« モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑫ | トップページ | モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑭ »

2006年2月 8日 (水)

モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑬

今日も某飲食店でお運びさんしてたんですが。

一緒に働く年下のフリーターの子。見た目ごくフツーの女の子なんですけど。
被害妄想が強いというか・・・
毎度毎度
「あの客ににらまれた」
「あの客に嫌味言われた」
などと言ってはぶちキレながら私に訴えてくる。

うちはごく普通の健全な飲食店。そんな毎日、やっかいな客なんて来るんだろうか。
いやいや、絶対考え過ぎだと思うんだけど!

なるべく理解してあげたいと思うんだが、彼女の思考回路が正直ワカラナイ。
彼女の心の根っこでひっかかっているものは、何?



モンゴル旅行☆☆☆☆☆☆☆☆☆



ところでテレルジは今何℃くらいなんだろう?
この日はウランバートルもかなりの極寒だったような気がしたけど
Aさんは




「だいぶあたたかくなりました。モンゴルは今、春です。」


なんて朗らかに言ってのけたっけ。

「雪に誤魔化されてるだけで、意外にマイナス5℃くらいなのかな~」




なんて話しつつ、ゲルの外に仕掛けた我等持参の温度計の確認にいくと・・・
 

「どこが春なんだよ!!(怒)」


温度計が計れるマイナス20℃の最低ラインをふりきっておりました(涙)測定不能・・・。
ちなみに、冬はマイナス40℃くらいにはなるそうです。無理無理。



モンゴルは乾燥がひどくって。
ウランバートルに着いた時から、お肌がガビガビになってしまい、
ノーメイクはもちろん、化粧水も乳液もするだけ無駄。塗ったそばから蒸発していく感じ。
もう完全お手上げ状態になってしまい、ワセリン(タイガーバームっぽいやつ)を
ひたすら圧塗りにして耐えていた私(女子の皆さんなら、このあり得なさ、わかりますね?)




私だって普段は、一応お肌の手入れには力を入れていたほうですよ。
そんな長年の女子としての努力もすべて水の泡・・・さよならスキンケア。



輪をかけて、ゲル内キャンプファイヤー状態だったものですから、
極上の乾燥社会が出来あがりました。



「少しでも湿気が欲しい・・・誰か・・・タスケテ」



そこで、Aさん持参のやかんが登場!
その中に雪をつめて、ストーブに乗っけて蒸気を起こす。
ありとあらゆる下着などをすべて雫が落ちるほどに湿らせて、ゲル内に干す。
パンツ干して恥ずかしいとか言ってる暇なし!

それでも、日本に帰るまで、常に求めていました。



「湿気・・・湿気を・・・くだ・・・さい・・・」



それにも増して気がかりだったのが、私の眼。
いったいどうしたことでしょう。
眼球全体に白い膜がはったような感じなんです。テレルジ全体に霧がかかっているような。
目薬をさしてもさしても解消されず、すごくうっとうしい。




さて、荷解きを終えた頃には、日も傾いてきたのでテレルジ探索は翌日にまわして
ちょっと早い夕食へ。
05031620p3160039

ってここでやっとモンゴル料理にありつけたんですよ!
ウランバートル市内では、例の状況によりモンゴル料理屋を発見するに至らず。
空腹に負けて、ハングル文字や漢字のお店で妥協しておりました。




モンゴル料理?
結構うまいですよ、基本的に羊の肉と塩味ばっかなんですが、ここは同じアジア人。
口に合いました。
もっといえば「はまった」かも。



その後、日本でもモンゴル料理屋さん探して行ったくらいですから。
そこは旭天鵬や旭鷲山も時々現れるとのこと(朝青龍は来たことないってさ)
そのうちその店紹介します・・・


って・・・晩飯を食べ終わる頃には霞がかっていた私の眼が
たまねぎ刻んで目にしみた状態×10 程度に痛み出しました。



「何がいけないの?何が原因なの?どうしてどうして?」



私は涙だらだら、痛む目を押さえパニックに陥りました。
こんな時、日本にいればささっと車で救急外来へ・・・でなんとか気が落ち着くのかも知れませんが
この周りにそんなものがあるはずありません。



テレルジ近郊で唯一紹介された医療的(?)機関といえば
「アイラグの保養所」

アイラグ=馬乳酒



要は馬の乳で出来たお酒を飲んで静養につとめる。
アイラグの力で病気を治していこうと試みるところだそうです(汗)
そ・・・それだけ?

