« モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑭ | トップページ | モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑯ »

2006年2月13日 (月)

モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑮

あーやばい。
仕上げなくてはいけない楽譜がまだできてない。
あーやば。マジやば。

ピアノ譜を移調させて、手書きで全部書き移す。

音楽したことある人ならわかるよね・・・
この面倒臭さ。
土日にやろうと思えばできたのに・・・やる気がね・・・
ついつい愉快な方へいっちゃってね・・・近日中には頑張らないとな・・・

って今日やれよ(怒)



モンゴル旅行☆☆☆☆☆☆☆☆



テレルジ2日目も早朝から・・・いや、深夜もお構いなしに私達のゲルに侵入し
スタッフの皆さんが全力で私達のゲルを暖めてくれていました。




ほっとかれたら凍死だしホントありがたいんだけど、こんな状況なのでラブラブ新婚さんよろしく「ちょめちょめ」なんてしてる隙なし(笑)
まあどっちみち


「目が痛い目が痛い目が痛い目が痛い」



と、やかましい私が相手では、エロティカムードどころではありませんでしたが。
え?違うわよ!私に魅力がないんじゃないのよっ!!





それにしても、薪及び石炭の補給に頻繁に我等ゲルに訪問くださるモンゴル人スタッフ。
優しさと責任感も理由のひとつと思うんだけど・・・
その情熱の大きな原因が発覚しました。



実は私達以外ノーゲスト!!貸し切り状態!



だいたい3月なんてシーズンオフもいいところで、営業してないツーリストキャンプ
だってたくさんあったぐらいだったんです。



要はスタッフの皆さん暇だったんだよね!


そのうち、スタッフのひとりである23歳の女の子「Nちゃん」が薪補給に訪れる頻度はどんどん増し、
様々な質問を投げかけてくる様になりました。
「仕事は何?」
「年齢は?」
「行ったことのある国は?」等々。



やがて彼女は、薪の補給(のフリ?)をやめ、とうとう私達のゲルに入り浸りになりました(笑)




しばらくモンゴル人1名と日本人夫婦の計3名はゲル内で片言英語を頼りに異文化交流しつつ
即席「仲良し3人組」風に、気がねなく「だらだら~」と談笑しておりました。


が!今日のプランはこんなことではなかったはず!
外に出なくては!と我に返り、いざテレルジの大地へ!!!
せっかくなのでNちゃんも一緒に!





それにしても10分程目を開け続ければ、眼の限界。激しくしみて涙ぽろぽろになると眼を閉じる。
また目を開け出して少し経つと限界が来て、再び眼を閉じる・・・この繰り返しの状態でした。
だから、テレルジ探索中も、目が厳しくなると、旦那に手を引かれて目を閉じたまま歩いていました。



サングラスしてたけど、これまた雪の反射で相当眩しくて!(涙)





こんな状態だったから、あんまり遠くに行けなかったけども、それなりにモンゴルの大地に
足跡残して来ました。

最初に発見したのは、くっそ寒いのに外でトランプしてる遊牧民の皆さん!!
   ↓
05031812p3180064
この人たち、翌日も同じ場所でトランプしてました・・・
傍らには・・・ラクダ!!
おまえ、砂漠の生き物じゃなかったの?!
   ↓
05031717p3170050

05031713p3170044

←それから、Nちゃんとヘンテコサングラスで怪しい私。
  彼女の家は、歩いて1時間ほど(!)の場所に
  あるとのこと。本当にいつも歩いて通勤してるんだって。
  別にたいしたことないよ・・・ってさ。
  モンゴル人はこうして足腰が強くなっていくんだね。
  

05031716p3170047_1

←この一本道をひたすらずーーーーっと
歩いていけば、いつかウランバートルに
たどりつけます。多分。
人影は私。

05031812p3180056
 
→牛の大群に旦那襲われる!!
「もうダメだ!」と思ったらしいけど
ぶつかる直前で牛の大群が旦那を回避。
モンゴルの牛はおりこうさんです。 



あ、そうそう。
あんなに熱心に私達のゲルに訪問されていたスタッフの皆さんも
15時から17時頃までは音沙汰なしになります。
なんででしょう?正解は次回。

それでは!

|

« モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑭ | トップページ | モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑯ »

コメント

目の心配をしつつも
15時からの2時間が気になってます。
相撲に夢中でもなかろうし、
宗教のお祈りをするんでもないでしょうしねぇ。
なんなんだろ?

でも、ラクダって砂漠というか
熱い国にいるだけじゃないんですね!
勉強になりました^^

投稿: じゅん | 2006年2月13日 (月) 15時29分

うほっっ!!
気になる・・・。なんだろぉ??
それにしても
(目の)痛みに耐えてよくがんばった!感動した!!
ってあれだね*

投稿: のりっこ | 2006年2月13日 (月) 16時04分

「Nちゃん」参入は意外な展開だ☆
次から次へと話題満載な旅だねー。あと数回でこの旅連載が終わってしまうかと思うとさびしくもあり、続きが早く読みたい気持ちもアリ。
なんだろう?その空白の2時間・・・相撲中継?

投稿: こととん | 2006年2月13日 (月) 18時15分

じゅんさん>
そうなんですよ~ラクダの存在には目を疑いましたね!

のりっこさん>
某こ○いずみさんさんですね・・・にやり。

こととん>

飽きられる前に終わらないとね!(笑)

投稿: あこあこまん | 2006年2月13日 (月) 19時33分

こんばんは。

暇だったので頻繁に見にこられてたのですか(笑)
Nちゃんや遊牧民の方達、たくましいですね!
一時間なんて歩いたのいつだったか思い出せません。

投稿: あき | 2006年2月13日 (月) 20時51分

ちょめちょめって。山城しんごかよ!笑
しかし すごい旅だ。さすがだよ。
謎の2時間は モンゴル式アフタヌーンティーTIME?!

投稿: manababy | 2006年2月13日 (月) 22時34分

あきさん>私はわりと歩くのが好きで、名古屋横断に近いこともしたことあるのですが、やっぱり毎日徒歩1時間かけて通勤は不可能ですね・・・

manababy>
やべ。しんごとかぶった?

投稿: あこあこまん | 2006年2月14日 (火) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25408/694162

この記事へのトラックバック一覧です: モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑮:

« モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑭ | トップページ | モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑯ »