« 私は力士になりたかった | トップページ | ちっちゃい私 »

2006年2月23日 (木)

人生で最も身の危険を感じたこと

昨日はバイト終わってから、ひたすら珍しく机に向かっておりました。
仕上げなくてはいけないこと、ほったらかしにしてたから・・・(涙)


今日もスタンダードDAY。
ランチのピークが過ぎて、いつもの様に後片付けしながらバイト仲間と雑談していたのですが
「身の危険を感じたこと」
をテーマに(結果的になんとなくそういう話しになっただけですが)語り合っておりました。


美人人妻Sさんからは、
「妊娠中に、中華鍋で揚げ物をしていたら、おなかが鍋にひっかかって油を撒き散らした」
なんてぞっとする話しを頂きました。
幸いにも油はお腹を避け、足の火傷で済んだそうな。

さて、私はなんだろな~?

学生時代に、夜道で変人に追いかけられ、逃げ場を無くした時
「もうダメだ、終わりだ」
と真っ青になったし
高校時代に全身麻酔の手術を受けたとき「麻酔を打ちます」と言われて
意識を失う数秒間も、これまたすごく怖かった。
某信販会社に勤務してたとき、延滞者に督促電話かけたら
「殺すぞ!」
って言われたこともある(いや、これは笑ったな)


でも、最も
「本当に危ない」
と思ったのは最近の話しかも。
まあ、最近だから印象的ってのもありますが。


昨年のことです。
その日の正午頃、私は電車に乗るため、自転車で最寄駅へ向かっていました。
いつも通り駐輪場に自転車を止めるために、駅舎を過ぎてすぐ
右折しました。
その先には細い小道と駐輪場。
通勤ラッシュ帯でもなければ、閑散としたものです。


事件は、その右折してすぐに起こりました。
寝起きだったこともあって、半ばぼんやりとちんたらペダルを漕いでいた私にとんでもない光景が目に飛び込んできたのです。

ひったくり!
初老の女性のバッグを、若い女がむしりとっているではないですか!
白昼堂々、寝ぼけた私にあまりにも突然の出来事。


「え?これっていいこと?悪いこと?」
何が起こったのかよくわかりません。


でも、老女の
「助けて!!!」
って声で、とても悪いことが起きていると確信するわけです。
いやいや本当、あまりにも突然でよくわからなくなっちゃったんですよ。


それで犯人が女だったこともあり
「こらーーーーっ!!!」
みたいな感じで、乗っていた自転車を投げ捨てて女を追いかけました。
実際のところ、この辺あまり覚えてない。


とにかく追いついて、バッグに手がかかったことは映像で覚えています。
その女は、バッグをとられないように防御しながら
とめてあった自転車で逃げようとした。
もう一度、私がバッグを奪い返そうとする。
その時、女のポケットから出てきたものは
カッターナイフ。


その瞬間、なぜか初めて私は冷静になれました。
「もうやめよう。危険だ」


降参した私は逃げる女を見送りながら、すぐに警察に電話したのでありました。


Vfsh0072
通報ありがとうって警察からもらったのがこれ・・・(笑)
今時テレカ・・・^^;
<110番 安心・安全・地域の輪>だって。

いやでもね、あの時冷静になれなかったら私、切りつけられてたかもな・・・
なんて思うと、本当後になって身の危険を心底感じたのであります。


それにしても、通報した時に被害者の年齢は?って聞かれたので、被害者から聞いたそのまま
「60歳だそうです」
って答えたんですが、実際は65歳だった。
翌日の小さな新聞記事で発覚しました。
そんなときにちょこっとサバ読むなっちゅうの!
ホントに女はいくつになっても・・・(笑)


|

« 私は力士になりたかった | トップページ | ちっちゃい私 »

コメント

お仕事お疲れ様でした!

スリルとサスペンス風なお話が
最後の最後で、ユーモアサスペンスに
なるなんてさすがですなぁ^^
でも、今の時代、勇気ある行動が
身を危うくする事が多いので
一瞬、二の足を踏みますよね。
あこさんが無事で良かったです。

ちなみに、僕が身の危険を感じたのは
オカマバーで小便している時に、
リアルでオカマの店員さんに
迫られた時でした。
やられる事を覚悟した次第です。

投稿: じゅん | 2006年2月23日 (木) 20時51分

私も「やらなきゃいけないこと」ほったらかし中っ^^;
あぁ~やらなきゃな・・・。
あこあこたんってほんとかっくいいなぁ。
現実だから、超危ないけど、コントみたいっ**
最高のオチだねっ**

投稿: のりっこ | 2006年2月23日 (木) 22時17分

ひえーっ!あこあこまんさん、なかなかやりますねー!!
でもカッター出されたとき、引いて正解だったと思います。
カッターとはいえ刃物は刃物。用意周到ですね。明るいとはいえ物騒なもんです。テレカ、使ってください(苦笑)

投稿: からくち | 2006年2月23日 (木) 23時12分

最後のオチに、よりリアルさを感じます。
怖い経験に、こんな言い方は妙だとは思いますが、素晴らしい。

投稿: 太蘭 | 2006年2月24日 (金) 13時53分

怖いと言うか飯はチャンと食え!という経験あります。
かれこれ?28年ほど前、実家の酒屋で配達中に
貧血で運転しながら、徐々に気絶したことがあります。
アクセルペダルから足を外さないと・・・。(記憶はここまで)
運良く上り坂で、道路脇に側溝があり脱輪したようでした。
行く手に木の電柱があり、これを折って止まったようです。
事故より1ヶ月前から事故までの記憶を失いました。
三食チャンと食べることをお薦めします。

投稿: 一級能書士 | 2006年2月24日 (金) 14時06分

こんばんは。

いや~あ、凄い体験しましたね!
そんな中、冷静に大手柄でしたね。
それにしても女の引ったくりとは・・・

変人に追いかけられたとありますが、同じ様な経験があります。道を尋ねてきて襲われたのですが、振り回されながら
格闘している間にアパートから男性が出てきてくれて助けてくれました。

投稿: あき | 2006年2月24日 (金) 18時52分

いつも皆さんコメントありがとうございます^^
じゅんさん>
それは男としての尊厳に関わる重大な事件でしたね!!笑
やられればよかったのに・・・ウソ!ごめんなさい!!
のりっこさん>
やらなくてはいけないこと終わりましたか?
私はあと、もう少しで完成!!エヘン!!
からくちさん>
テレカねえ・・・^^;
多分未使用のまま、ずっと財布の中で出番待ちだなw
太蘭さん>
年齢聞いたときに一瞬間があったんですよね~
後からそういうことだったのかって理解した次第です!
一級能書士さん>
それは、とんでもない「身の危険」でしたね!
生死に関わる事故っていうか・・・
私も朝ご飯抜きで、貧血起こして電車で失神したことありますが
この話しに比べたら可愛過ぎる。
あきさん>
えー!
もしアパートからその人出てきてくれなかったらって思うと
すごく怖い話しですね。
よかったよかった助かって。

投稿: あこあこまん | 2006年2月24日 (金) 20時26分

あこちゃん、エライ、勇気ある!
でも、ホント、危なかったね。ケガなくてホッ・・・
ひったくりの犯人が女性ってのにも驚いた。許せなーい。

通報したらテレカもらえるのね、初耳。

投稿: こととん | 2006年2月24日 (金) 21時07分

こととん>
もともと勇気は持ち合わせてないんだけど、考える暇がなかったんだよね(苦笑)
同性ってこともあったしね!

通報したら我が県ではテレカみたい。
そっちはどうなのかな?
一度通報してみて(笑)

投稿: あこあこまん | 2006年2月24日 (金) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25408/807127

この記事へのトラックバック一覧です: 人生で最も身の危険を感じたこと:

« 私は力士になりたかった | トップページ | ちっちゃい私 »