« モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑪ | トップページ | モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑬ »

2006年2月 7日 (火)

モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑫

紀子様ご懐妊、おめでとうございます♪
って別に皇室ファンでもないんだけど!!

子供か~。
結婚1年半、未だ子無し夫婦の私達。予定も計画もなし。

子供がいなくても幸せな結婚生活はできると思いますが、
将来は数名欲しいと願っています。
子供が欲しいっていう前に、妊婦体験に興味がありますね。
そして、男児誕生であれば高砂部屋に入門させるのが夢・・・うっとり。

モンゴル旅行************

ウランバートルからテレルジまでの道のりは、単純でありながらスリリング。
悪路っていうんですかね、時折


「ギャオッス!!!!!」



なんて雄たけびをついついあげてしまうほどに激しく車がバウンド!



羊の集団とすれ違い、牛の大群を追い抜かし、スケートリンク化した川を越え、ひたすら雪原の中を運ばれていく。
時々遊牧民のゲルや民家らしきものがあって、人間が生息する証拠が確認できるものの
基本的に何もなし!
ウランバートルなんて、振り返っても跡形もなく消え去っていて・・・



こんなとこで万が一捨てられたら、どうすりゃいいんだ。
牛でも襲って生き延びるしかないのか・・・


かなりワイルドな検討をし始めた頃。


「着きました!」


モンゴル人Aさんの明るい声。

そこにはいくつかのゲルとコテージが並ぶツーリストキャンプがありました。

05031618p3160035

私たちが到着すると、そこのスタッフが数人いそいそと出てきました。
Aさんとスタッフが何やら打ち合わせしている様子、ここは当然モンゴル語。



「日本人のアホ夫婦連れてきましたわ」
「まあ適当に相手してぼったくっておきますわ、アハハ~!!」


まさかそんな打ち合わせじゃなかろうね・・・
なんて私の心配をよそに



「あそこの管理棟にトイレがあるそうです」
「食事は注文があれば作ります。管理棟のダイニングで食べて下さい」



Aさんがスタッフの言葉を通訳して案内。
おまけに



「やかん持ってきました。多分必要になると思いますから使って下さい」



これが後に大活躍。
ていうか使いっぱなし。
本当Aさんありがとう!!



ひととおり説明し終わると


「じゃ、あさって迎えに来ますから楽しんでくださいね♪」



と満面スマイルのAさん、帰宅準備に。



この人本当に親切心でお金もとらず、ここまでしてくれたんだな~
それがよくわかってうちら大感激。



用意してあったお礼をお渡しして彼を見送りました。


「お迎え忘れんといてな~(涙)また会えるよね~」



なんて思いつつ。


さて、だだっ広い雪原に取り残された私達。とりあえずごっつ寒い。



シーン・・・。




気を取り直して、まずは私たちの住まいとなるゲルに案内してもらいました。
ここで生活してみたくて来たようなもの。
158センチの私でも屈む必要のある入り口を、もう嬉しさで若干含み笑いしつつ中へ進入。
ワクワク、ワクワク・・・


「暑!!!!!」


これが最初の感想。
ゲル中心に設置されてる薪ストーブがガンガンに焚かれてまして。
ゲル内部はなんとサウナ状態。にも関わらず


「寒い?」


案内してくれたスタッフが片言の英語で心配顔。
どうも日本人は寒さに異常に弱いという認識の様。


「いや、とても暖かい、ありがとう(むしろ暑過ぎ)」

こう返しておいたけども、1時間置きくらいにスタッフが薪を足しにくるんです。


「寒くないか?」
って。その度



「ベリーベリーベリーホット!!!サンキュ~!!」



ってほっぺた真っ赤になってる私たちは必死に伝えるんだけど、また少し経つと



「寒かろう寒かろう」



って具合に薪を抱えたスタッフが笑顔で参上・・・
有無を言わさず、薪大量投入。炎全開。


「あ・・・サンキュー・・・トホホ(泣)」


3月のテレルジは冗談抜きで鼻毛も凍る、末恐ろしい気候。
それでもゲルってこんなに暖かい。すごいね、遊牧民の知恵。
(ゲルの内装はまた今度)
05031619p3160036

←ゲル内で荷解き中の私

それにしても、この辺りからですかね、自分の身体の異変に気づいたのは・・・

|

« モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑪ | トップページ | モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑬ »

コメント

>男児誕生であれば高砂部屋に入門させるのが夢・・・うっとり。

さすがです!でも、ここは一つ、朝青龍部屋に入門させましょ^^
彼の実績なら一代横綱の資格があると思うんですけどねぇ。

薪ストーブは我が家でも使ってますけど
一旦熱くなれば凄いですからね。
薪の熱は体にも良いのであります^^
しかし、続きがやっぱり気になる・・・。


投稿: じゅん | 2006年2月 7日 (火) 22時03分

ひゃっっ!
なんて気になる終わりかたっ!はがゆいっっ!!
それとゲル!まさに最高にモンゴルっぽい。
写真で見る感じ広そうだしステキな体験ですな♪

投稿: のりっこ | 2006年2月 8日 (水) 15時20分

じゅんさん>
こんばんは、コメントありがとうございます。
そうか!一代年寄があったか!
ていうか、私の想像の中では朝青龍が現役って設定になって
おりました。横綱について、弓取り式をしている我が息子。考えてみれば、年齢的に無理か・・・(笑)

のりっこさん>
うん、わりとゲルの中は広かったですね!
もっとゲル内部をきれいに写した写真があるのですが、
それはデジカメで撮ってなかったので、ここにUPが出来ませんでした。
残念。

投稿: あこあこまん | 2006年2月 8日 (水) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25408/637447

この記事へのトラックバック一覧です: モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑫:

« モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑪ | トップページ | モンゴル旅行~朝青龍の故郷へ⑬ »