いやいや、アイラグを馬鹿にしてるわけじゃないんだけど!!
そんな悠長なことしてる場合じゃないもんで!!(涙)
 
 
実は私、
モンゴルへ経つ10日前に、肋骨にヒビを入れて、だいぶよくなっていたものの
コルセットを巻いたままの旅でした。
おまけに、モンゴル来る前に寄った韓国では、激辛キムチの刺激でじんましん発生。
モンゴル1日目は、その痒さが時々沸き起こり、辛かった。

その都度旦那に迷惑かけて、彼は本当に親切だったけど、すまない気持ちで一杯でした。
やっと、肋骨もじんましんも落ち着いてきた頃にこの事態・・・

泣きたい気持ちで一杯になったあこあこまんなのでした。
05031700p3170042

←眼を閉じてると少し楽になるので
  ゲル内に設置されたベッドでふて寝。

|

« モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑫ | トップページ | モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑭ »

コメント

こんばんは。
ご挨拶が遅くなって申し訳ありません!

モンゴルが寒いとは聞きますが、春でもマイナス5℃なんですか(>_<)
それと、そんなに乾燥しているんですかぁ・・・
肌に大敵じゃないですか!モンゴルの女性はどうしているのでしょう?
↓記事の新婚旅行でモンゴルの何がいけないのでしょう?
笑うなんてひどいな~
人と同じようなありふれた所より、モンゴルやエジプトに憧れます。

投稿: あき | 2006年2月 8日 (水) 21時42分

こんばんはvv。なにげに夜中に目が冴えてしまったもので、もう1ぺん、モンゴル旅行記最初から拝見してました。
氷点下になったら外に出たくない寒がりな私、3月のモンゴルには行けませんねぇ(;^_^A
このモンゴル旅行記、否、このブログ、ブログの出版サービスで本にされたらいかがでしょう?マジ、楽しませていただいてます。ではまた!

投稿: ちょこぼ | 2006年2月 9日 (木) 02時33分

すごい体調の変化だったのね…あこちゃんの目が気になるところだわ。私は環境の変化に精神的にも身体的にもおいついていくパワーがないからあこちゃん、すごいな~って思うよー。
なんだか想像以上にサバイバル?な感じ…

文章も上手に楽しく書いてくれてるし、内容も毎回興味深いし、なにしろ面白い!ので、人気blogランキングに参加したらいいのに~って思ってサイト見てみたけど、相撲のカテゴリーが見つからなかった。ないのかなぁ。

投稿: こととん | 2006年2月10日 (金) 11時10分

あきさん>
「春でもマイナス5℃」ってのは私達の勝手な推測です!
わかりにくい文章でごめんなさいでした・・・
でもとにかく、とても春とは思えない気候でしたよ。絶対ウソつかれたはず。
現にテレルジではマイナス20℃下回りましたから。

あ!私も次に行ってみたい海外はエジプトです!気が合いますね~

ちょこぼさん>
本なんて!残ってしまうではないですか(笑)
恥ずかし過ぎです。
PCならいざとなったら消せるから!
こうしてたまに遊びに来てもらえるだけで、私は幸せです^^
コメントありがとうございます!


こととん>

相撲のカテゴリーない?!
おっかしいな~。世界で一番の人気スポーツのはずなのに!
そうだよね?こととん?!
ブログランキング、こととんこそすればいいのに。
人の誉めてる場合じゃないよ!
笑いあり、涙ありのこととんブログだもの。
はっ・・・涙か~私のブログには涙ものがないなあ。
モンゴル旅行最終回は涙涙で終われるようにしようかな(笑)

投稿: あこあこまん | 2006年2月10日 (金) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25408/650070

この記事へのトラックバック一覧です: モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑬:

« モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑫ | トップページ | モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑭ »