« モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑬ | トップページ | モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑮ »

2006年2月10日 (金)

モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑭

明日は休みだ嬉しいな~♪

低血圧のせいか寝起きが非常に悪い私。一回目の目覚まし音で起き上がるなんて異常事態は
大相撲名古屋場所の観戦に出かけるときくらいなもんでしょう。
相撲はやっぱ早朝の序の口から観るに限るもんね!

毎朝毎朝、遠のきそうになる意識の中

「今日こそ起きるもんか(怒)仕事?知らんね。サボっちゃえ」

なんて思うものの、ここは小心者の末端市民。
間際の時間になれば、白目むきながらも絶対起きて出かけるんだから。



モンゴル続き♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪あと5~6回くらいで終われそう!

こんな眼の痛みは人生初めてだ・・・



とにかく少しの明かりでも目にしみるので、ゲル内裸電球ひとつのみの明かりすら
避けるようにして、旦那とこの事態について話しあいました。



せっかくの新婚旅行、彼のためにも早く元気にならなくては!
と気ばかり焦ります。


やがて・・・



「この極度の乾燥と、薪ストーブのすす(薪投入時にたちのぼる)が原因なのでは?」


なんて推論にたどりつきました。


「そんなら・・・湿気だ!湿気といえば・・・・・風呂!!風呂に行って湿気を浴び全身のすすを落としてこよう!」




私達は、近くにシャワールームがあることを思いだし、早速使わせて頂くことに。
ボイラーを暖めるとかで、1時間待たされてやっと使用許可が。



シャワールームはゲルから小走りで10秒程の場所にぽつんと設置されていました。
マイナス20℃以下を、銭湯セット持って突っ走る!
そしてシャワールームに飛び込む!!



「☆!#$%&*;!!!んがっ!!!!!」



めっさ寒い!!
シャワールームはコンクリート造りのタイル張りのせいか
外気以上に極寒度アップ。冷凍庫状態。
こんなとこでヌードになるなんて!!!(涙)




それでも、眼が改善される可能性があるのなら・・・とシャワーをひねり、すっぽんぽんに。
極寒モンゴルの大地で、私、すっぽんぽんになりましたわよ。



そして大慌てで全身に熱いシャワーをたっぷり当てて、ホッと一息。
湯けむり美人発生。イヤン・・・見ないで。

となる予定が・・・



「あわわッ!ぬるっ!・・・・ガタガタガタガタ・・・さ・・・さぶい。眼もイタ・・・ブルブルブルブル」



水寸前シャワー。
冷え切った身体としみる目で苦しむ私に、これ以上いったいなんの仕打ちなのか。



少し我慢すれば、もっとボイラーが温まってちゃんとしたお湯が出るかも・・・



そう思って、淫らな格好のまま、ひたすら耐えて待つ。寒さをこらえて不自然なポーズのまま待つ。待つ。待って待つ・・・白い息吐いて待つ。
そしてシャワーは


完全冷水に変化。




青紫に変化した唇で、ゲルに飛んで帰ったことは言うまでもありません(涙)



教訓:極寒の地で、発達してない国のシャワー利用厳禁。



結局、モンゴルの有名な星空も観測することもなく、早々に床に着いた私。
目を開けることが困難なのであれば、もう寝るしかない!(怒)




夜間は薪から、じわっと長く温まる石炭へストーブの燃料が変わりました。
パチパチ、石炭が燃える音をBGMにおやすみなさい・・・☆☆☆
  うん、ゲルの寝心地はあったかくて、とてもよかった。
  



翌朝・・・。
全く改善の兆しなく。


ウランバートルへ戻って病院を探すことも考えました。
でもガイドブックの「急病の場合」を読むと



「モンゴルの医療は発達してないので、中国へまわされることが多い」


と記載されていました。

せっかくモンゴル来たのに、ニイハオ、シェイシェイかあ~・・・。
アイラグ飲んで(モンゴル旅行⑬参照)よくなるとも思えないし・・・





悩んだ末、強行突破でテレルジ探索に挑むことに決めました。

05031812p3180057

牛の大群に出会う。
次回はテレルジ探索について
書かせて下さい。
05031813p318006700

明るさに特に反応する眼の痛みのため
テレルジでの写真は
うつむき加減のものばかり・・・

|

« モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑬ | トップページ | モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑮ »

コメント

充分に温まってから冷水を浴びれば
氷点下の外に出ても体はぽかぽかですけど
最初っから冷水とは・・・^^;

青森でも-20℃というのは
無いから想像が付かないです。
水も痛いって感じなんでしょうね~。

投稿: じゅん | 2006年2月10日 (金) 20時51分

じゅんさん>
おっと、じゅんさんのブログ行って帰ってきたら、じゅんさんからコメントが!ありがとうございます☆

<充分に温まってからなら冷水浴びても大丈夫>
知りませんでした!さすが雪国男児!
しかし、それ、勇気要りますね・・・
中部育ちの軟弱女子は、氷点下じゃなくても、冷水あびる度胸なしw


投稿: あこあこまん | 2006年2月10日 (金) 21時12分

まさに「とんでもない出来事」だらけですね~^^;
でもすごいっ!! 目が痛いってどんだけ痛いかはわかってないけど、せっかく旅行に来てその地の景色を心にのこしておけないってのは辛すぎ(大汗)しっかし、強行しちゃうその男前なとこがいいっっ!!
続きたのちみ♪

投稿: のりっこ | 2006年2月10日 (金) 22時58分

コメントありがとうございましたm(__)m。
もしどうしても嘉風のブログ読んでみたくなったら、紹介お願いしちゃうかもしれません。その時はどうぞよろしくお願いします。
波瀾万丈のモンゴル旅行記、今回も楽しく拝見しました。最初の方で紹介されてたサンダル、いいなぁ〜。
明日は我が家の一大事、いよいよ売り主さんと契約の日です。あこあこまんさんもいい物件が見つかるといいですね。長くなってしまってごめんなさい。

投稿: ちょこぼ | 2006年2月11日 (土) 18時55分

こんばんは。
その寒さは十分伝わってきました(>_<)
日本でさえ、お風呂に入る前の服を脱ぐ時が嫌だというのに。
おまけにぬるま湯程度?では寒すぎます!

私もすごい低血圧で朝が本当に苦手なんです!
日勤の日の朝は辛くて仕方ないです。

投稿: あき | 2006年2月12日 (日) 19時18分

のりっこさん>
男前!?最高の誉め言葉ですわ!ありがとうございます☆
とにかくわずかな光でも目にしみる・・・そんな感じでした。

ちょこぼさん>
紹介はいつでもどうぞ!
アジア雑貨屋さんあたりに例のサンダルおいてありそうな気も
しますけどね~?どうなんやろ~

あきさん>
おっと!低血圧の朝苦手仲間ですね!
看護婦さんでも克服方法を知らないなら、これは病気として
社会に認めてもらわないと(笑)

投稿: あこあこまん | 2006年2月13日 (月) 02時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25408/668028

この記事へのトラックバック一覧です: モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑭:

« モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑬ | トップページ | モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑮ »