆




| | コメント (9)

2006年12月11日 (月)

個室密談

お通し ¥1000  たらば蟹のピッツァ ¥1380 チーズ旨みどて煮 ¥600 コーチンもも肉炭火焼 ¥980 海鮮サラダ ¥980 カルボナーラ¥1000 和風フォアグラ丼 ¥1200
ぬか漬け盛り合わせ ¥520 アップルパイのアイス添え ¥650 季節のタルト¥650 コーヒー×2 ¥1000 ルイボスティー ¥400 生ビール ¥500 席料×2 ¥700



・・・けっ、結構食ったな・・・!汗



Vfsh0108_5 土曜日は、友達と二人で「忘年会」名目で食事に出かけました。
私には似つかわしくない、和アンティーク調にまとめられた内装が素敵なレストランで、たいした秘め事などありもしない平凡な30女2名が、大そうにも個室を用意してもらっての会食。






代わる代わる個室を訪れる店員のルックスも上々。
見掛け倒しではない料理と同じく、接客も充実。ホスト上がり感も否めなかったけど、よく教育されてるなー



と思いきや、ひとりだけ極端にむすっとした店員がいて、最低限の接客用語すらなしの徹底振り。無言入室、無言退室。あまりのギャップにむしろウケました。それが狙いだったのかも知れません。
それかうんこを我慢していたかどちらかです。



それで、冒頭に記載したのは、この日のレシートをそのまま丸写ししたものです。
正月に太ることを見越して減量中だったのに、デザートまでしっかり完食。


「おおまいがー」


なんて思ってたけど、昨日はバイト先が忙しすぎて飯も食えなかったので、プラスマイナスゼロでよしっ!!!・・・ってことにしといてね。




さて、気心知れた友達との会食で4時間も個室を占領。


30女が二人。今は穏やかな日常を送る二人だけど、過去は色々ありました。
許されぬ恋・・・危険な恋・・・ひとり胸にしまって涙したあの人との切ない思い出。


たまには誰かにそっと話してみたくなるときがある・・・



なわけはない。あこあこまんですよ?そして、あこあこまんの友達ですよ?
最後はやっぱり・・・。



個室って政界の悪いおじさんがお金の取引とかしたり、恋人たちがふたりの世界を楽しむためのものだけではなく、トイレトークも気軽にできるメリットがあることに気付かされた一夜でした。






Vfsh0109_6 Vfsh0108_4
名古屋駅セントラルタワーズ前のイルミネーションです。
神戸のとかよりは落ちるけど、そこそこなことにはなってますよ。

↑人だかりもすごかったっす~

年の瀬ってこともあり、地下街も地上もデパート群も大騒ぎになってました。




うちの近所にも、イルミネーションがすごい一戸建てのお宅があるのですが、年々派手になっていき、今年に至っては家そのものはほとんどわからない状態にまでになってしまいました。収拾つかなくなった紅白の小林幸子を思い浮かべてしまいます。



痛々しくなる前に、どっかで線ひかんと。心配です。



ただ今日付が変わって11日の深夜1時半前。
これから全日本相撲選手権を観て、床につきたいと思います。

それでは今週もよろしくお願い致します。

| | コメント (11)

2006年12月 7日 (木)

拝啓 青森のりんご

Vfsh0104_3 


「拝啓 青森のりんご」






我が家は、今りんごの癒しでいっぱいです。
今月半ばくらいまで、楽しめそう。





ブログ仲間(って私が勝手に思ってる)の青森りんご農園の じゅんさんから、とれたて農家直送のりんごが届きました。じゅんさんは、このブログを立ち上げてから、わりと早い時期に訪問してくれた方で、もう1年ぐらいのおつきあいになります。



遠慮の知らない私は先日、じゅんさんからの「りんご、おすそわけしようか?」ってコメントに歓喜、


「くれくれ!!」


と張り切って住所を送りつけたところ、本当に送ってくれました。
しかし津軽男児ってのは太っ腹。



旦那が宅配屋の対応に出たのですが


「どしん!」

とえらく重量な音がしたので、何事かと思いかけつけると・・・




見よ!

Vfsh0105_3

この大盤振る舞いを!でっかいりんごが30個も!しかも2色!

りんご大人買いみたいでしょ~





これでも「もっと送りたかったけど、いろんな人に送ったからこれぐらいになっちゃった」って量なんですって!
さすがりんご王国。スケールが違う。かっこえー。
既に感激の量だよ~
さすがのよくばりあこあこまんだって、2~3コ送ってきてくれるイメージでいたんだもの。




それにしてもとれたてってことで、香りがすごい。とれたてりんごなんて、生まれて初めてです。隣の部屋までりんごの香りで満たされます。
当然味は言うまでもない。激うまです。




そんなわけで、今日も朝から、ゴリラのようにりんごをむしゃむしゃ食ってりんごパワーを頂きつつ、私が主催する音楽教室を開講してきました。



今日はお歳暮シーズンだからなのかな、生徒さんからなんだか色々貰ってしまいました。
私のほうこそ、通ってくれてありがとって感じです。


個人でやってるので、極小教室ながら心配しないといけないことが多く、開講当初はとても仕事を楽しめる状態ではなかったけども、ここ最近やっと


「生徒さんに会うのが楽しみ」


くらいは思える余裕が出てきました。謙遜でもなく、たまたまいい生徒に恵まれて、なんとかやってこれた感じなのです。




Vfsh0106_5

←受験シーズンを迎えて、今が一番忙しい塾講師の旦那。
湯上りもはんてん来て仕事してるのを盗撮。
採点とか、問題作りとか、授業の予習とか。
帰宅してからも忙しそうで、ちょっとつまんないです。



旦那は、この仕事が大好きで、仕事に行きたくないなどとは一回も思ったことがないんだそうです。


悔しいけど、私はまだそこまでは思えないなあ!

| | コメント (10)

2006年12月 5日 (火)

うちの別荘

Vfsh0098_6



どこからの眺めでしょう?



















正解です・・・Vfsh0099_3

←うちの別荘からの眺めでした。








もうあこあこまんの嘘はうんざりだって?w



前回書いた記事の続き。

焼肉の前に時間があったので、大阪城に行って来ました。
鶴橋から近いですよ。
大阪城はついで。
行きたかったのは、城下町のほうです。


と言うのも、10数年前くらいまで、私の父の生家及び実家がこちらにあり
私の子供の頃の盆・暮れ・正月は、こちらで過ごすのが定番でした。
第二の故郷なんていうと大袈裟だけど、
ちょっと懐かしみたいなーと。


ほんと久々に、訪れた町。


Vfsh0093_3

こういう細い路地が大阪の城下町っぽい。
この先に、父の生家があります。





今は違う人が住んでてね。
遠巻きに見て懐かしんでたら、初老の女性と孫らしき幼い女の子が手つないで出てきました。20数年くらい前の自分を見ているようでドキっとしました。



うちのおばあちゃんが戦前から住んでいた家。
父が生まれた家。
5人の子供が育った家。
13人の孫が通った家。
お正月になると、みんなが集まって、大騒ぎになった家。


この家のこと、前からよく知ってるのは私のほうなのに、家人が出てきて、慌てて立ち去るのは私のほうなんだから。
元家人の祖母もすでに鬼籍の人です。
月日は経つもんですね。



でも柔和な感じのおばあさんが新しい家人でよかった。
悪そうなおっちゃんとか一升瓶片手に出てきたら、ちょっと厳しいな。






さて、城好き旦那のリクエストに答えて、大阪城へ!


8階の展望台から下は、各階資料などが展示されており、博物館状態。
8階から降りてくる形で、各階閲覧。
そんで、清掃のおばちゃんが、細い階段を上から順に掃除機かけてたんだけど、ちょっと怖いのね。

「はよ通れや(怒)」


ってな感じに眉間に皺寄せられて、その脇をいそいそ恐縮気味に通過。
身体を寄せるのは、お客様のわたしたちの方ですから。


また我々夫婦もタイミングが悪いのか、降りる度そのおばちゃんとバッティングしちゃって。もう最後の方はおばちゃんいないか確認してからダッシュで降りてました。


大阪城まで来て何やってんだろ。



Vfsh0098_7
←各展示物を熱心に見入る旦那。

私も一緒に
「へえー」
なんてわかったフリしてたけど、正直、お城の前にあった「みたらし団子」とか「たこやき」を食べるのが楽しみで頭がいっぱいでした。



って・・・そうだ、焼肉の前にみたらしとたこ焼き食べとったんだ!
それなのに、あのやろ、大食いしやがって!(まだ恨んでる)



大阪のたこ焼きはたくさん食べたけど、みたらしはそういえば初めてだったかも。
大阪のみたらしも、おでんやうどんと同じく色が薄いみたい。
みたらしって茶色のイメージだけど、大阪のは黄金色でした。たまたまかも知れんけど。



Vfsh0094_2 黄金色と言えば、大阪城公園の銀杏もきれいに紅葉してました。

写真写り悪いけど、本当はもっと鮮やかでした。

ほんとは今月旅行行く予定だったんだけど、予定がうまく組めずに年明けに持ち越しになっちゃったので、これが今年最後の遠出かも!

それでは^^

| | コメント (10)

2006年12月 4日 (月)

2006・12 鶴橋肉戦争

Vfsh0102

ジュワ~!
おいしそうな焼肉!
空腹時にこんな画像はたまらないですね。



我ながら上手に撮影できました(UPして見てね!)
土曜日に、大阪の鶴橋に日帰りで行って来ました。
知ってる人も多いけど、鶴橋はコリアンタウン。昭和初期にこの地に韓国の人が集まったのが始まりだとか。


もうね、駅についただけで、焼肉・キムチ臭ぷんぷん!
駅にいる人がみんな韓国人に見えてきたしw
これはすごい!






Vfsh0099_4

駅に連結している商店街はキムチラッシュ。
細い路地に所狭しとキムチキムチキムチ。
それ以外の韓国食品もありましたけど、キムチオーラが強すぎて・・・

「いやーしかしなんでもかんでもキムチに漬かってんな(苦笑)」


と旦那。確かに。日本でも主張が強いとされる食品の代表と言ってもよい「辛子明太子」までもが漬かってましたから。


Vfsh0100_2

こっちは焼肉屋街。
左右オール焼肉屋と言っても過言ではありません。
夜7時くらいになると、肉を目前にして興奮気味の客がこの路地に溢れかえってました。




「雅山関もご来店」
と写真が飾ってある焼肉屋に吸い込まれそうになったけど


Vfsh0103_6

←今日は「鶴一 本店」を目指して来ていたので我慢







ということで冒頭の写真。
うまく撮れたのに気をよくして


「見て~おいしそうに撮れたでしょ~?」


なんて旦那に携帯カメラを差し出しつつほのぼの妻を演じていたのはここまで。


うちの旦那もともとすごく食べるほうなんです。
回転寿司30皿だし、最近はないけど1食で一人で3合食べたこともある。


まわりの各テーブルは、カップルや家族で談笑しながら適度なテンポで肉を焼き味わってるのに、うちのテーブルだけ、二人しかいないのに旦那が肉を網一面に敷き詰め、そして焼き上がるや否やあっという間に旦那の腹に収まり、また新たな肉で網が埋まってる状態。


肉は予算も超えてたくさん注文してるのに、全然私にまわってきません。


ご機嫌で勢いよく肉を頬張る旦那とは対照的に、向かいでもたもた肉を食べる妻はやがて
イライラがつのり


「おめえいい加減にしろ!!!こっからこっちの肉に触んな!!」


肉を口につめたまま旦那に箸で叩いて境界線を提示。
ところが


「ふん!焼肉は弱肉強食の世界なんだよ!」


と反省するどころか、悪態ついて対抗してくるじゃありませんか!くそ生意気な!
半生状態で、がつがつ食いたいんだそうで、ほんといい迷惑。


夫婦で肉戦争勃発です。
若干妻の威力に押され気味になっている旦那は、境界線は意識しているものの、網半分になった自分のエリアを最大に生かし、テンポよく食します。


私も負けまいと、精一杯自分の網に、肉を広げるのですが、食べるスピードに追いつかず焦がしてしまいました。と旦那がまた


「あこちゃんの焦げてるよ」


と冷やかし気味に言うから腹立つ!それで、


「あんたそれ以上言ったらマジ、キレるからね!!」


と自称美人人妻は、肉の配分ごときで青筋たてて、既にマジキレしていたのですから、みっともないったらありゃしません。



ふたりとも肉より魚派なので、夫婦で焼肉なんて結婚してからは初めてでした。

つきあって初めての頃に行ったことがあったけど、旦那のおごりだったし、まだ私もそこまでガツガツできなかったから、穏やかに肉をつまむかわいい(?)彼女でいれたのですが。




最終的にはあまりの私の剣幕に旦那も笑いを堪えつつ、やっと焼肉をまわしてくれるようになりました。






これから旦那と焼肉に行くときは、事前に重たいものを食べさせておく作戦必須です。



あ、肝心の鶴一本店の味、「安くて上質な肉を提供」とのことでしたが、他店と比較して確かに高くはないけど、そこまで肉質がいいとは思えませんでした。




ま、でも楽しい1日でした。
他に寄ったとこあるんですが、長くなったので今日はこの辺で。

そうそう帰りに韓国のりまきを買ってもらって、今度は夫婦仲良くちゃんと半分コして帰りの車中で頂きました。

・・・って、まだ食ったんかい!!(旦那はメロンパンも食べてました)

| | コメント (8)

2006年12月 1日 (金)

森下ではありません

ここ1週間まるまる、休日をとりそびれてました。
明日やっと休みです♪




先日、バイト帰りのスーパー買出しを終えた夜7時頃、自宅近くにて、突然息切らし気味に60前後のご婦人が小走りで近寄ってきました。
そして、私の腕を軽くつかみ


「ねっ!あなたっ!この〇〇町の人?!」


私は、道を聞かれやすいタイプなので、今回もそうなのだと思いました。
私がうなずくとやっぱりそうなのか


「あーよかった!!オホホホ!!」


とえらく感激の様子。ところが彼女は、道を聞くではなく


「ちょっ!ちょっと待ってて下さる!!」


と私を手で制止させると、そばにあった彼女の車の後部座席に頭を突っ込み、たくさんの書類になぜかトイレットペーパー(12ロール入り)を抱えて慌しく舞い戻ってきました。


「私ね、コンビニの利用についてリサーチをしている会社のものなのですがね。今回この町を担当することにしまして、オホホホホ!!!」

「は、はあ・・・」



突然夜道に現れ、まくしたてる彼女の勢いに圧倒されて困惑気味の私をよそに、彼女はのりのりです。さらにまくしたてます。



「でも私今回アンケート頼みたいの、30代の女性なのよねー!!あ、な、た。20代・・・よ、ねえ?」
「いえ・・・30代です」




「まあ!それはよかったわ!!!オホホホ!!はい、これお礼の図書カードです。
どうぞご確認下さい。オホホホ!」


と笑顔で1500円分の図書カードを私に押し付けてきました。いやいやいやいや待って下さい・・・私の、私の意思は?!まだアンケートやるなんて一言も・・・なんて思いつつ、彼女に食い込む方法もわからず図書カードを握ってしまった私。


ていうかちょっと待ておばちゃんよ!



30代探してるのに、あたしをホントに20代と思ったら、声かけないだろーーー!!
さては、30代と見込んだが、万一のために20代かと聞いたな!!一応3ヶ月前までばりばり20代だったんだよ!!え?正直に答えろやーーーー!!!




しかしショックを受ける私をよそに、彼女は「あーよかった」と何度も繰り返しながら、がさごそがさごそと封筒からアンケート用紙を取り出し、薄暗い道端で立ったまま、ちょっとかしこまった風に改め


「ではまず、知ってるコンビニ名が挙がりましたら、はいと答えて下さい」


とアンケートを始めるではないですか。

「ファミリーマート」
「はい」
「ローソン」
「はい」
「サークルK」
「はい」
「セブンイレブン」
「はい」


私も答えちゃってるし!
完全に彼女のペースにはまってしまって、あともう一歩で自宅に帰れると言うのに、その一歩がなんと遠いことか。
買い物袋が、手に食い込んできました。



その後もたくさん質問が続き、その都度彼女は私の回答を手持ちの用紙に記入していくのですが、その都度ばらばら、ばらばらと別の書類の束から、あの紙この紙が落下し、拾い上げてはまた落としての繰り返しで忙しないったらありゃしないんです。



またおばちゃんの声がでかいから、そばの家の住人が小窓あけてこっちの様子伺ってるんです。なんで私のコンビニ遍歴をこんなところで披露しなくてはならないのだ。
仕方なく私は



「あ・・・あの、うちそこなんで。来ます?」



と申し出ました。そしたら待ってましたとばかりに



「まあ!そうしてくださる!ごめんなさいね、オホホホ!!!」



と遠慮の姿勢皆無。もうここまで来たら、私のほうも迅速にこの仕事を終えて帰ってもらうよう努めるのが賢明でもあります。



さて、がつがつとうちに乗り込んできたおばちゃんは、ここで急に声を潜めてこう切り出しました。





「ホントは2週間前から毎日、日記形式であなたのコンビニ利用状況を記録してもらわないといけなかったんだけど・・・実は私ずっと風邪で寝込んでまして依頼が遅れてしまいましてね・・・ゴホンゴホン」


とさっきの元気はどこへやら、軽く咳き込みつつ




「・・・昨日までの分は適当に書いてってことで・・・会社には内緒にして下さる?そういうわけで、これは私からの気持ちです」



とトイレットペーパー12ロール登場。そういうことか。まあ私、人よりう〇こ多いから、使う量も多いし助かるけどさ・・・これと引き換えに共犯かよ。



そんな私の内心を察したのか



「それにしてもあなたは、本当清潔感があると言うか、ほんとにきれいな方で・・・オホホホ・・・!素晴らしい方です!」

と突然とってつけたように、私を賛辞し始めました。
たいして私の顔など見てなかったけどね。




そして彼女は、小学校のドリルくらいはあるコンビニ利用日記帳(場所、時間、目的、金額、店内の様子など項目はかなり細かい)とさらに膨大な量のアンケートを残して、ばたばたと立ち去っていきました。




それから数日後に回収日とのことでしたが、その日は私は遅くまで留守だったので、郵便受けに置いておく約束をしておきました。で、引き換えにおき手紙がしてあったのですが



「森下様 確かに受け取りました。ありがとうございました」と。





・・・。
うち森下さんじゃないし・・・。


なんだか頑張ってアンケート答えたのに、森下とやらに手柄を横取りされた気分に。



Vfsh0106_3
でも、おかげさまで今月号の「相撲」は頂いた図書カードで購入させて頂きました。


昨年の九州場所決算号は横綱と数子とか言ういかさま占い師とのツーショットの表紙で、胸糞悪くなりましたが、今年は大丈夫でした。



よい週末を☆

| | コメント (8)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »